説明: シンボルマーク

説明: 駒込警察署

 

説明: トップページ

説明: 駒込署概要

説明: 安全な街づくり

説明: 交番紹介

説明: パートナーシップ

説明: お知らせ

説明: 交通安全

説明: 警視庁HP


説明: イラスト

説明: C:\Users\k8017277\Documents\komagome\syokai\image\b011lis.gif駒込署の所在地

東京都文京区本駒込2丁目28番地18

03-3944-0110(代表)

説明: C:\Users\k8017277\Documents\komagome\syokai\image\b016lis.gifJR山手線

駒込駅南口

徒歩10

説明: C:\Users\k8017277\Documents\komagome\syokai\image\b016lis.gif都営三田線

千石駅A3番出口

徒歩10

説明: C:\Users\k8017277\Documents\komagome\syokai\image\b016lis.gif地下鉄南北線

駒込駅2番出口

徒歩10

 

説明: 地図

 

説明: C:\Users\k8017277\Documents\komagome\syokai\image\b011lis.gif駒込ってどんな街?

 管内北西部、本駒込6丁目には六義園(都史蹟)を囲んで「大和郷(やまとむら)」と呼ばれる高級住宅街が形成され、南部一帯は、八百屋お七で有名な吉祥寺をはじめ、42寺院が集中し、江戸時代の寺町的な面影を今に残しています。
 
 さらに、明治の二大文豪「森鴎外」と「夏目漱石」が文筆をふるったところであり「文学のふる里」とも言われています。
 
 こうした、古き良き時代の香り豊かな駒込の街も、近年、社会構造の変化と産業の進展に伴い、都内有数の商住宅地域として見直され、高級マンションや高層ビルが相次いで建設されるなど、街の景観は変わりつつある現状です。

 

説明: C:\Users\k8017277\Documents\komagome\syokai\image\b011lis.gif駒込署の管轄地域

文京区本駒込

1丁目

全域

2丁目

97号〜17号、918号の一部、10番、11番、28番、29番)を除く全域

3丁目

全域3

4丁目

5丁目

6丁目

1番〜6番、
 75号〜12号、21号〜24号、
 85号〜11号、19号〜25号、
 92号〜11号、20号の一部、21号〜25号、
 105号〜12号、17号〜23号、
 111号〜11号、17号〜23号、
 121号〜10号、16号〜22号、
 21番の一部、山手線以北)を除く全域

文京区千駄木

1丁目

全域

2丁目

3丁目

4丁目

5丁目

文京区向丘

1丁目

1番〜6番、16番〜20番)を除く全域

2丁目

1番〜10号、111号〜5号、137号〜21号)を除く全域

 

説明: C:\Users\k8017277\Documents\komagome\syokai\image\b011lis.gif「駒込」の由来

 その昔、日本武尊が東夷征伐のおり、この界隈から軍馬を集めたところ、たちどころに千頭以上の軍馬が集まり、この様を見て「駒込みたり」と評されたことがその由来とされています。

 

説明: C:\Users\k8017277\Documents\komagome\syokai\image\b011lis.gif警察署の沿革

明治401223

本郷警察署(現、本富士警察署)の駒込分署として分署長以下40名で駒込神明町9番地 (現、本駒込3-40)に開設

明治431217

駒込警察署に昇格

大正2613

千駄木警察署が廃止となり、その管轄区域の全部を併合して「本郷駒込警察署」と改称

昭和101110

戦艦「三笠」の司令塔を模して建てられたといわれる鉄筋コンクリート3階建ての旧庁舎が竣工

昭和1291

「駒込警察署と改称」

昭和621013

現庁舎が竣工

昭和62112

現庁舎での業務開始

 

説明: 駒込署旧庁舎(昭和10年建築)
駒込署旧庁舎(昭和10年建築)

 

説明: 窃盗犯罪認知状況

説明: 交通事故発生状況

 

このページのトップへ