交通安全
高齢者・二輪車交通事故防止コーナー
野方警察署の交通安全
新井地区交通安全パレード 写真 二輪車ストップ 写真
新井地区交通安全パレード 二輪車ストップ作戦


交通人身事故発生状況

  発生件数 死亡者数 重傷者数 軽傷者数
平成28年12月末 219 1 2 247
平成27年12月末 210 0 1 239
増減 +9 +1 +1 +8
                                  (当署 手集計)
 
● 路線別交通事故発生状況 ● 
平成28年12月末現在、路線別交通事故発生状況グラフ、新青梅街道49件、環七通り25件、中野通り20件、早稲田通り16件、目白通り11件、中杉通り7件、千川通り5件、区市町村道等86件 
  野方警察署管内では、主要7路線のうち、新青梅街道での交通事故発生が多くなっています。
  道路を横断する場合にはたとえ遠回りであっても、必ず横断歩道や歩道橋を利用してください。
号で渡るときも、青信号だから大丈夫だと思わずに、必ず左右の安全確認を行って安全に横断歩道を渡ってください。
                         横断禁止場所です。イラスト

   ワンポイントアドバイス 
 高齢者の方に限らず、夜間は反射材用品を活用するとともに、なるべく黒っぽい服装を避け、ドライバーから見て「人が居る。」と、すぐに分かるような服装で外出してください。 イラスト

{自転車の交通事故防止対策}
 野方警察署管内は、自転車の交通事故が非常に多いため、自転車利用者に対する取締りを強化するとともに、街頭で正しいルールやマナーについて指導するなど、自転車の交通事故防止対策に力を入れています。
「自転車ストップ作戦」 「自転車安全利用キャンペーン」
自転車ストップ作戦写真 自転車安全利用キャンペーン写真

★☆ 自転車ナビマーク ☆★
自転車ナビマークイラスト ○自転車ナビマークとは、自転車が通行すべき部分および進行すべき方向を明示するもので、路面に表示されています。

○自転車は、車道が原則ですので、自転車ナビマークに従って矢印の方向に進行してください。逆行はできません。

○野方警察署管内では、新青梅街道、早稲田通り、中野通りや裏通りなどに設置されています。


★☆ 自転車安全利用五則 ☆★ 

 1 自転車は、車道が原則、歩道は例外

 2 車道は左側を走行

 3 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

 4 安全ルールを守る
  ○飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
  ○夜間はライトを点灯
  ○交差点での信号遵守と一時停止・安全確認

 5 子どもはヘルメットを着用



 
{高齢者交通事故防止対策}
 夕方、夜間に外出する時は、ドライバーから見やすいように明るい色の服装や反射材用品を身につけましょう。反射材用品を身につけ、ドライバーに知らせることが事故防止につながります。
 また、野方警察署管内にお住まいの高齢者宅を個別に訪問し、交通安全指導を行っています。
「反射材直接貼付活動」 「高齢者宅訪問活動」
反射材直接貼付活動写真 高齢者宅訪問活動写真
 二輪車ストップ作戦 写真   二輪車ストップ作戦
  野方警察署管内では、二輪車の事故を減少させるために、二輪車ストップ作戦を積極的に行っています。
  二輪車の運転者にヘルメットのあごひもの確実な結着、胸部プロテクターの着用を呼びかけ、安全運転指導を実施しています。
 あごひも イラスト あごひもオッケー
    
 ● 交通事故防止のアドバイス ●
 ★   高齢者の皆様へ

◆ 交差点では、例え青信号でも右左折車両に注意してください。
  ドライバーが歩行者や自転車に気づかないまま進行してくることがあります。

◆ 道路を横断中に車が近づいてきたら、ドライバーと目を合わせ、横断歩道を
  渡る合図送りましょう。


◆ 歩行者用信号の点滅が始まったら、無理をせず、次の信号が
  青になるのを待ちましょう。


◆ 夜間の外出は明るく目立つ服装や、反射材を身につけましょう。


 ★  四輪ドライバーの皆様へ

◆ 車に乗ったらまず、全席・全員シートベルト!
   後部座席もシートベルトを着用しましょう。
   飲酒運転は絶対にやめましょう。
   飲酒運転は犯罪です。
   酒類の提供・車両の同乗者も罰せられます。
   飲酒した人に運転を勧めてはいけません!
   運転の最中、思いがけず人が飛び出してくることがあります。


◆ スピードの出しすぎに注意しましょう。

◆ いつも通っている慣れた道でも必ず安全運転をしましょう。
   注意力の低下からくる『漫然(ぼんやり)運転』に注意してください。


◆ 安全な速度と慎重な運転を心掛けましょう。


 ★  二輪車ライダーの皆様へ

◆ 交差点を通過する際は、必ず安全確認を行いましょう。

◆ 車線を守って、安全な速度で走りましょう。

◆ 並走している車両や、進路変更する車両の動きには充分注意しましょう。

◆ プロテクターを着装して、より高い安心感を持ちましょう。

◆ ヘルメットのあごひもはしっかりと締めましょう。


 ★  自転車利用の皆様へ

  正しい交通ルールを守り、安全に自転車を利用しましょう!

◆ 安全のため、スピードは控えめにしてヘルメットも着用しましょう。

◆ 携帯電話の使用や傘差し運転等の片手運転、ヘッドフォン等をしながらの
  運転はやめましょう。


◆ 夜間はライトを点灯し、反射材も活用しましょう。

◆ 飲酒運転や疲労運転はやめましょう。

◆ 日頃から、自転車の点検をしておきましょう。




違法駐車は、交通渋滞や、交通事故の原因となります。
中野区内には、多くの駐車場が所在していますので、駐車場を利用し、
路上駐車の自粛にご協力ください。

この地区の駐車場案内はこちらから
S-park (駐車場案内)
携帯電話からは http://i.s-park.jp
 
    このページのTOPへ