イラスト
犯罪抑止対策

特殊詐欺
 

 平成28年の築地警察署の被害状況
   認知件数  9件 (前年比+4件
   被害総額  約1,158万円 (前年比約+924万円
(特殊詐欺の内訳)
  オレオレ詐欺3件、還付金詐欺1件、架空請求詐欺4件
  融資保証金詐欺1件

●当署で発生した特殊詐欺の手口      
【架空請求詐欺】      
 携帯電話機にメールで
      「最終警告、至急連絡して下さい。」
等と送られてきて、記載されている番号に連絡をしたところ未払い金が請求され、コンビニエンスストアにおいてギフトカードを購入するように指示されました。
 ギフトカードを購入後に連絡をすると、カード番号を聞かれて電子マネーが詐取され、さらに、賠償金として現金の送付を指示されだまされたものでした。
* 「電子マネーカード(プリペイドカード)買ってきて」は詐欺です!  
   架空請求詐欺での最近の支払い方法は電子マネーによるものが増加しています。
   業者から「電子マネーカード買ってきて」と指示されたら詐欺と疑ってください。   
* 年齢、性別に関わりなく犯人はあなたを狙っています! 
   当署での架空請求詐欺被害4件のうち、3件は20代の女性が被害に遭っています。
   年齢、性別にかかわりなくお金を要求してくることから、メール等が送られてきたら、すぐに
  家族か警察に相談しましょう。   
       
【融資保証金詐欺】      
        「即日融資、可能額500万円から2500万円まで年率0.935%」
 等の内容の書類が送られてきて、その書類に記載されている番号に電話をしたところ融資業者を名乗る者が出て、その指示通りに手続きを進めたところ、手数料名目、担保金名目で現金をだまし取られたものものでした。
* 電話やFAXによる借り入れは違法な金融業者の可能性があります! 
  金融業者が財務局長又は都道府県知事の登録を受けているかどうかを確認しましょう。
  最新の登録情報は、各財務局または都道府県の窓口にお問い合わせください。   
     
困ったことがあれば、一人で悩まず、必ず家族か警察に相談!    
     


犯罪抑止のページへ

トップページへ