久松警察署 管内概況 交番案内
犯罪抑止 交通事故 震災対策
震災の備えぴーぽんん
地震のときはこうしよう

震災に強いまち久松
 
 平成23年3月11日に発生した東日本大震災は、我が国観測史上最大規模であるマグニチュード9.0を記録し、東北地方をはじめとする東日本各地に大きな被害をもたらしました。
 都内においても震度5強が観測され、死者、負傷者に加え、建物損壊などの被害が発生しました。
 政府の地震調査研究推進本部では、首都直下地震の発生率は「30年以内に70%」と発表しています。
 大地震が発生したとき、身の安全を守るために、一人一人が日頃から地震に対する意識をもち、いざという時の準備をしておくことが重要です。
大地震発生時に、警察は
    被災者の救出・救及び避難誘導
    行方不明者の捜索
    災害時における交通規制
等の活動を行いますので、ご協力をお願いします。


 


久松署管内の避難場所

管内全域は「地区内残留地区」
 管内全域は、中央区から、建物の不燃化が進み、万が一火災が発生しても大規模な延焼火災の恐れがなく、地区内の近い防災拠点に避難すれば、安全が確保出来る地区と指定されています。

拠点施設
 大震災等の大災害が発生した際、住宅被害で在宅できなくなった方など一時的に保護する避難所として、管内区立小中学校4カ所を指定しています。
 また、地域の防災拠点としても位置付けており、被災者だけでなく、拠点周辺の在宅被災者に対しても引き続き生活ができるよう、応急手当や、資器材や食料・水・生活物資の配布など、さまざまな情報の収集・提供する場となります。

防災拠点施設 対象町会・自治会等

日本橋小学校

日本橋人形町1-1-17
電話3668-2361

人形町一丁目/人形町一丁目芳人/人形町二丁目一之部/人形町二丁目二之部/人形町二丁目三之部/人形町三丁目東/人形町三丁目西/蛎一北部/小網町

有馬小学校

日本橋蛎殻町2-10-23
電話3666-5702
※ 副拠点:日本橋公会堂集会室
日本橋蛎殻町1-31-1
電話3666-4255


蛎一南部/蛎一町会自衛会/蛎一共和会/蛎殻町東部/箱崎北新堀/箱崎二・三/箱崎町箱四/浜町三丁目東部/浜三西部/中州
 副拠点は、有馬小学校で避難者を受け入れきれなくなった場合開設
  
最初は有馬小学校へ避難します。

久松小学校

日本橋久松町7-2
電話3661-6016
※ 防災拠点配備資器材は久松区民館にあります。

東日本橋一丁目村松/久松町/浜町一丁目/浜町二丁目金座/浜町二丁目親合/浜町二丁目西部/浜二/人形町二丁目浪花会/富沢町

日本橋中学校

東日本橋1-10-1
電話3851-4047

馬喰町一丁目一之部/馬喰町一丁目二之部/馬喰町一丁目三之部/馬喰町二丁目/横山町/東日本橋一丁目矢の倉/東日本橋二丁目/東日本橋三丁目


地域福祉避難所
 避難所となる防災拠点施設において、生活を続ける続けることが困難である方を対象に、受入体制を整えた後に、福祉避難所を開設します。
 管内は2カ所の公共施設が指定されています。
 最初は、指定された防災拠点に避難してください。
 ※ 対象者(要介護1〜3、身体障害者2〜6級)
地域福祉避難所
日本橋社会教育会館
 人形町1-1-17
 電話3669-2102
浜町区民館・浜町児童館
 浜町3-37-1
 電話3668-2354


防災拠点
 



 


震災時の交通規制ピーポくん
第一次規制 → 第二次規制
1 環状7号線から都心方向への車両流入禁止
2 環状8号線から都心方向への車両流入抑制
3 管内の首都高7号小松川線が緊急交通路となり、緊急車両以外は通行禁止
被害状況等に応じて、管内の国道14号線(京葉道路)浅草橋〜江戸川大橋が緊急交通路に指定され、緊急通行車両以外の通行が禁止




久松警察署救出救助隊
25年 旗2
(久松警察署救出救助隊隊旗)
 当署では、管内で大震災等をはじめとする大災害が発生した場合、管内の住民をいち早く救出・救助するために「久松警察署救出救助隊」を編成し、訓練を重ねています。
写真 写真
簡易レッカー操作訓練

エンジンカッター操作訓練

写真 写真
チェンソー操作訓練

高所からの救出訓練

中央区ホームページ 避難場所
このページのトップへ