犯罪抑止対策

侵入窃盗 ひったくり 置引き 振り込め詐欺

  戸塚警察署では、地域住民が安心な暮らしを送れるように、「侵入窃盗」、「ひったくり」のほか、新しい手口が次々に発生していまだに後を絶たない「振り込め詐欺」等の重点犯罪を中心に、各種犯罪の発生を抑止するため継続して対策を実施しています。

窃盗犯罪認知状況

侵入盗被害に要注意!

 
平成27年に戸塚警察署管内では「空き巣」「事務所荒し」等といった侵入窃盗の被害が71件発生しています。
 特にアパート・マンションや一戸建てのベランダ側窓ガラスを、ドライバー等でこじ破って侵入するケースが多く見られました。
 例えば、侵入窃盗は71件発生したうち、約77%に当たる55件が、1・2階での被害で、狭い路地や裏道に面したアパートやマンションが、多く被害にあっています。

 また、出入口ドアや窓の鍵を掛けていないことによる被害も多く、出掛ける時や帰宅した時には必ず鍵を掛けるようにしましょう。

  不審な人や見かけない人がうろついていたら「110番」してください。
イラスト

>>空き巣の防犯対策(警視庁ホームページ)

オートロックマンションの死角について
 オートロックマンションにお住まいの皆さん、
「うちのマンションはオートロックだから大丈夫」
と思っていませんか?

 侵入盗被害にあっているマンション・アパートの中にオートロックマンションが多く含まれています。「うちはオートロックだから」という過信が、住んでいる方の心に隙を作ってしまうようです。

 「マンションから100mしか離れていないコンビニへ買い物に行くだけだから」とか、「同じマンションの友達の部屋へ遊びに行くだけだから」と、自分の部屋の玄関ドアに鍵を掛けずに出かけてしまっていませんか?

 昼間の時間帯にインターホンが鳴ったときに、「○○○号室の◇◇さんの家に荷物のお届け物ですがお留守のようなのですが、オートロックで入れないので入れていただけませんか?」などと言われて、安易に解錠ボタンを押してしまったことがありませんか?


 これは、実際に被害にあったマンションの例です。オートロックといえども完璧な防犯設備とはいえません。
 その欠点について犯人はよく研究し、熟知しています。
 また、管理人がいるから大丈夫、防犯は管理会社の仕事と思われていませんか?
 
「自分の家・部屋は自分で守る!」といった防犯意識を高めて行かなければなりません。

このページの先頭に戻る

ひったくりに気をつけよう!!

 
平成27年中に戸塚警察署管内で8件のひったくりが発生しています。
 被害者は男女共に、手に持っていた鞄をひったくられるケースが多いようです。
 「私は大丈夫、狙われないわ。」と思っている方、被害にあった全員の方が、
そう思っていたようです。ご注意ください。

イラスト

 被害にあわないためには、どうしたらよいのか??
 まず、ひったくりが行われやすい状況・場所を知ることです。

 発生場所の多くは裏路地です。
 また、時間に関しては一概に言えませんが、夕方から深夜にかけてが多いようです。


イラスト

 犯人の多くは、犯行が容易である女性を狙い、さらに高齢者が狙われやすいようです。
 逃走手段として有効である自転車、バイク、スクーターに乗車して、1人もしくは2人で犯行に及ぶケースが多いようです。

 日頃から、手荷物、ハンドバックは、建物側の手で持つようにするか、たすき掛けにして持つように心掛けましょう。

イラスト

 被害者のほとんどが、商店街・駅・バス停などから、自宅へ帰る途中をねらわれています。
 ということは・・・・・駅前や商店街のどこかで犯人が、あなたのことを見て、後をつけているのかもしれません。

 万が一、被害にあわれたときは、どの犯罪にあっても共通する抵抗手段の一つとして、「大きな声を出す」ことが有効です。(人通りがあれば、大声を聞いて何があったのかと視線が集まり、犯行を断念することや、目撃者ができて犯人検挙につながることがあります。)

 逃げていく犯人の特徴は、なかなか、覚えられるものではないとは思いますが、少しでも特徴を覚えておくことが、犯人の検挙につながります。

 また、家に戻ってから110番するのではなく、その場所ですぐに110番して下さい。
 発生時間から時間が経過するに従って、犯人逮捕の可能性が低くなってしまいます。


このページの先頭に戻る

思わぬところで置き引きに!!

 JR高田馬場駅周辺のパチンコ店やゲームセンター等で置引き被害が発生しています。

 パチンコ店では、荷物棚に荷物を置いてトイレに行くため席を離れたときに被害にあうことが多く、ゲームセンターでは、プリクラで撮影をする際に足下・機械の横に荷物を置いているところを、置引きにあうケースが多いようです。

 現金などの貴重品は身につけて離さず、荷物についても常時自分の視界に入る場所に置いておくことで、被害にあう可能性を低くします。


このページの先頭に戻る

振り込め詐欺にご用心を

 「振り込め詐欺」という言葉は知っていても、いざ電話があると気が動転してしまい、言葉巧みな電話にだまされてしまいます。
 振り込め詐欺にだまされないために、どうすればよいか?

「振り込め詐欺にあわないためには?」
イラスト だまされないためには
・慌てずに子どもさんなどの以前の電話番号にかけて、事実を確認しましょう。
・家族しか知らない事を聞くのがポイント。

実家を離れた子供さん方へお願い↓↓


両親や祖父母に電話してね イラスト
子供や孫になりすました犯人が、離れて暮らす家族のお金を狙ってます。

 振り込め詐欺被害にあわないための三つの運動
家族の合い言葉を決めよう!
ATMの利用限度額を引き下げよう
不審な電話があったら110番!
このページの先頭に戻る
【お問合せ先】
戸塚警察署
犯罪抑止対策事務局
(03)3207-0110
戻る