交通安全

 

 管内の交通死亡事故
平成27年中
   発生日 時間  場所  道路名  状態別 
 1  3月25日 14時50分頃   東駒込1丁目 第二京浜  ●歩行者(60代男性)×大型自動二輪 
2 7月30日 23時30分頃 矢口1丁目 環状8号線 普通乗用×●歩行者(50代男性)
 ● 死亡者


交通事故発生状況
管内の主な交通活動
 高齢者交通安全モデル地区では地域住民が警察と一体となり、高齢者の交通事故抑止に向けた活動を集中的に行うとともに、地域の高齢者交通事故防止機運を高める活動を行っています。
 
 ■ 管内では、「池上地区全域」「下丸子地区全域」を指定しています。
 ■ 主な活動
 
 高齢者交通指導員による高齢者保護誘導活動等
高齢者保護誘導活動キャンペーン
高齢者保護誘導キャンペーン
  警察官とともに、交差点において高齢者の保護誘導活動や反射材貼付、交通ワンポイントアド
 バイス、家庭訪問による交通安全教育を行っています。

 
 地域主催行事への交通安全教育の取り入れ
高齢者交通安全教育 高齢者交通安全教育 ← 交通安全教育の一環で高齢者の方々に「にぎり棒」で反射神経の実験を行っているところです。



 都内の交通事故死者を減少させるために、二輪車の交通事故を減らすことが緊急の課題であることから、二輪車ストップ作戦、交通違反の指導取締り等の積極的な街頭活動、及び効果的な情報発信、交通規制・交通対策などの総合的な二輪車の交通死亡事故防止対策を推進し、二輪車が関与する交通事故を更に減少させることを目的とした総合対策を行っています。

 ■ 池上署管内で二輪車が関与する交通事故は、昨年中97件発生。
   二輪車の交通事故関与率は、人身事故全体の約3割を占め、警視庁ワースト1位
   昨年中発生した死亡事故も、二輪車が関与しています。 

 ■ 主な活動
 
  「Tokyo Safety Ride10ロードプラン〜二輪車安全対策重点路線〜」
 二輪車の関与する交通事故による死傷者を減少させるため「二輪車安全対策重点路線」を指定して、当該指定路線における二輪車の交通安全に関する情報を都民及びドライバーに発信するとともに、交通実態に応じた集中的、総合的な諸対策を推進することをいいます。
 管内の「二輪車安全対策重点路線」・・・環七通り・環八通り・第二京浜・池上通り
 
「Tokyo Safety Ride10ロードプラン」についてはこちらへ
 
 二輪車交通安全モデル交差点での「二輪車ストップ作戦」
 二輪車交通安全モデル交差点は、二輪車の事故多発交差点で、交通事故が多発していることを知っていただくために、交通安全教育、情報発信、交通指導取締り等を積極的に行う交差点として指定された交差点です。
 管内では「千鳥一丁目交差点と多摩川一丁目交差点」が指定されています。
 二輪車事故が発生する時間帯に、二輪車乗車中の運転者の皆さんに交通安全を直接呼びかける活動をしています。
 管内の主な活動地点・・・環八通り、第二京浜 等
二輪運転者への事故状況説明    ←  環八通りにおいて、二輪車乗車中の運転者に
   交通安全の呼びかけや、管内の事故状況の説
   明をしているところです。

 
 
  自転車は、幅広い年齢の方々が利用する身近な乗り物であり、環境負担が少なく健康増進にも効果的であるほか通勤手段としても注目されており、今後ますます利用の増加が予想されます。
  しかし、その一方で自転車が関与する交通人身事故は年々増加傾向にあり、高い事故関与率を示しています。また、制動装置不良自転車や交通ルール・マナーを守らない自転車の存在が社会問題となっている状況です。

  そこで、自転車と歩行者の通行に係る安全の確保や自転車利用者に対する交通ルール・マナーの普及を通じて広く都民の社会生活における規範意識を向上するため、この対策を推進していくことを目的とします。

 自転車が関与する交通事故の現況
池上署管内の自転車事故は・・・
昨年の発生件数は、93件!
自転車事故関与率は、人身事故全体の約3割を占めています。
午前中、薄暮帯に事故が多発!
最も発生が多い時間帯は午前8時から10時までの間で、次に午後4時から6時までの間発生が多い。
高齢者(65歳以上)が多い!
過去3年平均では、高齢者の死傷者が全体の2割以上を占め最も多い。
裏通りでの発生が多い!
主要道路以外の裏路地などで、約7割の人身事故が発生しています。
主要道路では第二京浜(国道1号)での発生が最も多いです。
 

 自転車総合対策重点路線
 池上通り(千鳥一丁目交差点から大森税務署前交差点)が重点路線に指定されています。
「自転車総合対策」の詳細についてはこちら

 自転車利用五則
1  自転車は、車道が原則、歩道は例外
2  車道は左側を通行
3  歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
4  安全ルールを守る
 ○ 飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
 ○ 夜間はライトを点灯
 ○ 交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
5  子どもはヘルメットを着用

 写真    写真



 
このページのトップへ
 
 
  ★ 交通少年団とは?
 交通少年団の活動を通じて周囲の人々に交通安全を呼びかけながら、団員たちが、マナーや決まりを守り、思いやりのある心を持った社会人に育つことをめざします。

※ 池上交通少年団では、小学1年生から6年生までが活動しています。
 




 池上交通少年団の主な活動内容
   5月 入退団式
   7月 夏季訓練、子ども自転車東京大会
   9月 「事故防止」絵画展
  12月 交通安全年賀状作成会
   2月 ボーリング大会




 入退団式
写真
 
写真
 
 
 夏季訓練(その年によって、訓練内容は異なります)
写真
 
写真
     
 子ども自転車東京大会
 
 
 交通安全キャンペーン
   
 広報車による広報活動(広報車に乗って、管内を巡回します)
   
 交通安全年賀状作成会(管内の高齢者に対し、送ります)
   
 集団行動訓練
写真   写真  

 
詳しくは、池上警察署 交通総務係までお問い合わせください。
03−3755−0110

やさしさが 走るこの街 この道路  
このページのトップへ
 
池上署トップへ