王子警察署 事件相談



● 事件相談

様々なトラブルから重大な事件に発展するケースは少なくありません。
身近なことでも、事件ではないかと感じたら、刑事組織犯罪対策課、生活安全課等にご相談ください。
 特に、
暴力団が絡むトラブル
→ 暴力団追放
子供に対する虐待など、
→ 安全な暮らし
高齢者を狙った詐欺などの犯罪
→ 振り込め詐欺をはじめとする特殊詐欺等

を、あなたの身近で知った場合は、速やかな情報提供をお願いします。
 【問合せ先】  刑事組織犯罪対策課


● 身元不明相談

 昨年、東京都内で亡くなり、身元が分からないご遺体が、約130体あります。(当署手集計)
これらのご遺体は、身内の引き取り手がなく、無縁仏となっています。
お心当たりの方や、心配されている皆様のご相談に応じます。
 
 詳しくはこちらをクリックしてください → 身元不明相談
 
 【問合せ先】  刑事組織犯罪対策課鑑識係 

● 行方不明者相談

家族の行方不明等の届出に関する相談に対応しています。
インターネットでの公開もあります。こちらをクリックしてください。
     →行方不明者公開コーナー
 
厚生労働省のホームページも参考にしてください。
     →行方のわからない認知症高齢者等をお探しの方へ
 
  【問合せ先】  王子警察署少年係

● 危険ドラッグ

  「危険ドラッグ」は、液体、粉末、葉片等様々な形状のものがあります。
店舗やインターネット上の販売サイト等で、「お香」「アロマリキッド」「合法ハーブ」等と称して販売されています。その成分は、麻薬や覚醒剤等と同様の成分が含まれており、人体にとって大変有害です。これを使用すると、意識障害、おう吐、けいれん、呼吸困難等の症状を引き起こしかねません。
  これまでにも、危険ドラッグを使用した人が、自動車を運転して大事故を起こしたり、体調を崩して病院に救急搬送されたり、死亡してしまう事案が相次いで発生しています。
「危険ドラッグ」は通常の薬品と異なり、人体にどのような影響があるか検査されていないもので、大変危険な毒物を体内に摂取することになります。
  多数の死者が出ている現状からも、「危険ドラッグ」の使用は自殺行為に等しいと言えます。
  「危険ドラッグ」を 絶対に使用しないでください
※ 平成26年4月1日から、指定薬物について、
   ● 所持
   ● 購入・譲受け
   ● 使用
が禁止されました。
  「危険ドラッグ」を絶対に「持たない・買わない・貰わない・使わない」でください。
☆1件でも多くの情報提供をよろしくお願い致します。
  連絡先:刑事組織犯罪対策課銃器薬物対策係
  →○「危険ドラッグ」に対する警視庁の取組

 
●「危険ドラッグ」の取締り
 危険ドラッグを取り締まるため、「薬事法」の改正が行われました。
 平成26年4月1日から、指定薬物について、
◎ 持っていること(所持)
◎ 買ったり、もらったりすること(購入・譲受け)
◎ 使ったり、試してみたりすること(使用)
が禁止されました。
 違反すれば、3年以下の懲役300万円以下の罰金の刑罰が科せられます。
※ 指定薬物に該当しない薬物であっても、東京都が調査を行い、健康被害が生じること等が認められたものについては、「知事指定薬物」に指定され、所持・使用等が禁止されます。
(東京都薬物の濫用防止に関する条例)

もう脱法・合法とは言わせない!


遺品拳銃(旧軍用拳銃)発見のお願い!!
  家屋の改築、遺品の整理、引越し等により、遺品けん銃が出てくることがあります。
  旧軍用けん銃は、大事な形見や遺品であっても、所持することはできません。
  写真のような拳銃を発見したときは、王子警察署刑事組織犯罪対策課まで連絡をお願いします。
 
   
 
