警視庁ホーム警察署赤羽警察署 | 概要 | 安全な街づくり | 交通安全 | 地震に備える | 交番マップ |

赤羽警察署 安全な街づくり 安全な街づくり
振り込め詐欺にご用心
 平成28年に赤羽警察署管内で発生した振り込め詐欺は36件でした。(平成27年は25件)


 振り込め詐欺を、新聞やテレビ等の報道で知っていたのに被害者となった方や、お金を犯人に手渡してしまってから警察に相談される方がたくさんいます。バイク便で送ったり、訪ねて来た見知らぬ人に絶対にお金を渡してはいけません。
 何か変だな?と思ったら、警察にご連絡ください。

1 振り込め詐欺の名目別


騙しの電話で犯人が口にする名目は多様化しています。
「鞄をなくした。携帯電話の番号が変わった。」この言葉が出れば100%詐欺です。
振り込め詐欺犯人は、新しい手口を使って人々をだまそうと試みます。
最新の手口を知ることは、振り込め詐欺犯人たちにだまされないために大いに役立ちます。

ワンポイント

オレオレ詐欺〜 *一番多い手口です!
息子や孫を騙って
「病院で鞄を盗られた」「電車に鞄を置き忘れた」→「会社の小切手を失くした」
「不倫をして相手を妊娠させてしまった。示談金が必要。」
「株を買って失敗してしまった。」
「会社のお金を使い込んでしまった。バレたらクビになる」
という電話の後「今すぐお金が必要。助けて!」と言い、金銭を要求する。                         
                                                                 


還付金詐欺〜
区役所職員、保険会社を騙って電話で
医療費の過払いがあり、お金を戻しますので、ATMへ行ってください」
「手続きとATMの操作はお教えしますので、近くのATMに着いたらお電話ください」
と言い、嘘の説明をし犯人の口座に現金の振込みをさせる。
ATMを操作して、医療費等が戻ることは絶対ありません!
架空請求詐欺〜
有名企業の社員を騙り
「債権を譲ってください」
「値上がり確実な社債を買いませんか」
という電話の後「特別郵便物としてレターパック宅急便で現金を送ってください」と言い、金銭の送付を要求する。
融資保証金詐欺〜
融資するのでその担保金(申込金、信用確認)名目で、まず指定口座に金銭振り込みを要求する

昨年当署で実際にあった犯行の手口をご紹介します。


その1 オレオレ詐欺

息子になりすまし

「トイレに会社の書類を置き忘れちゃた。
遺失物センターから電話があるかもしれないからお母さん留守にしないでね。
書類を無くしたことを上司に言うと首になっちゃう。
書類の中の小切手を今日中に客に渡さなければならないのでお金を用意してくれないか。」
と電話が来ました。
その後
自宅に来た息子の同僚と名乗る男にお金を渡してしまった。

その2 還付金詐欺

区役所や税務署職員を名乗り

「医療費の還付金があります。近くのATMに行ってください。着いたら、○○番号に電話してください。
その後
ATMに行って相手に電話をし、相手の指示通りATMを操作した結果、振り込み金額欄に998000と入力させられ、
相手の口座に99万8千円を振り込んでしまった。

その3 架空請求詐欺

区役所職員や架空会社を名乗り

(1回目の電話)
区役所から
「あなたの個人情報がいくつかの会社に漏れている。」
「三井産業のボランティア名簿にも載っているので、あなたが抜けるには別の人を用意しなければならない。」
「私の知人カタオカが名簿に載ることを了承してくれた、これであなたの名前を削除できます。」
との内容であった。
被害者は、内容を理解しないまま「面倒くさいことから解放される。」と思った。

(2回目の電話)
三井産業のイワイから
「カタオカさんがあなたの名前で当社に1000万円入金したことがわかりました。これは詐欺になります。
これを取り消すには再度カタオカさんが1000万円振り込んで、取り消しの手続きをすれば大丈夫ですがカタオカさんは
500万円しか用意できないと言っています。このままだとあなたも逮捕されてしまいます。
私も会社のお金で300万円出すので、あなたもいくらかお金を出してください。」との内容であった。
被害者は、「このままでは、詐欺で逮捕されてしまう。」とパニックに陥った。
その後
被害者は逮捕されたくないと思い、レターパックで149万円を犯人に郵送した。

(3回目の電話)
三井産業のイワイから
「会社のお金で300万円立て替えたことがバレてしまった。」
「このお金はあなたに出してもらわなければならない。」
等言われた。
その後
前回と同様、レターパックで100万円を犯人に郵送した。

(4回目の電話)
三井産業のイワイの上司を名乗る男から
「会社のお金を使い込んだことでイワイが逮捕された。あなたがきちんと金を払わないからだ。
あなたのことは警察に黙っているのでイワイの保釈金200万円をだしてほしい。」
被害者は、「自分のせいでイワイが逮捕された。」と思った。
その後
保釈金200万円を用意しレターパックで犯人に郵送した。


最新の手口(本年発生)

三越や大手デパート、全国銀行協会を名乗るもの

(1回目の電話)
銀座三越の店員を名乗る女から「最近、三越で買い物をしましたか。」
との電話があり、
「していません。」と答えると
「あなたのカードが不正に使われているので銀行協会に連絡しました。」との内容であった。

(2回目の電話)
銀行協会を名乗る女から
「どこの口座をお持ちですか、暗証番号を変更する手続きをします。
これから担当者が伺うのでキャッシュカードを渡して下さい。」
等の電話があり、被害者は犯人に暗証番号等を教えてしまった。
その後
自宅に来た銀行協会を名乗る男にキャッシュカードを渡し、100万円を引き出されてしまった。

2 振り込め詐欺の被害に遭わないためには

ひったくりにご用心

平成28年に赤羽警察署管内で発生したひったくりは12件でした。

ひったくりは、主に女性や高齢者をターゲットにして財産を奪い取る卑劣な犯罪です。
犯人は目撃者を嫌い、人通りの少ない路地裏、金融機関周辺などで待ち伏せをしています。
金融機関でお金を下ろした帰りは特に注意しましょう。

万が一、ひったくり被害にあったら、被害にあいそうなときは、大声で助けを求め、その場で110番通報をしてください。

1 犯行時間別

2 ひったくり手段別

ひったくり被害防止三つの用心
1 バイクのエンジン音、自転車が近づく音がしたら、振り向きましょう
2 歩くときは、バッグを建物側に持とう
3 自転車の前カゴには、防犯ネットやカバーを着けよう

侵入窃盗にご用心

侵入窃盗にご用心
平成28年に発生した侵入窃盗は50件でした。
空き巣が最も多く、窓ガラスを破られ室内を物色されています。
玄関ドアや窓ガラスを二重ロックにするなど、高額な現金を自宅には置かないようにしましょう。
1 犯行時間

  ・ 空き巣は、朝から夕方の時間帯に多発
 
  ・ 出店荒しは、夜間から朝方に多発
 

2 犯行手口
3 侵入形態

「メールけいしちょう」登録者募集  
身近な、犯罪情報を携帯電話で知ることができます。
登録要領は、「メールけいしちょう」に登録しませんか?
【問合せ・申し込み】 赤羽警察署 防犯係  電話03−3903−0110(署 代表)

空き巣ねらい防犯対策
空き巣ねらい防犯対策
このページのトップへ

赤羽警察署 | 概要 | 安全な街づくり | 交通安全 | 地震に備える | 交番マップ