TOP 荻窪警察署 167-0034 東京都杉並区桃井3-1-3 代表電話 03-3397-0110 FAX 03-3301-5950 サイトマップ
荻窪警察署
犯罪抑止 交通安全 交番・駐在所 震災対策
お知らせ 署の概要 管内の知識 アクセス
管内のなぜ? 不審者情報 警視庁HP 警察署一覧

侵入窃盗の対策

資産形成詐欺対策 ひったくり対策 侵入窃盗の対策 子供に対する犯罪の対策
 振り込め詐欺の対策  強盗の対策 犯罪抑止対策の現状   
   

侵入窃盗の発生状況
>> 空き巣の防犯対策
侵入盗被害月別発生状況
(当署手集計)
  一般住宅等をねらった侵入窃盗は、7月末現在25件発生し、前年同期比-7件です。約7割が鍵の掛け忘れ等の無施錠で被害にあっています。短時間の外出でもしっかりと鍵を掛けましょう。
この内、空き巣被害は12件で前年比-3件です。暖かくなると侵入窃盗が増加します。意識面、設備面の防犯対策で被害を防ぎましょう。
  家人が自宅にいる時に入ってくる忍び込みが多発しています。自宅にいる時も確実に玄関等の鍵をかけるようにお願いします。
 発生時間帯は、夕方から午後9時ころまでに集中しています。会社の単身寮になっているマンションなどでは、家主が出勤している時間帯である午前8時から午後10時までに発生し、かつ隣部屋等連続被害発生に発展しています。部屋に明かりがともってなく外から一見して留守とわかる家や会社の寮などがねらわれているようですので、この時間帯で留守がちなご家庭はご注意ください。 
 また、ガラスなどをドライバーで破る手口が増加していますので、二重ロックにするなどして防止してください。
  昨年はマンション、アパート等で無締まりの部屋がねらわれることが多く、家人が就寝中に忍び込まれるなど、一歩間違えると侵入強盗に発展するおそれのある手口が発生しています。外出する際はもう一度施錠の有無を確認してください。

  侵入窃盗は、都民の皆さんの身近で発生する犯罪であり、防犯対策や検挙対策を強化している犯罪の一つです。
  泥棒は、配送やセールスなどの訪問客を装い留守宅を狙って、鍵が掛かっていない玄関ドアやベランダの窓から侵入します。
  鍵のかかっているところがなければ、周囲から見えにくい場所で、バール等でドアをこじ開けたり、ドライバー等で窓ガラスを割ったりして侵入します。
  泥棒は、鍵が開きにくく、時間がかかるほど侵入をあきらめる率が高くなります。
 侵入窃盗の発生図
【凡例 ●は侵入盗発生場所】
 
「質問」 このイラストを見て、このお宅は防犯上どこが問題かわかりますか。
      泥棒から見て入りやすい家とは?  (答えは、このページの最下段にあります)
イラスト
>> 空き巣の防犯対策へ
泥棒に強い自宅にしましょう
  
・ 窓やドアに補助錠をつける
・ 垣根の刈り込みをして、建物の見通しをよくする
・ 侵入するための踏み台や足場になるものをなくす
・ センサーライトを取り付ける
・ ドアセンサーを取り付ける
・ 窓ガラスに防犯フィルムをはる
・ 防犯ガラスに交換する
・ ピッキングに強い錠と交換する
 ピッキングとは、金属製の特殊な工具を鍵穴に差し込んで鍵を開ける侵入手口です。
・ サムターンカバーを取り付ける
 ドアにドリルなどで穴を開けたり、のぞき穴や郵便受け口から器具を挿入したりして、ドアの内鍵に使用されている「サムターン」を回して開ける「サムターン回し」という手口に有効です。
・ 番犬を飼う
安全・安心な街づくり
答え(これらは絶対ではありませんが、防犯の参考にしてください。)
  ▼1 玄関ドアが開いている。 → これは当然です。
▼2 街灯がない、又は、少ない。 → 泥棒は明かりに弱いのです。
▼3 高い植木がある。 → 家屋に接近していると足場になり、泥棒は姿を隠すこともできます。
▼4 塀に接して電柱がある。 → 塀を乗り越える足場になります。
▼5 夜まで洗濯物が出している。 → 上に同じ。
▼6 新聞受けに郵便や新聞が差してある。 → 長期の不在が分かります。
▼7 塀の落書きや掲示物が破れている。 → 防犯に無関心なことを示しています。
▼8 自転車を外に出している。 → 上に同じ。
▼9 番犬がいない。 → 上に同じ。
▼10 塀が高い内部が見えない。 → 泥棒が塀の中に入っても外から何も見えません。
 つまり、これらの逆が、泥棒の入りにくい家となります。これらに加え
     ◯ 防犯カメラを設置する。
     ◯ センサーライトを付ける。
     ◯ 室内灯1か所を自動点灯か、点灯した状態で外出する。
などの工夫をしましょう。

TOPへ 犯罪抑止 交通安全 交番・駐在所 震災対策 署の概要 管内の知識
このページのトップに戻る