 
 泥棒に注意!!
 侵入盗(泥棒)の被害に遭わないよう、次の点に注意しましょう。

@ 出掛けるときは、全部の窓を閉め、必ずカギを掛けましょう。

A 特に薄暮時間帯に被害が発生しているので、出掛けるときは室内灯を
 つけておくなど、工夫をしましょう。

B センサーライトや防犯カメラ等の防犯設備は、特に効果的です。

C 玄関ドアにはカギを2つ付けましょう。泥棒は作業に時間が掛かるのを嫌がります。
 窓に補助錠を取りつけるのも効果的です。

D 犯人は下見をします。不審な人や車を見かけたら、「こんにちは」な
 どと声を掛けてみましょう。

                    「侵入盗 防ぐ人の目 地域の目」
 
   
 
 
 
自動車盗に注意!! 
 自動車盗に遭わないように対策を徹底しましょう。

@ 自動車盗難防止装置設備を取り付ける。
A 防犯対策がしっかりしている駐車場を選ぶ。
B 短時間駐車する場合でも、ドアには必ずカギを掛ける。

                  「狙われる 放置 無施錠 無関心」
 
 
未だに特殊詐欺の被害が後を絶ちません
 
              最近ではその手口もますます巧妙化しています。

●  息子や孫になりすまし
 ・  会社の小切手(書類)が入ったカバンを電車(バス、トイレ、コンビニ等)に置き忘れた。
 ・  携帯電話が壊れた。失くした。番号が変わった。
 ・  今日中にお金が必要なので貸してほしい。
 ・  女性とのトラブルで示談金が必要になっているので、お金を貸してほしい。
  等とだまし、自宅にお金を取りに来る。
  又は、お金を持たせ指定場所に誘い出したり、指定口座に振り込ませます。

●  区役所、税務署、社会保険事務所の職員を名乗る
 ・  医療費、保険料、税金などの還付があります…コンビニや銀行のATMで受け取れます。
  期限は今日までです。      
  等と言葉巧みに誘い出し、相手の言いなりになってATMを操作させる。

●  絶対に儲かる話
 ・ あなただけにお話しする。絶対に儲かる。
   配当金を毎月振り込む。
   会社債権、未公開株や外国通貨などの金融商品、鉱山・水資源の権利等    
  と巧妙に取引を持ちかける。

● 銀行協会、有名デパートを名乗る
 ・ 詐欺グループを捕まえたら、あなたの口座番号が犯行に使われていることが判りましたので
  口座を止める必要があります等と言ってキャッシュカードを騙し取る。
 ・ 有名デパートを名乗って、あなた名義のクレジットカードが使われているので、カードを新しくする
  必要が等と言って、キャッシュカードを騙し取る。

   →騙し取ったキャッシュカードを使ってお金を下ろされます。
    

 《被害にあわないために》

○ 落ち着く、あわてない、動揺しない。事実かすぐに確認。
○ すぐ誰かに相談。警察に通報する。 
○ 相手の話を鵜呑みにしない。
○ すぐにお金を用意しない。
○ 「絶対にもうかる」という話はウソ。
 
   
 
侵入盗被害に注意 
 空き巣被害は、特に夕暮れ時が多く、照明が点灯していない家や人の気配がない家が狙われます。
 また、家の周囲を壁や木で囲み、中が見えづらい家も狙われやすい!
       
 泥棒の多くは、住宅の種別(一戸建てか、集合住宅を問わず、無施錠の扉(窓)から侵入するかガラスを割る方法で侵入します。

泥棒を寄せ付けないために・・・

泥棒が好むのは、人目につかない「死角」です。外周部分はクリアな状態を保ちましょう!

空き巣被害に遭わないために・・・
 ・短時間の外出でも、窓やドアは確実に施錠をしましょう。
  ゴミ出しや買い物など、短時間の外出でも必ず戸締りをしましょう。
  2階の部屋、格子のある浴室やトイレの窓も施錠を確認するようにしてください。
 ・合鍵を玄関周辺などに置いておかない
  ドア鍵は持ち歩くようにし、敷地内であっても郵便受けや鉢など屋外には合鍵を絶対に置かないようにしてください。
・風呂場やトイレの窓などの施錠は特に忘れやすいので、注意!
・二重ロックが有効です。「補助錠」を必ずつけましょう。
・センサーライト、防犯カメラなどは防犯効果を発揮
・出掛ける時は、室内の電気を点けておくようにする。

○ 「地域の目」で街を守りましょう 
   普段からあいさつ、声掛けを励行するなど、ご近所付合いを大事にし   ましょう。
   自分の住んでいる街のことを知り、「地域の目」で犯罪の起きにくい街  にしましょう。 
 
