碑文谷警察署犯罪抑止対策>犯罪被害防止対策
 
犯罪被害防止対策
 
窃盗犯罪認知状況
 
犯罪被害防止対策 不法滞在者対策 碑文谷署からのお願い
 
 
振り込め詐欺を始めとする特殊詐欺被害防止
空き巣被害防止
車上ねらい被害防止
ひったくり被害防止
  自転車盗被害防止
 
 振り込め詐欺(「オレオレ詐欺」、「架空請求詐欺」、「融資保証金詐欺」、「還付金等詐欺」)及び振り込め類似詐欺被害防止
 平成27年中に当署管内では、振り込め詐欺などの特殊詐欺は9件で、前年比マイナス11件となっています。
 しかしながら、被害合計金額は約1億730万円と高額で、平成26年中に当署管内で発生した特殊詐欺の被害合計金額を約3760万円も上回っている状況です。
 特殊詐欺被害防止のために特に次のことに気を付けて、、被害にあわないようにしましょう。
 家族の合い言葉を決めておく。
 ATM利用限度額を引き下げておく。
 不審な電話は、すぐに110番通報する。
 留守番電話を利用する
 また、息子さんやお孫さんからの注意喚起が振り込め詐欺被害防止に極めて有効です。
 定期的に親(祖父母)に電話で連絡を取り、振り込め被害から守りましょう。
大切な財産を守る方法 
 
グラフ
 (平成27年 集計)
振り込め詐欺被害 性別・年代別発生状況
グラフ
(平成27年 集計) 
 
 ○ オレオレ詐欺事件
 管内で発生した振り込め詐欺のうち、ほとんどが息子や孫を装って、電話により「携帯電話の番号が変わった。」と言って「会社の金を使い込み、明日までに返さなくてはならない。」あるいは「友人などの借金の連帯保証人になってしまいお金が必要だ。代理人を受け取りに行かせる。」などと言い、お金をだまし取る手口です。
 また、警察官を名乗り「振り込め詐欺の犯人のリストにあなたの名前と住所が書いてあります。口座に大金があると危険です。私たちが信頼している銀行にお金を預けましょう。」などと言い、お金を騙し取る手口も発生しています。
 このような時は、お金やカードを渡したりせず、まず事実かどうかを家族や警察に相談してください。
 電話でお金の話が出た時は、詐欺の疑いが強いので十分注意し、また、すぐに警察に通報してください。
オレオレ詐欺
レターパックや宅配便でお金を送ることは法律により禁止されています。
 
振り込め詐欺のテクニック(音声ファイル)
 ○ 架空請求詐欺事件
 「有料サイト利用料金が未払いだ。」「年金の未納期間がある。」「家賃の振込先が変わった。」など、身に覚えのないさまざまな口実でお金を請求してくる事案が後を絶たないため、架空請求事案に関する生活安全相談が多く寄せられています。
 よく判らないまま、相手先に電話やファックス、メールなどで連絡し、個人情報を提供した後で法外な料金を請求され、困って生活安全相談に来る方がおります。
  
 利用したことがない、身に覚えがない料金をすぐに支払う必要はありません。
 万一、脅かしや悪質な取り立てを受けた場合は、すぐに110番するか警察に相談してください。
 
利用した覚えのない「料金請求」に注意
 ○ 融資保証金詐欺事件
 実際には融資しないにも関わらず、「融資します。」等というダイレクトメールなどを送りつけて、融資を申し込んできた人に対して、保証金の名目で現金を預貯金口座に振り込ませるなどの方法によりお金をだまし取られる相談も寄せられています。
 融資を実行する前に、保証金が必要であると言われたり、あなただけ特別にお金の儲かる話があるなどと言われたりした場合は、詐欺の可能性が高いので十分注意して、被害にあわないようにして下さい。
 
 ○ 還付金等詐欺
 区役所や社会保険事務所、税務署を装って電話により「医療費をお返しします」、「税金の還付金があります」、「保険料を払いすぎていますのでお返しします」、などと言って携帯電話を持ってATMへ向かわせます。
 その後、ATMの前から携帯電話をかけさせ、自分の口座にお金を振り込ませる手続きを説明しているように思い込ませ、自分の口座から犯人の口座へお金を振り込ませる手口です。
 ATMを操作して、自分の口座にお金を振り込まれることはありません。
 「携帯電話」、「ATM」と言われたら、還付金詐欺です。すぐに警察に通報してください。
 
 異性紹介サイト等を利用した犯罪
 ○ テレホンクラブ・異性紹介サイト(いわゆる出会い系サイト)等を利用した犯罪
 最近、携帯電話やパソコンでアダルトサイトや出会い系サイトにアクセスしているうち、「無料」との入会申込み内容から安易にアクセスしたことにより「会員登録」名下に、高額な入会金や利用料を請求されるケースが増えています。
 また、興味本位から出会い系サイトにアクセスしたことにより、犯罪(性的被害等)に巻き込まれる事案も発生しています。
 
