交通事故のない安全な街づくり
写真
亀有警察署では交通事故を減らすため日々活動しています



STOP 交通事故

発生件数 死者数 重傷者数 軽傷者数
平成25年 722 1 8 832
平成24年 794 4 2 907
前 年 比 -72 -3 +6 -75
(平成25年  亀有署 手集計)

重大交通事故の発生場所
番号をクリックしてください
重大交通事故発生場所
赤色丸数字…死亡事故   青色丸数字…重傷事故

路線別発生状況
 (発生件数)
グラフ
(平成25年  亀有署 手集計)
水戸街道では 死亡事故が0件、重傷事故が1件発生しています。
環七通りでは 死亡事故・重傷事故の発生はありません。
一般都道では、 死亡事故が0件、重傷事故が1件発生しています。
区道では 死亡事故が1件、重傷事故が6件発生しています。

年齢層別発生状況
死亡 重傷 軽傷
子供(中学生以下) 0 0 73
若年層(16歳〜24歳) 0 0 122
青年・中年層(25歳〜64歳) 1 1 504
高齢者(65歳以上) 0 7 133
(平成25年  亀有署 手集計)



交通事故を防ぐために
自動車ドライバーの皆さん
ボタン  交通事故は思いがけないときに起こります。
 大切な命を守るために、後部座席でもシートベルトを着用しましょう。
 また、6歳未満の子どもを乗せるときはチャイルドシートを使用しましょう。
ボタン  亀有警察署管内では、出合頭に自転車や歩行者と衝突する事故が多く発生しています。交差点通行時は安全確認をしっかり行い、周囲の動向に気をつけましょう。
ボタン  夕暮れ時や雨天時など、「暗い」と感じ始めたらライトをつけ、交通事故を防ぎましょう。
ボタン  路上駐車は他の交通の迷惑になるほか、重大な交通事故の原因にもなります。車は駐車場に停めましょう。
二輪車ライダーの皆さん
ボタン  亀有警察署では、二輪車の交通事故を1件でも減らすため、環状7号線および青戸八丁目交差点を重点に二輪車ストップ作戦(交通事故防止の呼びかけ、チラシ等の配布など)を行っております。
二輪車を運転するときは、スピードの出し過ぎに注意し、ヘルメットのあごひもを締め、安全確認をしっかりと行いましょう。
ボタン  安全のために、二輪車用プロテクターを着用しましょう。
 お問合せは 亀有警察署 交通総務係まで(03-3607-0110)
>> Safety Riders!
自転車利用の皆さん
ボタン  自転車安全利用五則を守りましょうボタン
1 自転車は車道が原則、歩道は例外
歩道と車道の区別があるところでは、自転車は車道通行が原則です。
2 車道では左側を通行
自転車は車道の左端に寄って通行しなければなりません。
3 歩道では歩行者優先で、自転車は車道寄りを徐行
歩道では、すぐ停止できる速度で、歩行者の通行を妨げてはいけません。
4 交通ルールを守る
飲酒運転禁止
交差点での一時停止と安全確認
二人乗り禁止
夜間ライト点灯
並進禁止
信号を守る
5 子どもはヘルメットを着用
13歳未満の子どもが自転車を運転する場合、又は幼児(6歳未満)を自転車の幼児用座席に乗せる場合、保護者は乗車用ヘルメットを着用させるよう努めなければなりません。

 〜ルールとマナーは
あなたや大切な人を守ります!〜

傘差し運転の禁止
運転中の携帯電話使用等の禁止

【罰則】 5万円以下の罰金
>> 自転車の交通安全
高齢者の皆さん
ボタン  高齢運転者標識が変わります
 〜高齢運転者常識が新しいデザインになります〜
 
ボタン 【どんなデザイン?】 高齢運転者常識
思いあい、ゆずりあい、まごころある車社会とつながるようにという願いを込めて、4枚揃うと真実の愛を意味する四つ葉のクローバーを題材にして、シニアの「S」の文字を図案化したものです。
                            >>自動車の運転者が表示する標識(マーク)について
ボタン 【いつから変わるの?】
高齢運転者標識の変更は、平成23年2月1日から施行しています。70歳以上の高齢運転者は、高齢運転者標識を表示するよう努めなければなりません。
ボタン 【従来のデザインは使えなくなるの?】 高齢運転者常識(旧) 高齢運転者常識
高齢運転者標識の変更後も、当分の間はどちらのデザインでも使用することができます。
 高齢者の方が運転している時の交通事故が増えています。
 運転に自信がなくなったり、ご家族の方から「運転が心配」と言われたら、運転免許の自主返納をお考え下さい。
 詳しいことは、亀有警察署 交通総務係まで(03-3607-0110)
>> 免許を返納する勇気〜高齢運転者のみなさんへ〜

ボタン  明るい服装・反射材(リフレクター)の活用で交通事故を防ぎましょう。
>> リフレクター運動
>> 反射材の活用について

亀有交通少年団に入りませんか
【活動内容】
 警察官・団長の指導で、交通安全ボランティア活動やレクリエーションなどを毎月1回(不定期)実施しています。興味のある人は活動日を確認の上、是非一度見学に来てください。交通ルールやマナーを身につけ、やさしさと思いやりをもった交通社会人を目指してみんなで一緒に活動しましょう。会費はありません。
【入団するには】
 団員は、亀有警察署まで活動に来られる(保護者の送迎可)小学生です。
 詳しくは、亀有警察署 交通総務係まで(03-3607-0110)お問合せください。
写真
亀有交通少年団によるイベント活動
>>交通少年団で輝け!


みんなで守ろう交通ルール

交通事故防止活動
〜二輪車ストップ作戦〜
写真

交通安全教室
みなさん、交通ルールを守って下さいね!
写真

〜高齢者キャンペーン〜
 高齢者を交通事故から守るため、駅前や柴又帝釈天などで定期的に反射材を配布しています。
写真

TOPへ戻る