Shitaya Police Station
警視庁ホームページへ
窃盗犯罪認知状況
リストマーク 犯罪抑止対策
  下谷警察署では「安全・安心な街 下谷」を実現するため、地域住民の方々や台東区役所、防犯協会等の関係機関と連携して、管内の犯罪発生状況を踏まえた各種防犯活動、検挙対策を強力に推進しています。
  昨年(平成27年1月〜12月)の管内における犯罪発生状況とその防止対策についてご紹介しますので、皆さまの自主防犯活動にお役立て下さい。

1 刑法犯認知状況
昨年の刑法犯認知件数は、総数 648件、前年比 53件の減少でした。
刑法犯認知件数

区切り線

2 指定重点犯罪の発生状況等


 (1)指定重点犯罪とは

 警視庁では、都民の皆さまの平穏な生活を脅かす、特殊詐欺をはじめとする以下の7罪種を「指定重点犯罪」に指定し、抑止・検挙活動に取り組んでいます。
 また、下谷警察署では、管内で多発している車上ねらいを署長指定の重点犯罪に指定し、抑止・検挙活動に取り組んでいます。
  @  特殊詐欺
  A  ひったくり
  B  侵入窃盗
  C  強盗
  D  性犯罪
  E  自動車盗
  F  子どもに対する犯罪

  ※ 署長指定  車上ねらい


 (2)主な発生状況(過去5年間)

主な発生状況グラフ
主な発生状況表


 (3)発生場所(平成27年)

当署管内発生場所


 (4)各種犯罪の特徴と対策


  ア 侵入窃盗
《特徴》
○ 会社等(事務所荒し)では、出入口をバール等でこじ破られて、侵入されています。
○ 一般住宅等(空き巣)では、無施錠の玄関ドアから侵入されたり、窓ガラスをこじ破られて、侵入されています。
窃盗件数
手口別
・ 事務所荒し…会社等の事務所に侵入し、金品を窃取するもの
・ 空き巣………家人等が不在の住宅内に侵入し、金品を窃取するもの
・ 忍込み………家人等の就寝時の住宅内に侵入し、金品を窃取するもの
・ 出店荒し……閉店中の店舗に侵入し、金品を窃取するもの
・ 居空き………家人等が在宅中に住宅内に侵入し、金品を窃取するもの
・ 学校荒し……学校等の建物に侵入し、金品を窃取するもの
・ 倉庫荒し……倉庫等に侵入し、金品を窃取するもの

《防止対策》
玄関や出入口ドア、室内の窓には必ず鍵をかけましょう。
補助錠を設置しましょう。
少しの外出でも、必ず鍵をかけましょう。
防犯カメラやセンサーライト等を取り付けるのも効果的です。


  イ 車上ねらい
《特徴》
管内全域で、駐車中の自動車内から、現金やバッグ等が盗まれる盗難事件(車上ねらい)が、17件発生しました。
車上ねらい発生件数
発生場所
車上ねらい発生場所

《防止対策》
イラスト
 短時間の駐車・停車でも、必ず施錠しましょう。
 窓から見える場所に、バッグや荷物 を置かないようにしましょう。
 警報器等の設置も効果的です。


  ウ  特殊詐欺
《特徴》
○ オレオレ詐欺のキーワードは、
 ・鞄や携帯電話をなくした。急いでお金が必要だ。
 ・会社のお金を使い込んでしまった。急いでお金が必要だ。
 ・警察に捕まってしまい、示談金が必要だ。
 ・株の投資で損失を出した。急いでお金が必要だ。
 などです。
○ 架空請求詐欺のキーワードは
 ・老人ホームの権利が当たった。名義を貸してくれ。
 ・個人情報が流出している。削除するのにお金が必要だ。
 ・有料サイトの料金が未納だ。支払ってくれ。
 などです。
○ 還付金詐欺のキーワードは
 ・税金や医療費の還付金がある。ATMに行ってくれ
 などです。

犯行手口
犯行手口

《防止対策》
 知らない人から電話やメールが来ても、相手にしないようにしましょう!
 「現金を郵便局のレターパックで送ってくれ」と言われたら
100%詐欺です!
 自宅の電話を留守番電話に設定しましょう!
 ひとりで悩まずに、必ずご家族や警察に相談しましょう!
電話の声にだまされて【オレオレ詐欺を防げ】へ
下谷警察署TOPページへ