署の沿革
蔵前警察署の沿革
昭和34年当時の合羽橋巡査派出所
昭和34年当時の合羽橋巡査派出所
明治37年5月12日
浅草警察署南元町分署として開設
 
昭和12年8月28日
「蔵前警察署」の名称に改称
 
昭和20年
第二次世界大戦中は浅草署に統合
(東京大空襲で焼失)
昭和23年11月25日
「蔵前警察署」の名称で復活
 
昭和47年11月1日
現庁舎落成
 
平成10年12月  
庁舎耐震改修工事完了
管内の特色
蔵前警察署の管内は台東区の東南に位置していて、隅田川に沿った平坦地にあります。
 南北に  江戸通り、国際通り、
 東西に  浅草通り、春日通り、蔵前橋通り
 があり、交通の要所になっています。
地図
 また、管内には様々な問屋街があります。
  服装品       約1,200店 
  雑貨等小売店  約1,200店
  玩具店       約 240店
  食器店       約 140店
  袋物店       約 100店
  仏具店       約  50店
  人形店       約  40店
  煙火店       約  30店 などの、
計約3000店問屋商業地を形成しています。
署章
署章画像
    この署章は、「管内住民の皆さんの安全・安心を守る蔵前警察署員としての誇りと使命感を
  もって積極的に職務に取組む」という 意味を込め、平成20年5月1日に制定されました。
  4色を「四季の心」に例え
   「緑」は 春の暖かさ 〜 琴線にふれる 思いやりの心
   「赤」は 夏の情熱  〜 燃え立つ やる気
   「黄」は 秋の哀歓  〜 ともに悲しみ ともに喜ぶ 素直な気持ち
   「青」は 冬の厳しさ 〜 治安および家族を守るため 厳しい自己管理
 また
   「K」は 蔵前警察署の頭文字
   「金」は 崇高な職務 かつ清廉にして堅実な生活態度
   「円」は 治安維持に弛まず邁進する躍動感
  を表しています。
  署員一同 四季の心を持ち、
    「安心 安全な町 蔵前」の実現のために職務に取組んでまいります。
トップページ 署の沿革 犯罪防止 交通安全 交番マップ かわら版