警視庁東村山警察署

HOME >>> 事件 ・ 事故

事件 ・ 事故

管内の事件の概況と発生件数

刑法犯総認知件数は、地域住民の皆様による防犯パトロール活動の活性化、警察官による計画的な街頭活動の強化など、地域一体となった安全安心な街づくりに対する取り組みから、近年その数を減少させています。

しかしながら、最近首都圏で急増しております振り込め詐欺の被害は、当署管内においても被害額が増加しております。警察官が高齢者宅を訪問して、注意を呼びかけていますので、例え息子等家族、親類あるいは税務署等の公務所や銀行員を名乗る者から、電話でお金の要求又は還付金の手数料の支払い要求があったら、まずは警察へ通報をお願いします。

子どもの見守り活動では、管内所在の全公立小学校を対象に、市職員と協働で入学式の一斉警戒を実施するなど、子どもが犯罪に巻き込まれないための活動に取り組んでいます。

例年、年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みなどの時期には長期不在者宅をねらった、空き巣等の侵入窃盗被害が増加します。当署では、これらの期間を前に、広報紙などで侵入窃盗被害防止を呼び掛けていますので、ご一読ください。また、家の防犯対策等で疑問点がありましたら、当署生活安全課防犯係までお尋ねください。

犯罪発生件数(罪種別)

○ 東村山市

○ 清瀬市

犯罪発生件数(町別)

○ 東村山市

○ 清瀬市

侵入窃盗発生件数(手口別)

○ 東村山市

○ 清瀬市

ひったくり発生件数(時間帯別)

○ 東村山市

○ 清瀬市

振り込め詐欺被害額

○ 東村山市

○ 清瀬市




窃盗犯罪認知状況

警視庁ホームページ東京都の区市別刑法犯発生状況へ

管内の交通の概況と交通事故発生件数

管内の交通情勢は、昭和42年11月に全面開通となった新青梅街道のほか、府中街道、所沢街道、小金井街道、志木街道などの主要道路が管内を縦横断しています。新青梅街道を除いては全般的に道路の幅が狭く、又カーブが多いため見通しをを妨げている状況があります。府中街道の踏切での渋滞、人口の急増による交通量増加に伴って交通事情は厳しいものがあります。

当署では街頭指導の強化と幼稚園、小学校、各事業所等への安全教室や職場教養等を行うとともに、高齢者の交通安全意識の高揚のため、御家庭へ訪問し、安全教育などを行い、1件でも事故を減らそうと努めています。

管内の事故の特徴として、自転車が関係する事故が全体の約4割を占めるほか、高齢者の事故が増加傾向にあり、安全確認の不十分、路地などからの飛びだし、一時停止、及び信号無視等が主な事故原因となっています。

道路別では、主要幹線道路より裏路地などの生活道路での事故が大半を占めています。特に歩道が狭い道路が多く、歩行者と自転車の接触等も多いことから、自転車利用者のマナー向上に向けた取り組みに努めていきます。

交通事故発生件数(年別)

○ 東村山市

○ 清瀬市

交通事故発生件数(月別)

○ 東村山市

○ 清瀬市

交通事故発生件数(時間帯別)

○ 東村山市

○ 清瀬市

交通事故死傷者数(状態別)

○ 東村山市

○ 清瀬市



交通事故関与率                                    
                           

○ 東村山市


○ 清瀬市



交通事故発生状況

警視庁ホームページ交通事故発生マップへ