警視庁ホーム警察署蒲田警察署交通安全
ページ内目次
管内交通事故発生状況 管内交通死亡事故 管内交通事故の特徴
蒲田交通少年団 飲酒運転NO!!

管内交通事故発生状況

交通事故発生状況
区 分 交  通  人  身  事  故 交通物件事故
発生件数
発生件数 死者数 負傷者数 重傷者 軽傷者
平成25年 450 2 483 4 479 2418
平成26年 395 1 427 2 425 2481
前 年 比 -55 -1 -56 -2 -54 +63
(平成26年蒲田署手集計)

管内交通死亡事故

平成26年蒲田警察署管内での交通死亡事故
 普通貨物車と歩行者の事故
   日時:平成26年9月1日(日)午前1時40分
   場所:大田区南蒲田2丁目
   路線:第一京浜(国道15号)
 
 管内交通事故の特徴

 平成26年、当署管内では交通人身事故が395件(前年比-55件)発生し、死者数は1名(前年比-1名)、負傷者数は427名(前年比-56名)でした。
 その内、5割以上が自転車の関与する事故(212件)で、当署では「自転車」の事故が多く発生している状況です。
51.4% 平成26年、蒲田警察署管内で
自転車が事故に関与した割合です。
交通ルールを守りましょう
自転車は、車道通行が原則
歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行 
安全ルールを守る
自転車事故による賠償責任
※ 「自転車の交通事故防止」へ
28.9% 平成26年、蒲田警察署管内で
高齢者が事故に関与した割合です。
 
高齢者事故防止ワンポイント・アドバイス
運転免許の自主返納
※ 「防ごう!高齢者の交通事故!」へ

 蒲田交通少年団

 交通少年団員募集中!
○交通少年団とは
  交通少年団は、さまざまな活動を通じて交通安全を呼びかけながら、交通ルールやマナー、その他の決まり等を守り、思いやりのある心を持った社会人に育つことを目指しています。
  また、蒲田交通少年団には昭和45年に発足した鼓笛隊があり、各種イベントやパレード等でも活躍しています。
○主な活動内容
 活動内容
  
 交通少年団 写真1  交通少年団 写真2  交通少年団 写真3
                     問い合わせ先:蒲田警察署交通総務係 

 飲酒運転NO!!

  蒲田警察署管内においても、飲酒運転での交通事故が発生しています。
  「少しぐらい」という安易な考えが生み出す結果は、被害者はもちろんのこと、加害者自身そして家庭にも一生取り返しのつかない大きな影響を残します。
  また、法改正により運転者に対する罰則も強化されています。
 運転者に対する罰則
 運転者以外の周囲の責任についての罰則
飲酒運転させない!「地域」から「家庭」から!
お酒を飲んだら絶対に運転しない。
お酒を飲んだ人には車を貸さない。
運転する人にはお酒を出さない。勧めない。
お酒を飲んだ人には運転をさせない。同乗しない。
イラスト
 ※ 「飲酒運転の罰則等」へ