   
 
 
車上ねらいに注意 
  車上ねらいの被害のほとんどは、無施錠が多く、短時間車両から離れる場合も狙われやすい! 
  車だけでなく、自転車のカゴに置きぱっなしの荷物も狙われます。 
 
被害にあわないために 
 
 ・ 車内の見えるところにカバンなどを置かない。
 ・ 自転車のカゴに貴重品を置きぱっなしにしない。
 ・ 路上駐車せず、防犯カメラが設置されている駐車場又は、管理されている駐車場へ止める。
 ・ 短時間でも車を離れるときは必ずドアロックをする。
 ・ 貴重品は、必ず持ち歩きましょう。
 ・ 駐車場が自宅から離れている場合は、時々、車を確認するようにしましょう。
 ・ ハンドル固定装置、警報、通報装置を設置する。
 ・ 夜間でも照明設備で明るさと見通しを確保する。
 
○ 「地域の目」で街を守りましょう 
  自分の住んでいる街のことを知り、「地域の目」で犯罪の起きにくい街にしましょう。
   
 
 
子どもに対する犯罪に注意!! 

 子ども達を犯罪から守りましょう!

子どもを危険から守る合言葉『イカのおすし』を覚えましょう。
    知らない人にはついて ⇒ イカない
    車などには      ⇒ らない
    「助けて!」と    ⇒ お声を上げる                 
    その場から      ⇒ ぐ逃げる
    犯人の特徴などを   ⇒ らせる
 
                                
☆ 5つの約束                       
 ○ 知らない人には絶対について行かない。

 ○ 登下校時や外等で遊ぶときは、なるべく複数で行動する。

 ○ 外に出掛けるときはおうちの人に連絡する。

 ○ 友達が知らない人に連れて行かれそうになったときは、大声を出す。

 ○ 不審な子連れを見かけたときは、一声掛けるか、110番通報する。

               「光らせて 人の目 親の目 地域の目」
 
   
 
女性に対する犯罪に注意!! 
王子署管内での女性に対する犯罪が発生しています。被害に遭わないために以下の点に気をつけてください。

@ できるだけ早い時間に帰宅しましょう。

A 夜道を歩くときは、人通りの多い明るい道を選びましょう。

B 電話をしながら、スマートフォンを操作しながら歩くのは、やめましょう。

C 周囲の音が聞こえないくらいの大音量で両耳にヘッドフォンやイヤホンをあて音楽を聴きながら
 歩くのは、やめましょう。
D 時折振り返り、不審者がいないか確かめましょう。

E 自宅に入る前にもう一度振り返って誰もいないことを確認し、中に入ったらすぐに施錠をしましょう。

F 被害に遭いそうになったら、ためらわずに大声を出し、周囲に知らせましょう。

G 就寝時にも、窓には必ず施錠しましょう。

H 帰宅してもすぐに窓を開けることなく、ベランダに不審者がいないか確認しましょう。
 
ひったくりに注意!! 
   自転車に乗った犯人に荷物をひったくられる事件が多発しています。
  ひったくり被害に遭わないよう、次の点に注意しましょう。

@ 人通りの少ない場所は避けましょう。

A 手に提げる物は狙われやすいので、胸に抱えたり腕に通したりしましょう。

B 荷物は、なるべく壁側に持って歩きましょう。

C バッグの肩掛けひもは、たすき掛けにしましょう。リュックサック等バッグの形状も考 えてみましょう。

D 後ろからバイク等が接近する音を聞いたときは、振り返って確認しましょう。

E 自転車の前かごには、ひったくり防止ネットを利用しましょう。
 

                   「ひったくり 許さぬ社会 みんなの目」
 
   
 
 
☆1件でも多くの情報提供を
 ささいな情報でも、犯人検挙に繋がり、また犯罪発生を防止できます!
     警視庁王子警察署 03−3911−0110
       刑事組織犯罪対策課強行犯捜査係
                     
                              〜首都東京の安全・安心を守る〜

 
 
 



TOPトップへ

【所在地】〒114-0002 東京都北区王子3-22-3 警視庁王子警察署(仮設庁舎)  【TEL】03-3911-0110