TOP 荻窪警察署 167-0034 東京都杉並区桃井3-1-3 代表電話 03-3397-0110 FAX 03-3301-5950 サイトマップ
荻窪警察署
犯罪抑止 交通安全 交番・駐在所 震災対策
お知らせ 署の概要 管内の知識 アクセス
管内のなぜ? 不審者情報 警視庁HP 警察署一覧
交通事故抑止対策の現状
飲酒運転撲滅運動 交通事故発生前年比 交通事故の特徴 交通安全NEWS 交通安全活動
 地域の交通事故を限りなくゼロにするための交通安全活動について

○ 幼稚園の保護者向け交通安全教室の開催
 
 管内では、自転車利用者の交通事故率が高くなっていることから、自転車安全教室、特に幼児を乗車させた保護者(ママ)の交通マナーの向上及び交通事故防止のために、管内幼稚園の送り迎えの機会などを利用させていただき、「ミニ自転車安全教室」を開催しました。
 ママさんたちからは、「自転車のルールがよくわかった。」「自転車利用もルールとマナーを守らないといけないことを理解したので、子どもにも注意します。」と反響があり好評でした。
自分の自転車で訓練参加様子 自転車安全講習会の様子
園庭でマイ自転車を利用した実技教室 ホールで自転車点検の交通安全講話

 ○ スタントマンによる事故体験によるスケアードストレイト交通教室
 中学生には、授業の中で交通事故を実体験してもらい、交通事故の「恐ろしさ」や「キケン」を体感してもらったところ、「いつも、何も気にしないで自転車に乗っていたけれど交通ルールを守ります。」と中学生が話してくれました。
スタントマンによる自転車事故再現 スタントマンによる自転車事故の瞬間
 実際に起きている自転車の事故体験では、冷や汗のでる場面もあります。

○ 小学校での参加、体験型自転車教室
自転車も車の仲間であることを理解してもらう 右左の安全をしっかり確かめたかな

○ 白バイ乗務員から自転車利用者に対するワンポイントアドバイス
白バイによるワンポイントアドバイス   「白バイ乗務員からのアドバイスはみんなが納得する説明で、交通事故に遭わないように気をつけようと思います。」との街の人の声を頂いております。

○  高齢者の皆さんのウオーキング大会前の交通安全のお話
 「青信号でも、右左を確かめて!」「ご近所で自転車の方が大けがをしました!」 と、身近な交通事故の実態をお話しています。
ウオーキング大会前やる気まんまんです 講話をする警察官
公園にオジャマしてワンポイントアドバイス

交通人身事故の発生状況

交通人身事故月別発生状況グラフ
(当署手集計)
交通事故発生前年比
交通事故発生状況
イメージ
人身事故発生状況(平成27年・28年の比較)
発生件数 死亡者 重傷者 軽傷者
平成27年12月末 428  3 2 499
平成28年12月末 362  1  2  416
増   減  -66  -2  ±0  -83
※ 平成28年12月末現在、362件の人身事故が発生しております。
(当署手集計)
自転車利用の方へ
○ 自転車も乗ったら車の仲間です。自転車を利用する際は、交通ルールを守りましょう。
○ 自転車を安全に利用するため、
自転車安全利用5則に従って自転車を利用しましょう。
自 転 車 安 全 利 用 5 則
1 自転車は、車道が原則・歩道は例外
2 車道は左側を通行
3 歩道は歩行者優先で車道よりを徐行
4 安全ルール(交差点での信号遵守と一時停止・飲酒運転・2人乗り・並進の禁止、
 夜間はライトの点灯)
5 子どもはヘルメットを着用
二輪車・四輪車利用の方へ
二 輪 車 を 運 転 す る 皆 さ ん へ
○ 信号を守り、無理せず早め早めに停止しましょう。
○ 一時停止場所、見通しの悪い交差点では、必ず停止し、安全確認実施後に交差点を通過しましょう。
○ 速度を抑えてゆとりある運転をしましょう。
○ 走行車線を守りましょう。(すり抜け、ジグザグ運転はしない)
○ ヘルメットのアゴひもは確実に結束しましょう。
四 輪 車 を 運 転 す る 皆 さ ん へ
○ 安全運転に心掛け交通ルールとマナーをしっかり守りましょう。
○ 交通事故や交通渋滞の原因となる違法駐車はやめましょう。
○ 飲酒運転は絶対やめましょう。
○ すべての座席でシートベルト・チャイルドシート着用の徹底をお願いします。