 振り込め類似詐欺被害防止 
 ○ 社債、株式を買わせる振り込め類似詐欺 
   ペーパー会社等のパンフレットを送りつけて社債等の購入を持ちかけ、現金を振り込ませる詐欺被害が発生しています。
 パンフレットを送りつけた後、別の業者を名乗り「何倍の値段で買い取りますが、××の社債はありませんか」等とだましの電話を入れます。
 投資欲をあおる詐欺ですので、被害にあわないようにしてください。
 
 ○ ギャンブル必勝情報等のニセの情報を買わせる振り込め類似詐欺
   「パチンコ打ち子募集」等と雑誌に掲載したり、メールを送信したりして、これに応じ会員登録等を申し込んできた人に対して現金を振り込ませ、その前後にパチンコ攻略法等のニセの情報を提供するケースが増えています。
 
 振り込め詐欺(「オレオレ詐欺」、「架空請求詐欺」、「融資保証金詐欺、「還付金等詐欺」)未然防止に伴う感謝状の贈呈
 
 警視庁では、管内において振り込め詐欺など特殊詐欺の電話を見破り、犯人逮捕に協力をいただいた方に感謝状の贈呈を行っています。
 不審な電話がかかってきた際には、すぐに碑文谷警察署へ通報してください。
 
 
このページのTOPへ
 空き巣被害防止
 
 当署管内では、一戸建てやマンションなどの集合住宅、店舗などで「侵入窃盗」の被害が63件発生し、この内、19件鍵の無施錠により被害にあいました。
 「短時間で帰ってくるから」、「盗まれる物もないから」などと鍵をかけないまま外出し、被害にあっている方が多く見受けられます。
 泥棒は、植木・ブロック塀などで外から見通しの悪い家、防犯設備のない家をねらって、インターフォンを鳴らすなどして家人の不在を確認して犯行に及んでいます。
 防犯カメラ、照明器具などの設置や街路灯を付ける。
 窓ガラスを防犯性の高い二重ガラスに変えたり、補助錠やガラスフィルム、面格子を付ける。
 窓や出入り口ドアをこじ開けると、近隣に聞こえるような大きな音の出る防犯器具を付ける。
 ちょっとしたゴミ出しや外出時も鍵をかける。
 ドアには、補助錠、ガードプレート、サムターンカバー等を付ける。
 自治会や隣近所が連携し合って周囲に警戒の目を向ける。
 はしご等を利用して、2階ベランダから侵入する泥棒もいる。不要なはしご等は片付けて、足場に利用されない措置をとる。
などに心掛けて、地域ぐるみで「泥棒が嫌う街づくり」に努めましょう。 
グラフ
(平成27年 集計)
空き巣 イラスト
空き巣の防犯対策
 このページのTOPへ
 車上ねらい被害防止
 
 車上ねらいの被害は無施錠のほか、大半が車両のガラスを割られています。
 短時間でも車を離れるときはドアロックをする。 車上ねらい
 車内の見えるところに貴重品やカバンなどを置かない。
 路上駐車せず、管理されている駐車場を利用する。
 駐車場所に照明灯、防犯カメラを設置する。
などににより、被害にあわないようしましょう。 
車上ねらい施錠別割合
このページのTOPへ
 ひったくり被害防止対策
 
 平成27年中に当署管内で発生したひったくりの被害は5件で、その内、4件は女性が被害にあいました。被害時の状況としては、4件が車道側にバッグを所持して歩いているところを狙われました。
 ひったくりは、後方(あるいは前方)からオートバイや自転車で近づき、手に持っているバッグや自転車の前カゴに入れてあるバッグを通り過ぎざまに盗む手口が大半です。
 また、バッグなどとともに、身体ごとオートバイに引きずられて大ケガをする事件も過去に発生しています。
 こういった被害に遭わないためにも、バッグは車道と反対側に持つ、オートバイの音が聞こえたら振り返って確認する、自転車の前カゴにカバーを掛けるといった対策を心掛けてください。
 歩行時は、必ずバッグ等を建物側に持つ。
 バイクが近づいてきたら、振り向いて相手を確認する。
 自転車のカゴには、防犯ネットやひったくり防止カバー(くるみちゃん)を付ける。
 携帯電話を使いながら、あるいはイヤホンで音楽を聞きながら歩かない。
 現金、キャッシュカード、携帯電話等の貴重品は、身に付ける。
 住宅街の裏通りは特に注意する。
などにより、被害にあわないないように努めましょう。 
ひったくり被害・犯行形態
グラフ
(平成27年 集計)
グラフ
(平成27年 集計)
→ひったくり被害にあわないために
 
 自転車盗被害防止
 
 平成26年の自転車の盗難被害は617件で、そのうち378件(約61%)は施錠していない状態で被害にあっています。
 ワイヤー錠等を使って施錠しましょう。
 鍵は2個以上が有効です。
 自転車販売店で必ず防犯登録をしましょう。
 放置自転車はせず駐輪場に置きましょう。
このページのTOPへ