Akasaka Police Station 赤坂警察署
警視庁HP 警察署一覧  
TOP 警察署案内 犯罪抑止 交通対策 交番案内 警備対策 落とし物   イベント  
環境浄化・協議会 防止対策 発生状況 侵入窃盗 あなたの騙されやすさチェック!.htm へのリンク
窃盗犯罪認知状況
 
より安全・安心な街の実現を目指して

 あなたの騙されやすさチェック! 簡易版.pdf へのリンク

赤坂防犯ニュース(還付金詐欺).pdf へのリンク

赤坂防犯ニュース(電子マネー).pdf へのリンク

赤坂防犯ニュース(特殊詐欺).pdf へのリンク


メールけいしちょう
 
星巡査   警視庁では、各地域で発生した『犯罪発生情報』や犯罪を防ぐために必要な『防犯情報』等をメールでお知らせします。

  また、お知らせした事件や不審者情報に対して、皆さんからの情報を受け取ることができるようになっています。

 『メールけいしちょう』に登録して、被害に遭わないよう情報を活用してください。
 
メールけいしちょうについての詳細・登録はこちらから!





特殊詐欺被害急増中!!
         平成28年中の当署管内での発生は、13件(前年比+5件)
          被害金額は約3,500万円に達してしまいました。


主な犯行方法

「オレオレ詐欺」

  ●お子さんやお孫さんなど装って電話をかけ、「会社の大事な書類(小切手・
  お金)をなくした。
   今日中に得意先にお金を払い込まなければならないので、お金を貸してくれ
  ないか。」などと言ってお金を騙し取る手口です。
   「オレオレ詐欺」については、もう10年以上も前から社会問題になっており、
  新聞・テレビ等で広報されていますが、いまだに騙されてしまう人が後を絶た
  ず、昨年も 特殊詐欺被害の6割以上を占めています。





「架空請求詐欺」

  ● ある日突然メールが入り、『利用されたサイトの料金が未納です。本日中に
   ご連絡 がない場合、法的措置をとらせていただきます。』との請求をしてきま
   す。
    この場合、「不安になって」あるいは「身に覚えがないので確認のため」連絡
   先なる所に連絡してしまうと、犯人グループに個人情報を聞き出され、払う必
   要のないお金を騙し取られてしまいます。
    このような不審メールが着信した場合は、絶対に連絡せず、もし犯人の電話
   番号やメールアドレスがデータで残っていれば、お近くの警察署へ連絡してくだ
   さい。


「還付金詐欺」

  ● 自宅の電話にある日突然「港区の保健福祉課の○○」を名乗る者から電話
   が入り、「医療費の還付金があり、本日中に手続きしていただければお支払い
   することができます。」と言って被害者を金融機関やコンビニのATM機に誘い
   出し、携帯電話で操作を指示して、被害者が知らないうちに犯人の口座にお金
   が渡ってしまうという手口です。「役所(警察)の者」と名乗ってきても簡単には
   信用せず、お金の話がでてきたら「詐欺」だと思ってください。






イラスト


このような詐欺被害に遭わないために...


赤坂警察署からのお知らせ







 
赤坂警察署では、地域の防犯ボランティアを支援しています。
赤坂地区環境浄化・暴力排除対策協議会
赤坂地区環境浄化・暴力排除対策協議会防犯パトロールの様子 
 赤坂地区は、平成22年度に東京都の「繁華街等における体感治安の改善事業」モデル地区の指定を受け、平成23年度からは港区の指定を受けて、赤坂地区の暴力団事務所の排除をはじめ、同地区の各種防犯対策を港区、警察、消防、事業者、地域住民で組織した「赤坂地区環境浄化・暴力排除対策協議会」が中心となり推進しています。
 そのほかにも警察は、自治体と協力して地域の防犯ボランティア団体が行う防犯パトロールやキャンペーンを支援しています。
■ 協議会の活動内容 ■ 
防犯パトロール活動
子ども見守り活動
暴力団排除活動
環境浄化活動
警告看板の設置・作成
薬物乱用防止活動
各種キャンペーン活動
赤坂地区通信誌の発行
協議会の開催
イラスト
管内で発生している犯罪と防止対策
ひったくり
○ 平成28年中、当署管内では5月に乃木坂駅近くで、夜自転車で帰宅途中の女性が 自転車の 前かごに入れていたバッグをひったくられる事件が発生しました。
  犯人はバイクに乗った2人組の 者で、後方から追い抜きざまにバッグをひったくって逃走した ものです。
 都内では、依然としてひったくりによる被害が発生しています。
 ひったくりの被害を防ぐためには、
アニメ
ひったくり被害防止3つの用心
1 バイクのエンジン音がしたら振り向こう
2 歩くときはバックを建物側に持とう
3 自転車の前かごに防犯ネットを着けよう
そのほかに
 ・ 人通りの少ない道や暗い道は避ける。
 ・ 痴漢対策にもなる防犯ブザーなどを携帯して活用する。

 などが有効です。

 マーク  お知らせ  マーク
  赤坂警察署では、ひったくりの被害防止対策として、自転車のカゴを包み込む型の防犯カバー「くるみちゃん」を各種キャンペーンで配布しています。
 赤坂警察署においても配布しておりますので、ご希望があれば、当署までお立ち寄りください。

 
 
 くるみちゃん
>> ひったくり被害にあわないために
 
イラスト 平成28年中の管内の侵入窃盗被害件数は33件で、前年に比べ5件増加してしまいました。

赤坂警察署では、犯罪の発生を未然に防ぐために、昼夜防犯パトロールを強化しています。
 当署管内の被害の特徴として、店舗や会社の事務所へ侵入される形態のものが多く、昨年発生した33件のうちのほとんど(32件)が一般住宅以外に侵入されたものです。

 ・店舗や事務所は、防犯カメラやセンサー等でガードしましょう。

 
現金等の貴重品は、夜間なるべく店舗や事務所に置かないようにしましょう。



侵入盗防止には特に「地域の力」が有効です。
ご近所の方と連携して、近隣をウロウロしている
見知らぬ人に対して「どちらへおいでですか」など
『声かけ』を行い、犯罪に強い街をつくりましょう。



赤坂警察署管内町丁別の刑法犯罪発生状況(平成28年中432件発生)

管内の町丁別侵入窃盗発生状況(平成28年中33件発生)


 
 >> 空き巣の防犯対策
TOPへ