板橋警察署【運転免許】:警視庁
板橋警察署
署の概要犯罪抑止交通安全交番運転免許申請・相談お知らせアクセス警視庁
 
運転免許
運転免許更新手続について
記載事項変更手続について
受付場所(免許更新事務所)のご案内
 
 
運転免許更新手続
 
受付時間 平日のみ 午前8時30分から午前11時30分
午後1時00分から午後4時30分
午前11時30分から午後1時までは除きます。
土日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)は手続を行っていません。
対象区分
優良運転者講習の方
70歳以上で高齢者講習を終了した方
必要なもの 更新のみの方  「運転免許証」、「更新連絡はがき」(はがきのない方も手続できます。)の他に、70歳以上の方は「高齢者講習終了証明書」又は「特定任意高齢者講習終了証明書」、外国人の方は在留資格の確認できる書類等
住所変更を伴う方  「住民票」、「健康保険証」、消印付郵便物(消印のないダイレクトメール、年賀はがき等を除く。)、又は住所が確認できる公共料金の領収書等のいずれか(確認のみ)
本籍(国籍)氏名の変更を伴う方  「本籍(国籍)記載の住民票」(提出となります。)住民基本台帳法の適用を受けない方は旅券等
旅券等とは、旅券、外務省の発行する身分証明書又は権限のある機関が発行する身分を証明する書類です。(提示のみ)
再交付手続を伴う方(免許証をなくされた方) 指定警察署では手続できません。
運転免許試験場での手続となります。
手続期間
 誕生日の前1か月から誕生日の後1か月までの間に手続ができます。
 有効期間の満了日(誕生日の1か月後の日)が土曜、日曜、祝日、休日と年末年始に当たるときは、これらの日の翌日まで手続ができ、免許証もその日まで有効です。
 海外旅行、入院等の予定者でやむを得ない理由のある方は、更新期間前でも更新手続ができます。(ただし、有効期間が短くなります)
 
 運転免許手続案内
ページの先頭に戻る
 
 
記載事項変更手続
 
受付時間 平日のみ 午前8時30分から午後5時15分
土日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)は手続を行っていません。
必要なもの 住所の変更
 免許証
 住民票(コピーは不可)、新住所の健康保険証、消印付郵便物、住所が確認できる公共料金の領収証、在留カード、特別永住者証明書のいずれか1つ。ただし、消印のないダイレクトメールや年賀状、転送された郵便物は除きます。
 代理人申請の場合、代理人の身分証明書と、家族であることの証明として両名併記の「住民票」(コピーは不可)を1通用意してください(確認のみ・委任状不要)。
 また、この住民票を用意していただくことにより、上記の「健康保険証、消印付郵便物、公共料金の領収証」は不要です。
代理人の身分証明書は、パスポート、健康保険証、住民基本台帳カード、運転免許証、学生・社員証などがあります。
本籍、氏名の変更
 免許証
 本籍(国籍)記載の住民票(※1)(提出となります・コピーは不可)、住民基本台帳法の適用を受けない方は旅券等(※2)
 代理人申請の場合、代理人の身分証明書(※3)と、上記2の「本籍地記載の住民票」に家族であることの証明として代理人氏名も併記したものを用意してください。(提出となります・委任状不要)
※1 同一戸籍の2人以上の方が、同一の窓口において同時に氏名又は本籍の記載事項変更の届出をする場合は、本籍地記載の住民票(手続をする全ての方が記載されているもの)1通のみで手続ができます。
※2 旅券等とは、旅券、外務省の発行する身分証明書又は権限のある機関が発行する身分を証明する書類です。(掲示のみ)
※3 代理人の身分証明書は、パスポート、健康保険証、住民基本台帳カード、運転免許証、学生・社員証などがあります。
ご注意 申請は原則として本人ですが、同居家族の方のみ代理人申請をすることができます。(本人と代理人併記の住民票を用意できる方のみ)
  
運転免許手続案内
ページの先頭に戻る
 
 
受付場所
 
運転免許更新事務所
 
ページの先頭にもどる
 
 
板橋警察署