上野警察署の紹介
上野警察署シンボルマーク 警視庁上野警察署
鉄筋コンクリート7階建
住 所
〒110−0015
東京都台東区東上野4丁目2番4号
電 話
03-3847-0110(代表)
上野警察署シンボルマーク
上野警察署の生い立ち
 明治7年1月25日警視庁の創設により、明治7年1月29日第五大区第三、四、七、十小区巡査屯所として現在の上野1丁目に1番地旧石川(大名)屋敷に開設されたのが始まり。

 明治8年12月2日警視庁第五方面第二署として本署が設立され、この日をもって上野署の創設としている。

 明治13年庁舎を赤レンガ造り二階建ての洋式庁舎に改築西黒門町警察署と改称し、現上野、下谷両署管内の全域を管轄していた。
写真
昭和4年4月12日完成昭和48年6月取り壊し
現庁舎
現庁舎
 明治38年9月、日比谷焼き討ち事件によって庁舎が焼失、明治41年7月現上野3丁目19番に新庁舎を建設、明治43年12月に上野警察署と改称された。

 その後、大正12年関東大震災により庁舎損壊、昭和4年4月現在の署所在地東上野4丁目2番4号に庁舎が建設されたが老朽化により、昭和48年11月現庁舎の起工が始まり、昭和50年2月、地下1階地上7階建ての現庁舎が竣工した。
このページのTOPへ
日本初の信号機
日本初の信号機
日本初の信号機
大正8年10月当時 広小路交差点
 自動車のわが国最初の輸入は、明治32年であるが、大正にはその台数も1813台に達し、その交通整理は悩みの種となった。
 
 時の上野署長(第34代)薗部警視は、アメリカ帰りの運転手の話をヒントに手動式交通信号機を考案、上野広小路交差点で試用し大いに効果を上げた。
 
 これがわが国の交通信号機の第1号と言われている。
写真(現在の広小路交差点)
現在の広小路交差点
トップへ
上野警察署管内の紹介
上野駅
 上野駅の開業は、明治16年7月28日で、東北の玄関口としてよく知られている。
上野駅
「北の玄関口」JR上野駅
上野公園
 上野公園は正式には上野恩賜公園と言い、この地は江戸時代は寛永寺の境内でしたが、戊辰戦争でほとんど火災によって焼失し、明治初期は荒れたままになっていた。

 明治6年オランダのボードワン博士の提案により日本で初めての近代的な公園が誕生し、今日に至っている。
西郷隆盛像(全身)
上野公園の西郷隆盛像
また、公園内の行事、施設は、
桜祭り
  時期  3月の下旬から4月上旬
 上野公園の桜は約1300本
 他に上野ぼたんまつり(4月中旬〜5月中旬)等を行っています。
 上野署では、見物客が安全に楽しめるよう警戒を行っています。
上野動物園
 上野動物園は、明治15年3月に開園しました。
 昭和47年10月に日中国交正常化記念として初めて中国からパンダが来日しました。
 現在は平成23年2月に来日した雄の「リーリー」と雌の「シンシン」が同園をにぎわせています。
 ※ 月曜日休園
東京国立博物館
   住所東京都台東区上野公園13番
 電話ハローダイヤル03-5777-8600

 日本とアジアの美術・工芸品などを総合的に紹介。
 11万件以上の収蔵品から、常時4000〜5000件を展示。
(月曜日休館)
国立博物館
アメ横
 JR上野駅から御徒町の線路下には、輸入雑貨、海産物、皮革製品、 貴金属などたくさんの品物であふれる商店街があります。
 上野署では、すり、万引き被害を防止するため警戒を行っています。
アメ横
トップへ
お知らせ パトカーと一緒に
パトカーといっしょにハイポーズ!
ウエルカム 上野警察署
見学日時
午前10時〜午後3時
平日(土、日、祝日を除く)
見学内容
警察業務や施設の紹介。
パトロールカー、白バイなどの記念撮影ができます。
対象者
高校生以下、数名から30名程度の団体
見学時間は、20分から1時間程度です。
 
その他
事前に上野警察署警務係に連絡して予約してください。
 
電話 03-3847-0110(代表)
トップへ
上野警察署TOP