警視庁トップ / 警察署一覧 / 東京湾岸警察署 / 交通安全
交番等 犯罪抑止 被害者支援 交通安全 災害対策 水上安全 各種手続

交通安全


・ ライダーの安全意識高揚と技術向上のために :二輪車 ・ 自転車は車と同類です :自転車マナー
・ 高齢者、子どもたちへの交通安全講習 :子ども・高齢者 ・ 駐車違反 しない させない 街の声 :駐車対策
・ プロドライバーほど、臆病でいてほしい :職業ドライバー ・ ちょっと立ち寄ってみませんか? :イベント
・ 「少しくらい」…憎むべき軽率行為 :飲酒運転

ライダーの安全意識高揚と技術向上のために :二輪車

写真
二輪車教室

写真
街頭安全指導
 全身で風を切って走る――オートバイの醍醐味です。

 しかし、一歩間違えると重大事故に直結するのが二輪車の特徴。走る楽しみが、一瞬にして悲しみに変わるような事故のないことを願い、湾岸署交通課ではとくに二輪車事故防止に力を入れています。

 事故が多発している交差点やレインボーブリッジ付近で、直接ライダーの皆さんにアドバイスや、二輪車教室を開催するなど、意識・技術両面で防止策を行っています。

 なお、50cc以下のオートバイはレインボーブリッジを通行できませんので、ご注意ください。


高齢者、子どもたちへの交通安全講習 :子ども・高齢者

イラスト 介護の講習等を受けた経験のある方はお分かりになると思いますが、個人差はあれ、誰もが年をとると視野が狭くなり、聴力も弱くなるものです。若い人が思うほど、周囲から車が接近してきても気づかないことが多いのです。

イラスト また、子どもたちは、遊びや話に夢中になって周囲への注意が散漫になりがちです。ドライバーの皆さんには、こうしたいわゆる「交通弱者」に対して、とくに注意し、やさしい運転をお願いしたいのです。

 当署では、高齢者・子どもたちに対して安全講習を実施し、交通安全への注意を呼びかけています。
「なくそう子どもの交通事故!!」はこちらから
写真
高齢者安全講習
写真
幼児向け安全教室


プロドライバーほど、臆病でいてほしい :職業ドライバー

写真
プロ向けの安全講習
 当署管内は、港湾施設・物流基地に出入りする大型車両が数多く通行しています。運転しているのは、高度な運転技術をもった職業ドライバーです。

 運転巧者のプロの皆さんには、子供や高齢者などの「交通弱者」への格別の配慮と、十分に余裕をもった運転をお願いしています。

 「慣れたスピード・慣れた道・潜む危険」に十分注意し、自分の技術を過信することなく、むしろ臆病なほどの安全運転を心がけていただきたいのです。


「少しくらい」…憎むべき軽率行為 :飲酒運転

イラスト  飲酒運転は、あくまでも自分の意思で行われます。「つい」や「うっかり」などありません。軽い気持ち・・・その代償はあまりにも大きく、重大事故を犯してからではもう遅いのです。

 平成19年9月施行の道路交通法により、飲酒運転者への厳罰化、さらに飲酒運転ほう助行為者に対する罰則が整備されました。その罰則内容や飲酒運転で死亡事故を起こしてしまった人の手記を、こちらから見ることができます。当署では、厳重な取締りを行い、飲酒運転撲滅を図っていきます。
「飲酒運転させないTOKYOキャンペーン」はこちらから

「飲酒運転の罰則等」はこちらから

「アルコールが運転に及ぼす影響」はこちらから


自転車は車と同類です :自転車マナー

写真
「歩行者優先」
思いやりのある運転を
 自転車は原則として車道を通行しなければならないことをご存知ですか?自転車からすれば車道より歩道を走るほうが安全だと思いますが、歩行者の立場からは、歩道を走る自転車は大変危険な存在です。

 右の標識が歩道上に設置してある場合には、自転車も歩道を通行することができますが、その場合は下記事項を守らなければなりません。

○ 車道寄りを徐行して進行。
○ 通行場所が指定されている場合は、その部分を徐行して進行。
○ 歩行者の妨害になる場合は、自転車が一時停止。

 自転車に乗る場合は、弱い者の立場で、思いやりのある運転を心がけてください。
ワンポイント自転車講座「自転車の交通安全」はこちらから


駐車違反 しない させない 街の声 :駐車対策

写真
地域交通安全活動委員と
合同で駐車パトロール
 警視庁では、違法駐車追放対策を推進中です。違法駐車は交通渋滞をまねき、緊急自動車や路線バスの通行妨害、さらには交通事故の原因になります。

 当署では、地域交通安全活動推進委員をはじめとする地域住民の方々、関係機関・団体と協力して、違法駐車追放活動を実施しています。

 また、危険性・迷惑性の高い悪質な駐車違反について、重点的に指導取締りを実施しています。
「違法駐車追放対策」はこちらから


ちょっと立ち寄ってみませんか? :イベント

写真
エアバッグ衝撃体験
 当署では、交通安全に対する意識向上のため、白バイ乗車体験、エアバッグ衝撃体験、交通安全パレード等、不定期に色々なイベント・キャンペーンを実施しています。みなさんのご参加をお待ちしています。
写真 白バイ乗車体験

講習会・イベントに関する相談・問合せ先
東京湾岸警察署
交通課 交通総務係
TEL 03(3570)0110 内線4113

※ 各種統計データ、分析等は、旧東京水上警察署管内のものです。

ページトップへ↑ 

Copyright (C) Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.