麻布警察署のホームページ
麻布警察署トップページ >>> 交通情報
>>> To the foreign nationals driving with international driving permits in Japan
TOP
署の概要
街の安全
交通情報
災害対策
交番地図
警視庁ホームページへ
警察署一覧へ
交通j人身事故発生状況 | 違法駐車対策 | 管内駐車場マップ | 交通安全運動
麻布自転車危険箇所情報 | ボランティア募集 | 交通少年団募集
To the foreign nationals driving with international driving permits in Japan
[ 日本において国際運転免許で運転される外国人の方へ ]

交通事故発生状況

To the foreign nationals driving with international driving permits in Japan
Persons who hold international driving permits in conformity with the form of Convention on Road Traffic 1949 used to be able to drive temporarily in Japan during one year from the day they entered this country.

This system was laid down for the convenience of tourists and short-term visitors, as an exception to the traffic law, which requires that all the drivers obtain Japanese driving license in Japan.

However, some Japanese whose driving licenses have been revoked or some foreign nationals who stay long period keep on driving with international driving permits, without obtaining Japanese local licenses under present conditions.

Moreover, those persons leave Japan just before the one-year duration will finish, replace the international driving permit with new one, and continue driving when they come back to Japan.

Then, the Road Traffic Law was amended as follows, on June 1, 2002 to improve this situation.

Under the amended law, in case anyone, who registers as a resident or as a foreign national in Japan, leave and reenter this country less than three months, the above-mentioned one-year duration will never start newly.

It means even if they leave and reenter Japan with newly issued genuine international driving permit, driving with that permit will be considered to be driving without license, when they returned Japan less than three months after their departure.
 
日本において国際運転免許で運転される外国人の方へ
 道路交通に関する条約に定める様式に合致した国際運転免許証を所持する者は、日本に上陸した日から起算して1年間、当該国際運転免許証等で運転できました。
 これは、旅行者や短期滞在者の利便を図るために、日本で車を運転するためには、日本の運転免許証を受けなければならないことの例外として、設けられた制度です。
 しかし、運転免許を取り消された日本人や日本に長期間滞在している外国人が、日本の運転免許を取得せずに外国の国際運転免許証等によって運転を行っている現状があります。
 更にこれらの者は、本邦に上陸後1年近く経過した時点で短期間日本から出国し、国際免許証等を再取得し、再上陸後に継続して運転を行っています。
 そこで、このような現状を改善するため、2002年6月1日に道路交通法が改正されました。
 日本で住民登録をしている者や外国人登録を受けている者が日本から出国し、3か月未満で再び日本に上陸した場合は、その上陸日を運転可能期間の起算日としないことになりました。
 従って、3か月未満で上陸した場合は、運転可能な上陸日とみなされず、例え真正な免許証であっても日本では運転したならば無免許運転となります。

To the top of this page
麻布警察署トップページへ