高島平署紹介
 
 管内地図
 
 所在地 〒175-0082 東京都板橋区高島平3-12-32 Tel 03(3979)0110
 交通機関 都営地下鉄三田線高島平駅・・・徒歩約5分
東武東上線の下記駅からバス(国際興業)で高島平警察署前バス停下車
  ・東武練馬駅から浮間舟渡行き
  ・成増駅北口または下赤塚駅から高島平操車場行き
 管轄区域 高島平、赤塚、赤塚新町、新河岸、大門、四葉、三園、徳丸、成増
 
高島平駅からの案内地図
 
案内地図
部分をクリックすると、付近の写真が見られます。
 
署の生い立ち
 
明治 7年 1月 29日   下板橋仲宿の乗蓮寺に巡査屯所が設置され、これが現在の板橋区・練馬区・豊島区・文京区内の主な警察署の前身署です。
明治 8年 5月 1日 警視庁第四分庁第7署と改称されました。
明治 14年 1月 14日 第三方面板橋警察署と改称されました。
大正 8年 6月 11日 板橋警察署から王子警察署・巣鴨警察署が分離しました。
(板橋区・練馬区が管内となりました。)
昭和 12年 12月 13日 板橋警察署から練馬警察署が分離しました。
(板橋区内のみが管内となりました。)
昭和 21年 3月 15日 板橋警察署から志村警察署が分離しました。
(板橋区内に2警察署が設置されました。)
昭和 61年 2月 15日 志村警察署から高島平警察署が分離しました。
(警視庁97番目の警察署として開署しました。)
 
開署時の状況
 

 昭和45年5月、高島平団地の建設に伴い、志村警察署の分割が検討され、昭和49年5月、現在地に用地3,145.88平方メートル(約952坪)を取得しました。
 昭和59年7月庁舎建設が着工され、昭和61年2月15日高島平団地のほぼ中央に地上7階、地下1階、延べ7,112平方メートルの近代的庁舎が竣工しました。

高島平警察署庁舎
高島平警察署庁舎
 
管内のあらまし
 

 管内は板橋区の西北部に位置し、東西約3.3キロメートル、南北に約3.5キロメートル、面積11.54平方キロメートル(板橋区の面積の約36%)の概ね正方形の地形です。
 西側は埼玉県朝霞警察署と北側は荒川を隔てて埼玉県蕨警察署、南側は光が丘警察署、東側は志村警察署にそれぞれ接しています。
 人口は、約17万人、世帯数約88,700世帯(数字は、平成28年1月現在。警視庁文書課集計に基づく)で、大きく分けて高島平の高層団地(高島平2・3丁目〜64棟)と東武東上線に沿った旧来の住宅街になります。
 地勢は、北部の新河岸地区、高島平地区は平坦で新河岸川を挟んで北側には東京都下水処理場があるほか、工場、会社が多くなっています。
 南側は1日約4,000台余のトラックが出入りするトラックターミナル、青果市場や、小規模マンションの立ち並ぶ住宅街となっています。
 南部は、川越街道、東武東上線の各駅を中心とする商業地帯で、特に東武東上線成増駅前は、商業地域として今後さらに発展することが予想されます。
 中央部の徳丸、赤塚地区の高台は古くから栄え、歴史を偲ばせる寺社や、名所旧跡も多く、のどかな田園風景をとどめています。

TOPページへ