板橋警察署【犯罪抑止】:警視庁
板橋警察署
署の概要犯罪抑止交通安全交番運転免許申請・相談お知らせアクセス警視庁
 
犯罪抑止
平成27年と平成28年の刑法犯犯罪発生状況
平成28年中刑法犯犯罪発生状況
母さん助けて詐欺を撃退しましょう
ひったくり被害に遭わないために
 
 
平成27年と平成28年の刑法犯犯罪発生状況
 
  
(当署手集計)
平成28年の犯罪発生件数の合計は2470件で、平成27年よりも24件増加しました。
 
ページの先頭に戻る
 
 
平成28年中刑法犯犯罪発生状況
 
 (当署手集計)    
 
ページの先頭に戻る
 
 
母さん助けて詐欺を根絶しましょう!!                  
       平成28年中に発生した板橋警察署管内の特殊詐欺発生件数は52件(平成27
     年比+12件)
で、被害者のほとんどが高齢者又は女性でした。
       管内の被害総額は約1億9650万円(平成27年比+約8050万円)でした。
特殊詐欺犯人の典型的な手口を紹介します
           
 息子や孫を名乗る犯人から、「携帯電話を落として(壊してしまって)電話番号が変わった。新しい電話番号を教えるので、電話帳を変更しておいて。」という電話がきます。
 後日、その犯人から、「会社の金を使い込んでしまった。」「株、先物取引で失敗した。」「電車内に大事なカバンを忘れた。」等の口実で現金を無心してきます。
 受け取りには、会社の上司、同僚、知人、友人、弁護士等を名乗る犯人(ほとんどが男)が自宅前に来ます。
        
 区役所、税務署、社会保険事務所等の職員等を名乗り「還付金があるのですが、期限が切迫しています。本日中にATMで手続をしてくれれば間に合うのですが、操作がややこしいのでATMに着いたら指定した電話番号に電話をしてください。」等とそそのかします。
   
 
板橋警察署の取組み








 板橋警察署では、特殊詐欺被害防止キャンペーンをはじめ、多くの防犯活動に参加して、都民の皆様が安心して暮らせる街づくりに尽力しています。


        以下のような広報紙を随時配布して、住民の方が特殊詐欺の被害にあわない
      よう活動しています。
 
振り込め詐欺被害にあわないために
ページの先頭に戻る
 
 
ひったくり被害にあわないために
 
      平成28年中に発生した板橋警察署管内のひったくり発生件数は、3件(平成27
     年比−8件)
で、被害者のほとんどが女性でした。
      発生件数は、平成27年よりも減少しています。

      板橋警察署管内で発生が集中しているのは、午前10時ころから午後4時ころま
     での時間帯
です。外出時は常に注意してください。
    
 
ひったくり被害にあわないために
ページの先頭に戻る
 
板橋警察署