「管内広域避難場所」とは・・・

 大規模災害から身の安全を守るために避難する場所です。大きな火災から身を守れるような大規模公園等を東京都が指定しています。

 避難場所では、警察官や地域の班長の指示に従って、行動しましょう。
 避難は徒歩で、持ち物は最小限に。
 無責任なことを口にしたり、自分勝手な行動を慎みましょう。
 
地震のときは? 

 《管内広域避難場所》
避難場所 所在地 面積 避難可能人口
水元公園江戸川緑地一帯 東金町・水元公園 84万m2 8万人
柴又野球場江戸川緑地一帯 金町浄水場・柴又 19万m2 5万人
新四つ木橋東岸 小菅・堀切 29万m2 9万人
上千葉砂原公園一帯 西亀有 4万m2 4万人
区役所・青戸団地一帯 青戸 9万m2 6万人
東京理科大学一帯(平成25年度から) 南水元・新宿  18万u  4万人

 《管内避難施設》
第1順位      区立小学校、中学校     41箇所
第2順位      高校、公共施設     37箇所

 《災害拠点病院》
  東部地域病院
  東京慈恵会医科大学葛飾医療センター

 《管内災害時緊急医療救護所開設場所》
  東金町小学校(葛飾区東金町1-33-1)
  柴原小学校  (葛飾区金町1-15-1)
  南綾瀬小学校(葛飾区堀切6-1-1)
  道上小学校  (葛飾区亀有4-35-1)
  青戸小学校  (葛飾区青戸6-18-1)


TOPへ戻る