王子警察署 災害対策



○大災害!!その日に備えて ○王子警察署 警備課からのお知らせ
○王子警察署ハザードマップ

● 大震災!! その日に備えて

◆ 王子警察署管内危険地域
    危険地区は、「地震に関する地域危険度測定第7回調査」に基づきランク4以上を抽出
 
建物倒壊危険地区 火災危険地区
  地盤の硬さのほか、木造・鉄筋等建築物の構造、耐震性などから危険度が測定されます。   出火の起こりやすさと、延焼の危険性、木造建築の密集度などから危険度が測定されます。
住所1 住所2 
 
 住所3


普段から家族と話し合い、近くの避難場所や家族との
連絡方法を確認しておきましょう!!

北区のホームページはこちらからhttp://www.city.kita.tokyo.jp/ へのリンク

※ 上のボタンから北区の避難場所一覧がご覧になれます。



 地震のときはこうしよう


◆ 帰宅困難者対策
 大地震が発生した場合、王子警察署管内では北本通りが「帰宅支援道路」として、自宅へ帰る人々の優先道路となります。北本通りに隣接するコンビニ、ファミリーレストランの多くは「帰宅支援ステーション」に指定されており、帰宅する人たちが水道水やトイレ、休憩場所の提供、ラジオ等から知り得た 道路情報等の支援を受けることができます。
  また、王子警察署管内では、都立飛鳥高校が帰宅困難者一時滞在施設として指定されています。

 帰宅支援ステーションに指定されているお店には、店頭に目印として「マモル君ステッカー」が貼ってありますります。  マモル君ステッカー


● 王子警察署ハザードマップ


 王子警察署管内はJR京浜東北線を境に、西側が「 台地部 」、東側が「 低地部 」の2つに分かれています。特に「 低地部 」の地域は、太古の昔は海であり、荒川から運ばれた土砂の堆積によってできた土地なので、地盤的に弱い地質です。

ハザードマップ

危険箇所

内水氾濫
集中豪雨


◆ 知っておきたい都市型水害
 平成22年7月5日(火)、ゲリラ豪雨により石神井川が氾濫し、堀船・豊島地区等多数の床上 ・床下浸水被害が発生しました。
被害写真
このハザードマップは石神井川、隅田川が氾濫した場合に浸水が想定される区域を表したものです。
 水害が発生した場合は、高台である「台地部」へ避難 するため、広域避難経路を示しています。
 避難するときは、2箇所以上の避難所へ避難できるよう、自分自身であらかじめ複数の避難経路を確認しておきましょう。 すでに浸水が始まっている場合には、無理に移動せず、近くの一番高いところへ一時的に避難して下さい。
ハザードマップを活用して、避難経路を確認しておきましょう!!


● 王子警察署 警備課からのお知らせ

 知っておきたい都市型水害
  風水害期の水難事故に備え、王子警察署では独自にレスキュー部隊を運用しています。
自然災害はいつ起こるかわかりません。王子警察署管内にも石神井川や隅田川があり、ゲリラ豪雨による水害被害が発生しているため、署員一人ひとりが現場に急行した際に速やかな人命救助活動に従事できるよう、訓練を重ねています。
ボート組み立て訓練 ロープ決着訓練
ボート組み立て訓練 ロープ決着訓練

 もし車が冠水・浸水してしまった場合
 風水害のシーズンに入り、台風やゲリラ豪雨等でもしも車が冠水・浸水してしまった場合に備え、ガラスクラッシャーをぜひ車に常備しておきましょう。
 浸水がマフラーの高さを超えるとエンジンに水が入り込み車が動かなくなります。そうすると、パワーウインドウも開かなくなってしまうため、車から脱出するのが難しくなります。
 パニックにならないためにも、このような資器材を準備しておきましょう。
ガラスクラッシャー 女性でも簡単に使用することができます
ガラスクラッシャー
(いろいろな形があります)
女性でも簡単に使用することができます
(車内からでも簡単に使用可能)

 ◆ 王子警察署震災訓練を実施しました。
 9月1日、王子警察署では震災警備訓練を実施いたしました。
  王子警察署レスキュー部隊員はチェーンソーやエンジンカッター等の災害用資器材、AEDの使用方法の再確認を実施しました。
 王子警察署では、地震や近年の風水害を教訓とし、いつ発生するか予測が困難な災害に対処するため日々訓練に励んでおります。


◆ 防災講話(教室)を実施しています。
 王子警察署では各町会会合や学校に赴かせていただき防災講話(教室)を実施しています。
 主に町会の会合では主に防災講話を、学校では防災教室を実施しています。
 防災教室では防災講話と、DVDを視聴していただいております。
 王子警察署警備課では、署員はもとより地域住民の皆様とともに防災意識を高め「災害に強い街づくり」を目指し、日々活動をしています。

◆ 重機操作訓練を実施しました。 
 大規模災害の発生に備えて、王子警察署では王子レスキュー隊を編成して、各種訓練に励んでいます。
 先日、北区内の警察署合同で、重機操作訓練を実施しました。
 王子警察署では今後も、災害に対する訓練を継続して行なっていくとともに、住民の方々と協力し、「災害に強い街づくり」を目指しています。
 
 ◆ ドローン研修会を実施しました。
 ドローンについては、平成27年4月に首相官邸屋上で発見された事件について大きく報道され、これを契機に平成27年12月に航空法の一部が改正、施行されて1年となりました。その後も、各所においてドローンによる事故などが発生していることから、王子警察署では、ドローンについてより知識を高めるため、研修会を行いました。


 ◆ 「狐の行列」警備にご協力ありがとうございました。
 2017年の始まりと同時に「狐の行列」は、今年も例年通り、大変活気溢れる中、盛大に行われました。
 装束稲荷から王子稲荷神社までのコースを、関係者の皆様と協力して警備にあたりました。
 警察官の整理誘導や交通規制に、皆様のご理解とご協力をいただき、「狐の行列」がスムーズに進行し、大きな混乱や事故もなく無事終了することができました。

   
 ◆ 祭礼に伴う警備を実施いたしました。
 王子稲荷神社において、「初午」である2月12日、凧市が執り行われました。
 王子警察署では、制服警察官及び私服警察官を配置・運用するとともに、関係者と協力・連携して各種事故防止に努めました。

トップへトップへ

【所在地】〒114-0002 東京都北区王子3-22-3 警視庁王子警察署(仮設庁舎)  【TEL】03-3911-0110