中野警察署
イラスト Home お知らせ 各階案内 交通安全 交番・駐在所 110番
犯罪抑止対策 災害対策 パートナーシップ 自転車総合対策
 
 各階案内
  ※ 平成27年11月24日(火)、中野警察署は仮庁舎へ移転しました。
 
 ○ 落とし物をしてしまったら

お近くの交番や警察署で、落とし物の届出をしてください。(「遺失届」といいます。)

お近くの交番、警察署をお探しの方は、
   → 「警察署一覧」へ

なお「遺失届」の用紙は、警視庁ホームページからも印刷してご利用いただけます。
   → 「申請様式一覧(遺失届)」へ

「遺失届」は落とし主へご連絡を差し上げる際の大事な届となります。落とした日時、場所、状況、品物等を
できる限り詳しく思い出してお書きください。


Q1 キャッシュカードや通帳、クレジットカード、携帯電話を落としてしまったら…

A1 すぐに発行元の銀行、カード会社、契約先の携帯電話会社に連絡し、紛失の手続きを取りましょう。その後、お近くの交番や警察署で落とし物の届出をしてください。

Q2 お店や乗り物の中で落とし物をしてしまったら…

A2 そのお店や乗り物会社にも問い合わせてみましょう。そのお店の方や乗り物会社の方が拾って、預かっていてくれる場合もあります。

■ 携帯電話会社、鉄道会社のお問合せ先をお知りになりたい方は、
   → 「落とし物はどこへ行くの?」へリンク

■ 都内の交番、警察署に届けられた落とし物を検索することができます。
   → 「落とし物検索」へリンク



○ 落とし物を拾ったら

落とし物を拾ったら、速やかにお近くの交番や警察署にお届けください。

もし、お店や乗り物の中などで落とし物を拾った場合は、そのお店の方や乗り物会社の方に速やかにお届けください。

落とし主は大変困っています。皆様のご協力をよろしくお願いします。



○ 飼っているペットがいなくなってしまったら

 保護した方が、交番や警察署に連絡をくださったり、連れてきてくださる場合があります。
いなくなった場所のお近くの交番、警察署に問い合わせてみましょう。
 
また、イヌやネコなどについては、「東京都動物愛護相談センター」へも問い合わせてみましょう。
   → 「東京都動物愛護相談センター」へリンク

(ご注意ください)
・ 交番や警察署には飼育設備がありません。
・ 野鳥やそのヒナ、野生の動物は、そのまま見守りましょう。
・ イヌはつないで飼いましょう。首輪には、鑑札や飼い主の連絡先をつけておきましょう。
・ ネコは室内で飼育をするよう努めましょう。


○ 落とし物が拾われて、警察に届けられてきたら

警察署会計係では届けられた落とし物を調査し、落とし主に「はがき」や「電話」などで連絡を差し上げています。

なお、落とし物がキャッシュカードや通帳、クレジットカード、携帯電話などの場合は、発行元の銀行、
カード会社や携帯電話会社などを通じて、ご連絡を差し上げる場合もあります。

○ 落とし物の受け取りについて

落とし主に連絡を差し上げる際には、必ず「拾得物受理番号」をお伝えしています。
落とし物を受け取りになる際は、警察署からの「はがき」または「拾得物受理番号」を控えたメモと、
「身分を証明するもの」をご持参ください。

落とし物の保管期間は、警察に届けられてから3か月間です。なお落とし主が判明しない落とし物は、
警察署でおおむね2週間保管した後に、警視庁遺失物センターに保管場所を移すことがあります。

  落とされたご本人が受け取りに来られない場合や遠方にお住まいの方は、事前にご相談ください。


○ 中野警察署の会計窓口(落とし物)の取り扱いについて

会計窓口での落とし物の取扱い時間は、平日午前8時30分から午後5時15分までの間です。
(土、日、祝日および年末年始(12/29〜1/3)はお休みです。)


  問い合せ先

  中野警察署会計厚生係 
電話番号 03-5342-0110 (中野警察署代表)