避難の流れ

●広域避難場所が指定されている地区

各町会、自治会等で定めている一時集合場所に集まり、安否確認、応急手当て。
イメージ

火災の延焼による危険が迫っている場合、広域避難場所へ避難。

延焼が収まった段階で自宅へ戻りますが、自宅が倒壊・焼失等で居住することが困難な場合は、学校等の避難所へ避難。

●地区内残留地区に指定されている地区

各町会、自治会等で定めている一時集合場所に集まり、安否確認、応急手当て

地区内にとどまり、地震が落ち着いた段階で自宅へ戻りますが、自宅が倒壊・焼失等で居住することが困難な場合は、学校等の避難所へ避難。

戻る