警視庁HP > 警察署一覧 > トップページ > 交通安全
田園調布署交通人身事故発生状況(各年間)※当署手集計

イラスト

平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
発生件数 408 366 286 303 265
死者数 5 2 0 1 2
負傷者数 437 420 343 363 307
重傷者 2 6 4 1 3
軽傷者 435 414 339 362 304

取締り活動ガイドライン

交通事故発生マップ
 【PDF】
※上部バナーは警視庁HPへのリンクです。

         飛び出し事故イメージ 
         交通人身事故の発生件数は減少しています。
            【気をつけよう】
               ・自転車、二輪車の関与する事故が大きな割合を占めています。
                、、、自転車もヘルメットを!二輪車はプロテクターを着用しましょう。
               ・交差点とその周辺は事故多発地域です。
                、、、交差点の手前で十分に減速し、右折車両には特に注意しましょう。
                、、、見通しの悪い交差点では、左右の安全確認を!
 
   
                  H25管内交通死亡事故発生状況 (平成25年12月末現在)  
   
発生状況地図
 
 
                    ○普通乗用車と歩行者の衝突事故  
交通事故1  
                          発生時間:平成25年1月10日深夜  
                          発生場所:中原街道  
〜歩行者の方へ〜   
                          ・横断禁止場所は、渡ってはいけません。  
                          ・道路を渡る時、遠回りでも必ず横断歩道を利用しましょう。  
   
                    ○貨物車と自転車の衝突事故  
交通事故2  
           発生時間:平成25年10月12日早朝  
                           発生場所:裏通り  
                           〜自転車利用の方へ〜   
                           ・交差点では、車も歩行者も安全確認を忘れずに!  
                           ・反射材を活用しましょう。  
   
   
自転車及び二輪車の交通事故防止対策
  自転車はくるまなかまです
                交通ルールを守って安全に走行しましょう



自転車安全利用五則

◎ 自転車は、車道が原則、歩道は例外

◎ 車道は左側を通行

◎ 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

◎ 安全ルールを守る

  ・  飲酒運転 ・二人乗り・並進の禁止

  ・  夜間はライトを点灯

  ・  交差点での信号遵守と一時停止・安全確認

◎ 子供はヘルメットを着用
道路交通法が改正されました。
反射材 写真 反射材 写真
反射材は、出来るだけタイヤの前後に取り付けましょう
「自転車の交通安全」はこちら


   二輪車ドライバーの皆さん
   
    スピードの出しすぎ 渋滞でのすり抜け 左側追越しなど
                     危険な運転は絶対にしないでください

多発している バイク事故パターン
右直事故イメージ 出会い頭事故イメージ
右直事故 出会い頭事故


ヘルメットのあごひもをしっかり締めましょう!
ヘルメット OK イメージ ヘルメット NG イメージ
あごひもの下に指が一本ピッタリ入るくらいが適切です。
 
 
 プロテクターを身につけましょう!
 プロジェクター装着 イメージ プロテクター イメージ 
バイクの交通死亡事故の約4割が、胸・腹部の損傷!!
 プロテクターを着用するなど、安全対策は万全に!

歩行者のみなさんへのお願い

  •  横断禁止場所の道路横断は、事故につながる危険な交通違反です。絶対にやめてください。
  •  信号無視は大変危険な行為です。絶対にやめてください。
  •  運転者だけでなく、歩行者にも当然交通ルールがあります。交通ルールを守り、マナー向上に努めてください。

運転者のみなさんへのお願い

  •  わき見運転、考えごと等からくる漫然運転、相手の動向をよく確かめなかった安全不確認などは、事故の原因となります。大変危険ですので運転に集中しましょう。
  •  相手に期待した甘い判断や「すぐ止まれる」などの思い込みなど、自分本意の運転はやめましょう。

先頭へ