トップ 紹介 案内 交通安全 犯罪抑止 震災対策 落とし物 手続・相談 ニュース イラスト

原宿署の紹介
 原宿警察署の沿革
原宿署(昭和40年代頃撮影)
昭和40年代頃 撮影
原宿署(平成20年5月撮影)
平成20年5月 撮影
現在の原宿警察署
現在の原宿警察署
大正12年10月20日 淀橋警察署(現新宿警察署)の千駄ヶ谷分署として創設
大正14年 9月11日 千駄ヶ谷4−3−15に移転
大正14年10月 1日 「千駄ヶ谷警察署」として昇格独立
昭和 7年 1月19日 「原宿警察署」と改称
昭和39年 4月 4日 東京オリンピックに合わせて改築
平成21年 3月26日 現在の神宮前1−4−17に移転

 原宿警察署の管内
管内の写真 管内は、明治神宮を西に控えて閑静な住宅街でしたが、東京オリンピック以後、急激な発展を遂げ、マンション・商社が数多く建設され、特に原宿駅前の竹下通りや表参道通りを中心に、若者向けブティック・婦人服専門店等の店舗・事務所・商社が集中し、土・日・祭日等には若者で賑わうようになりました。

管内の写真 また、南新宿地区は、平成8年10月に大型デパートが開店したのをはじめとして大型ホテルのオープンや高層ビルなども多数建設され、12月には都営地下鉄大江戸線が全線開通するなど、人の流れが大きく変化するとともに、昼間帯人口の急増加により、新しい街に一変しています。

 さらに、平成14年の秋、神宮前4丁目所在の同潤会青山アパートの老朽化に伴う立替え工事が開始され、平成18年に地上6階、地下6階(敷地約6000u)の住宅兼店舗のビルに生まれ変わったほか、平成20年6月から管内を南北に縦断する東京メトロ副都心線が開通し、埼玉県南西部方面からのアクセスが便利になったことから、より一層の賑わいが予想されます。
原宿警察署の面積と人口
管内面積 2.69平方キロメートル
世帯数 16,128世帯
人 口 27,192人
(世帯数、人口は、平成28年1月現在 住民基本台帳)

 シンボルマーク
 60年余の輝かしい伝統を有するも、署を象徴するシンボルマークがなかったため、昭和59年7月、署員からシンボルマークを募集し、「鳩と樹木」を図案化した作品が選ばれ、当署管内にある専門学校の学生によりアレンジされ、シンボルマークが完成しました。
シンポルマーク
鳩は平和の象徴であり、清潔、愛情を表す。
鳩は明治神宮、樹木は神宮の森を表す。
三つの波は地域が緑に囲まれ、東京の模範的地域であると同時に表参道のけやき並木を想起するもの。
中央の幹は、成長、力強さ、人間性などを象徴し、又、手を広げた人間の形を表す。
ローマ字の「HARAJUKU」は、原宿の国際性を表している。
↑このページのトップへ