交通事故防止ワンポイントアドバイス
◎ 横断禁止場所の横断や信号無視は、交通事故の原因となります。交通ルールを守りましょう。

◎ 交差点では、右・左折車両に注意してください。ドライバーが歩行者に気づかないまま、進行してくることがあります。

◎ 自転車利用時は、止まれの標識があるところや見通しの悪い交差点では、一旦止まって右・左の安全を確認しましょう。

◎ 車を運転する場合、「早めの合図」や「自分の目で安全確認をする」など、交通事故防止に努めてください。
このページのトップに戻る
交通安全ポスター
自転車も車の仲間です
自転車も車の仲間です

 「鋼の錬金術師」のエルリック兄弟も、スカルマンも交通安全に協力しているよ!


ピーポくん
飲酒運転はスカルマンが許さない
画像提供「株式会社 ボンズ」 その罪、悔いて遅く、その罰、汝(なんじ)に破滅をもたらす
>> 交通事故発生マップへ
このページのトップに戻る

管内の交通事故の特徴
   歩行者の事故
イメージ
 横断中の事故 、飛び出しの事故が多発しています。
 横断するときは、信号に従い左右の安全を確認して横断しましょう。
   自転車の事故
イメージ
 信号のない裏路地の交差点において、多発しています。
 自転車も車の仲間です。交差点では一時停止し、信号を守るなど交通法規を守って利用しましょう。
 歩道を通行するときは、歩行者の迷惑にならないよう安全運転をしましょう。
  二輪車の事故
イメージ
 主要幹線道路における事故が多発しています。
 出会い頭や、右左折、進路変更の事故が多く、スピードを控えめに左右の安全確認をしましょう。
   四輪車の事故
イメージ
 追突や出会い頭の事故が多く発生しています。
 前方を注意して運転するほか、一時停止を確実にするなど安全確認をしましょう。
このページのトップに戻る

交通事故発生マップはこちら

交通安全活動
荻窪警察署では、交通事故を防止するための様々な活動をしています。
安全教室
 学校での自転車実技教室、パソコンを使っての交通安全シミュレーションなど。
 事業所の運転者に対する講義と、ビデオ等による視聴覚教養。
 二輪車実技教室。
 高齢者交通指導員による訪問交通安全教育。
交通少年団活動
少年団の訓練状況〜署長に敬礼  秋の野外訓練 いもほり
  荻窪交通少年団では、交通安全活動としてパレードに参加したり、駅や街頭で「交通安全キャンペーン」を行ったり、交通安全を呼びかけるボランティア活動をしています。
 また団員間の融和強調を図るため、「夏の野外訓練」紙すき体験、秋の野外「さつまいも掘り」を実施するなど楽しい野外活動も実施しています。

  荻窪交通少年団で一緒に活動してみませんか。荻窪交通少年団は年間を通して募集しております。一緒に活動する元気なお子さんをお待ちしています。
  交通少年団の活動は、基本訓練(集団行動訓練)、交通教室、交通キャンペーン・広報活動、ボランティア活動、スポーツ、レクリエーションなど幅広い範囲に及んでいます。
  これらの活動を通じて周囲の人々に交通安全を呼びかけながら、団員たちがマナーや決まりを守り、「優しさ」や「思いやり」の心を持った社会人に育つことを目指します。

交通少年団では団員を募集しています。詳しくは荻窪警察署交通課まで。
 お問合せ 03(3397)0110 内線4112

高齢者・二輪車交通事故防止対策実施中
二輪車ライダーの皆さんへ 
都内における二輪車乗車中死者の致命傷部位の
約5割が頭部、約4割が胸・腹部です
ヘルメットのあごひもをしっかり締めて
      
 プロテクターを着用しましょう!
 
 バイクに乗る準備はオッケーですか?
 バイクに乗る準備がオッケーか、下の写真をクリックして確認しましょう!
 ヘルメット写真  グローブ写真
 プロテクター写真前 プロテクター写真後 
 
飲酒運転根絶宣言
>> 飲酒運転させないTOKYOキャンペーン
   なくそう飲酒運転!
▼酒を飲んだら絶対に運転しない
▼酒を飲んだ者には運転させない
▼運転する者には酒を出さない、すすめない
イメージ
このページのトップに戻る
TOPへ 犯罪抑止 交通安全 交番・駐在所 震災対策 署の概要 管内の知識