管内の概要  アクセス 犯罪の抑止 交通安全
交番マップ   落し物   震災対策   相談・手続き    お知らせ

管内の概要
浅草警察署の沿革

 
明治 8年12月 2日     警視庁第5方面第4署として創設(田町2-22)
明治14年 1月14日     田町警察署と改称
明治18年 7月 3日     浅草田町警察署と改称
明治23年10月25日     新庁舎(浅草4−47−11)に移転し、浅草象潟警察署と改称
旧庁舎

旧庁舎(外装は改築後も同じ)
大正12.3.31〜昭和20.3.9
改築後・昭和22.7.1〜昭和52.12.13

昭和20年 3月10日      空襲により庁舎が焼失、一時、浅草国民学校を仮庁舎として使用
昭和20年 3月18日      当時の日本堤警察署 (現在の警視庁第六方面本部) に移転
昭和20年 5月17日      浅草警察署と改称
浅草国民学校に仮住まい

浅草国民学校に仮住まい
昭和20.3.10〜昭和20.3.17
旧日本堤警察署

旧日本堤警察署
昭和20.3.18〜昭和22.3.30

昭和22年 7月 1日      現在地(浅草4−47−11)に旧庁舎が改築される
昭和55年 5月20日      新庁舎が竣工し、現在に至る
現在の庁舎

昭和55.5.20〜現在の庁舎
管内のあらまし
 東側は隅田川を境に向島、本所両警察署に、南側は浅草通りを境に蔵前警察署、西は国際通り

合羽橋通りを境に下谷警察署、北は明治通りを境に南千住警察署にそれぞれ隣接している。

交通機関は、東武鉄道、東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線、つくばエクスプレスの四線が通じ、

また都営バスをはじめ、「めぐりん」「パンダバス」などの民営バスを利用できる。

 一方、管内の隅田川に架る橋は、川上より白鬚橋、桜橋、言問橋、吾妻橋、駒形橋の5つの橋

がある。

 管内は歴史的背景をもつ次の三つの大きな特徴がある。それは、

                 「浅草寺を中心とした観光地」

                 「吉原遊郭として栄えた旧吉原地区」

                 「山谷の簡易宿泊所街が並ぶ日本堤地区」

と、歴史と伝統のある庶民性溢れる町である。

 年間の主な行事は、四季折々に開催され、1月の江戸文化の伝統を受け継いだ初詣に始まり、

2月は節分、3月は金龍の舞、4月は桜橋花まつり、5月は三社祭り、6月はお富士さんの植木市、

7月は隅田川花火大会とほおづき市、8月は浅草サンバカーニバル、 9月は待乳山聖天祭、

10月は菊供養、金龍の舞、11月は酉の市、時代まつり、12月は羽子板市などがあり、これら行事

の雑踏警備の万全を期している。

管轄区域 台東区の内
 ・ 雷門1丁目、2丁目
 ・ 花川戸1丁目、2丁目
 ・ 浅草1丁目〜7丁目
 ・ 西浅草3丁目
 ・ 千束1丁目、2丁目(33番から36番までを除く。)、3丁目、4丁目
 ・ 東浅草1丁目、2丁目
 ・ 日本堤1丁目、2丁目(36番から39番までを除く。)
 ・ 清川1丁目、2丁目
 ・ 橋場1丁目、2丁目
 ・ 今戸1丁目、2丁目
トップページヘ