品川警察署













警視庁HP

所在地
品川区東品川3-14-32

電話
03-3450-0110(代表)
品川警察署の変遷
明治時代の品川署 明治時代庁舎
昭和時代旧庁舎 旧庁舎は昭和2年4月に建設された
現在の品川警察署は
昭和56年9月に建設された
現庁舎

  品川警察署は、明治8年12月2日の開署以来、今年で142年を迎える伝統ある警察署です。
  品川警察署が創設された当時は、警視庁第二方面第五署という名称で、現在の品川区、大田区、目黒区、及び世田谷区の一部を管轄していました。
  その後、街の発展とともに分離独立したので、いわば品川警察署は第二方面各警察署の総本家であります。





東海道品川宿
  品川宿は、東海道五十三次の第一番目の宿場として栄えました。
  現在も管内には、幅員約7メートルの旧東海道があり、秋には「しながわ宿場まつり」が開催され、旧東海道にはたくさんの出店が出て多くの人で賑わいます。
東海道品川宿
天王洲アイル
天王洲アイル   東京湾に面した第四台場を「天王洲アイル」と名付け、水辺の特徴を生かした公園やボードウォーク等が出来ており、人々の散歩コースとして楽しむことが出来ます。
  高さ100メートル級の高層ビルがあり、商業、住宅、公益施設等複合市街区となっています。
鎮守祭礼
  6月には、管内の大きな品川神社、荏原神社、貴船神社等の主な神社で祭礼行事が行われ町中が祭り一色になります。
  祭礼に際しては、交通規制や雑踏警備が行われますので、ご協力をお願いします。
鎮守祭礼
Copyright (C) Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.