おとしよりのみなさんへ 交通事故防止の呼びかけ

区切り線

ぼくのお母さんのおばあちゃんは、お母さんが小学校2年生だった時、交通事故にあいました。横断歩道を渡ろうとした時、高校生の運転するオートバイが突っ込んできたそうです。おばあちゃんは、大腿骨複雑骨折という重い骨折をしました。おばあちゃんは入院して、手術をして、リハビリをして、三ヶ月もの長い月日を病院で過ごしました。退院した後も、亡くなるまで、足を引きずりながら生活していたそうです。ぼくのお母さんのおばあちゃんは、こういう悲惨な事故に、大変な生活だったんだと思います。この事故の原因は高校生の無免許運転から起きた事故です。最近飲酒運転や、車バイクの事故が相次いで起きています。なのでそれを防止するためにも交通ルールは、必要なのだと思います。おじいちゃんやおばあちゃんが、こういう風な事故にあわないためにも、ぼくも交通ルールを守りたいと思います。
(小学4年生 Fくん)    
イメージ
イメージ おじいちゃんおばあちゃん最近都内でも交通事故が増えてきています。夜間、外出をする時は反射材をつけてお出かけください。また、信号無視や横断禁止の所を渡ってしまい事故にあってしまうケースも少なくありません。信号無視は、危ないので絶対にやめてください。また、横断禁止のところを渡るのも絶対にやめてください。横断歩道や歩道橋などを使ってください。交通事故に気をつけて幸せに生活してくだい。 
(小学4年生 Hくん)    
最近、交通事故が増えています。車が信号を無視したり、曲がり角から、いきなり飛び出して来た車にぶつかったりして、事故にあうこともあります。そのような事故に合わないためには、信号を渡る時に、左右をよく見ると、いいですよ。このようにして、おじいさん、おばあさん方も自分の身をしっかり守ってください。(小学4年生 Hくん) イメージ
イメージ 最近、お年よりの交通事故が多いので気をつけてください。必ず信号を守って横断歩道を渡ってください。交通事故に気をつけて、お元気でもっともっと長生きしてください。(小学4年生 Tさん)
ぼくにも、おじいちゃん、おばあちゃんがいます。お年よりの皆さんが交通事故が多いと知ってショックでした。おじいちゃん、おばあちゃんをみて思った事は、「年よりだから、自分は大丈夫!ひかれない」と思っているように感じたことがありましたので、もっと、「気をつけよう」と思ってまわりをよく見て歩いてほしいと思います。長生きしてほしいからです。
(小学4年生 Aくん) 
イメージ
イメージ 最近、交通事故が多くなっています。なので、お年よりの皆さんちゃんと信号を見て、ちかちかになったら止まって次の信号を待ちましょう。また、横断歩道がない所は、渡らないようにしましょう。(小学4年生 Sさん)
横断歩道を渡る時は、右、左をよく見て渡ってください。信号が変わりそうになったら無理をせず、青になるまで、待ってください。事故に気をつけて、交通安全に気をつけてください。(小学4年生 Mさん) イメージ
イメージ おじいさん、おばあさん出かける前には、いつも明るい服そうで、出かけて、信号を渡る時には、必ず左右をちゃんと見てから、信号や明るい服そうで、出かけましょう。(小学4年生 Mさん)
自転車では、右、左をしっかり見て横断してください。最近自転車の事故が多発しています。(小学5年生 Mくん)
イメージ 世の中には、色んな事故などがいっぱいあります。その事を少しでもなくすために色々なルールがあります。朝などは特に、信号がない道路などが一番事故が多い場所だと思われます。信号がない道路のルールは、まず、左右を見て車が来ていないことがわかったら手を上げて渡ったりしましょう。!もし、横に車が止まっていたら車が止まっている場所からちょと出て左右を見て渡るといいと思います。これからも事故のないように元気に過ごしてください。(小学3年生 Sくん)
今、お年よりの方の事故が、たくさん増えています。お年よりのみなさん、道路で歩いていて、車に引かれそうになった事は、ありませんか。特に車は、危ないので注意してください。わたしは、一年生の時、友だちと手を上げて横断歩道で歩いていたら、わたしたちが小さく、トラックの運転手さんが見えなくて、ひかれそうになったことがありました。
(小学3年生 Uさん) 
イメージ
イメージ おじいさん、おばあさん、信号無視とか、迷惑駐車とか、いっぱいいけない事をすることがあります。ぼくの家にも、おじいちゃん、父、母、弟も、みんなルールを守っています。自分の事は、できるだけ注意をして交通ルールを守ってください。体に気をつけて、また来年もお手紙します。お元気で。   (小学3年生 Hくん)
ぼくは、家の前の大きな道路で、腰の曲がったおばあさんが、横断歩道ではない所をわたったのを見たことがあります。腰が曲がっているので、車が来ていることも見えないし、地面しか見ていないのでとても危ないと思いました。みなさんも交通ルールを守って長生きしてください。
(小学3年生 Fさん)
イメージ
イメージ お年よりのみなさん信号の赤、青、気をつけていますか?青になった時ゆっくり歩いてください。横断歩道のあるところで渡ってください。わたしにもおばあちゃんがいますが、事故にあったら悲しいです。皆さんも気をつけてください。
(小学3年生 Sさん)
お年よりの皆さんは、信号を守って横断をしていますか?道路を横切ったり、点滅信号で渡ったりしていませんか?慌てて走って渡り、ころんだらもっと大変です。ケガのもとにもなります。わたしたちと一緒に、信号のある横断歩道を渡りましょう。点滅をしている時は、次の信号を待ちましょう。わたしたち、交通少年団は、みなさんが安全に過ごせるように、沢山、勉強していきます。事故にあわないように長生きしてください。 (小学3年生 Iさん) イメージ
イメージ お年よりの皆さんは、信号や、いろいろな標識のルールを守っていますか?信号は、青は進め赤は止まれです。わたしは信号を渡る時、曲がってくる車がいるので、青でも、手を上げて左右を見て、曲がってくる車の運転手さんと目をあわせて、会釈をしてから渡ります。会釈をして、ありがとうの気もちを伝えると気持よく止まっててくれますよ。 (小学2年生 Sさん)
お元気ですか。横断歩道を渡る時は、右左右と見て下ださい。遠回りでも渡ってください。信号無視は、危ないです。(小学2年生 Wさん)
おじいちゃんおばあちゃん手を上げて渡ろうね。
(小学2年生 Mくん)
高齢者の方へ! イメージ
 歩行者の交通事故の主な原因は、信号無視や横断禁止場所の横断です。
 歩行者も交通ルールを守り、交通マナーを実践しましょう。
築地警察署  交通課 街とともに! 人とともに!