トップ 紹介 案内 交通安全 犯罪抑止 震災対策 落とし物 手続・相談 ニュース イラスト

震災対策
 地震は、全国どこでも発生する可能性があります。
 震災発生時には、道路の通行ができなくなったり、水・電気・ガスといった通常当たり前に思っているような社会資源の利用ができなくなります。日頃の備えを充分にし、被害を最小限に抑えるためにも、防災に関する知識を備えておきましょう。
  「地震のときはこうしよう」へ
イラスト 一時(いっとき)避難場所
 一時的に身を守るために避難する場所で、ここで災害の状況を見極めます。一時集合場所が危険になったときは、さらに広域な避難場所へ避難します。避難場所に近いときは、直接避難場所へ集合して下さい。
一時集合場所 所在地
代々木小学校 代々木2-35-1
代々木第三児童遊園 代々木2-13-3
鳩森小学校 千駄ヶ谷5-9-1
千駄谷小学校 千駄ヶ谷2-4-1
原宿外苑中学校 神宮前1-24-6
東郷神社 神宮前1-5-3
熊野神社 神宮前2-2-22
ケアコミュニティ・原宿の丘 神宮前3-12-8
妙円寺 神宮前3-8-9
神宮前小学校 神宮前4-20-12
イラスト  避 難 場 所
 一時集合場所に延焼火災などの危険が迫ったとき、災害対策本部から勧告があったときに避難する場所です。
避難場所名 有効面積 避難計画人口 区別地区割当
明治神宮・
代々木公園一帯
827,200u 213,400人 神宮前1・4丁目
神宮前2・3丁目の一部
神宮前5・6丁目の一部
千駄ヶ谷1・2丁目の一部
千駄ヶ谷3・4丁目
代々木1・2丁目
明治神宮外苑地区 414,300u 13,600人 神宮前2・3・丁目の各一部
千駄ヶ谷1・2丁目の各一部
新宿御苑 399,500u 19,800人 千駄ヶ谷5・6丁目
新宿区の一部
地区内在留渋谷地区  × 141,800人  神宮前5・6丁目の一部
渋谷区ホームページから
 地区内在留地区とは、建物の不燃化が進み延焼火災の危険がないことから、地区内で火災を避けることで安全が図れると考えられる地区です。 
map
リストマーク 一時避難場所
 代々木小学校  鳩森小学校
 代々木2-35-1  千駄ヶ谷5-9-1  
代々木小学校写真 鳩森小学校写真
千駄谷小学校  原宿外苑中学校
千駄ヶ谷2-4-1 神宮前1-24-6
千駄谷小学校写真 原宿外苑中学校写真
 東郷神社 ケアコミニュティ・原宿の丘  
 神宮前1-5-3  神宮前3-12-8  
東郷神社写真 ケアコミニュティ・原宿の丘写真
神宮前小学校
神宮前4-20-12
神宮前小学校写真
       
       
リストマーク 避難場所
明治神宮・代々木公園一帯 新 宿 御 苑
明治神宮・代々木公園一帯写真 新宿御苑写真
明治神宮外苑地区
明治神宮外苑地区写真 ? 渋谷区の震災対策について 
    →渋谷区役所「災害・緊急情報」ページへ
 
区切り線
原宿署では、幅広い防災に関する知識・技能を修得するため、署員が防災に関する資格取得に向けて勉強しています。
 また、大規模震災を想定した救援訓練なども定期的に行い、技能の錬磨に努めています。
写真
区切り線
↑このページのトップへ