竹の塚警察署 署のマーク 竹の塚警察署

犯罪抑止対策

窃盗犯罪認知状況
振り込め詐欺
新名称 「母さん助けて詐欺」
 
子供、孫など家族をかたり、
「風邪をひいて声がおかしくなった」
「携帯電話が壊れた(なくした)から番号が変わった」
などと言ってきたら、振り込め詐欺を疑ってください。
 さらに、
「電車にかばんを忘れた」 
「職場の女性を妊娠させてしまった」
「株で失敗して、すぐにお金を返さないといけない」
「会社のお金を使い込んでしまった」
「保証人になってしまって、お金が必要」
などと言ってくれば、振り込め詐欺に間違いありません。
 
また、区役所職員や社会保険庁職員をかたり
「医療費の還付金がありますので
携帯電話を準備してATMへ行ってください。」
などと言ってきたら、これも詐欺です。
 
騙されないための心がけ
 子供や孫の生年月日、出身校、兄弟の名前などを尋ね、本人かどうかの 確認をする。
 新しい携帯電話番号は上書きしない。
 元の携帯電話番号にかけ直して事実を確認する。
 区役所保険課、社会保険庁は存在しないことに注意。
  少しでもおかしいと思ったら110番通報する。
 
少しでも「おかしい?」と思ったら、振り込む前に警察に連絡してください。 それがあなたを被害から身を守る第一歩です。
 
写真 写真
竹の塚クリーン作戦 振り込め詐欺防止の防犯講話
 
写真
全国地域安全運動 足立区民のつどい
 
竹の塚警察署管内では、ひったくりが多発しています。
「自分は被害にあわない」と思っていませんか?
「自分は大丈夫」と油断しないで下さい。
あなたのちょっとした心がけで、ひったくり被害を防止できます。
 
 
ひったくり被害にあわないために 〜3つの用心〜 イラスト
ひったくり防犯カバーの装着
  自転車のかごには、ひったくり防止ネットを装着する。
バッグの建物側携行
  バッグ等は建物側に携行し、ショルダーバッグは肩からたすき掛けにする。
バイクへの振り向き運動
  後方からバイクが接近する音が聞こえたら、振り返ってバイクを確認する。
→ひったくり被害にあわないために
写真
ひったくり被害防止カバー取り付け ひったくり模擬訓練
写真 写真
合同パトロール 不審者対応訓練

防犯に関するお問合せは
警視庁竹の塚警察署 生活安全課 防犯係
電話 03-3850-0110
(竹の塚署代表)
このページのトップへ
トップページへ