交通事故発生状況
交通事故の特徴 小平署管内の
交通事故発生件数
交通事故の傾向
通り別交通事故発生状況 地域別交通事故発生状況 交通事故防止対策
自転車運転のマナー向上 二輪車を運転する方へ 小平署交通課から
 
交通事故の特徴
 
 小平警察署管内は、東西方向、南北方向に6本の幹線道路が交差する交通の要衝となっていることから、数年来交差点における右折車両と直進車両による事故や交差点での出会い頭による事故が多く発生しています。
 平成26年の交通事故状況は、平成25年と比較し、事故発生件数、負傷者数ともに大幅に減少していますが、自転車と高齢者の関与する事故は、相変わらず多く、人身事故件数全体のそれぞれ約40%と約27%となっております。
ピーポくん
  
小平署管内の交通事故発生件数(当署手集計)
平成25年 平成26年 増減
発生件数 628 518 -110
死者数 1 1 ±0
負傷者数 714 595 -119
 平成26年の交通死亡事故は1件で、横断歩道を横断中の高齢者が自動車にはねられたことによるものです。。
ピーポファミリー
 
交通事故の傾向
 総じて、四輪車と自転車・歩行者を当事者とする交通事故が多く発生しています。また、主要道路別では、青梅街道における交通事故が多く発生しています。
● 通り別交通事故発生状況
グラフ
● 地域別交通事故発生状況 
グラフ
交通事故発生マップ(小平市)(警視庁HP)
このページのTOPへ
 
交通事故防止対策
交通事故の被害者にならない心掛け
 ☆ 反射材の活用を
   
 夕方から夜にかけて、歩行者は昼間と比べてドライバーや自転車などから見て見えにくくなります。夜間の交通事故を防ぐためドライバーや自転車などから見えやすい服装を心がけましょう。反射材を靴や帽子につけると「見える歩行者」になります。
このページのTOPへ

自転車運転のマナー向上
 
安全に安心して利用するため
 
 自転車も車の仲間であることを認識しましょう

 自転車の交通事故が増えています。原因は、交通ルールの無視とマナーの欠如です。平成26年中に小平市内で発生した事故全体の約40%は自転車が関与しています。自転車は、道路交通法により軽車両として、車両の一種であることが定められています。違反により罰則もあり、交通事故を起こすと責任を問われます。
自転車
 
信号機 一時停止 横断歩道
 
 自転車の乗り方について
 平成25年12月1日から「軽車両の路側帯通行違反」が改正になりました。
 従来、自転車は路側帯のどちらでも通行できましたが、
 本改正に伴い、道路の左側の路側帯のみ(車と同じ進行方向)に通行を限定することになりました。
 ※ 場所によって例外もあります。
 詳しくは、自転車の交通事故防止まで
 
しんごうむし 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金
ほこうしゃぼうがい 2万円以下の罰金又は科料
いちじていしいはん 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金・過失罰あり
むとうかうんてん 5万円以下の罰金・過失罰あり
ふたりのり 2万円以下の罰金又は科料
さけよいうんてん 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
傘さし運転等 5万円以下の罰金
携帯電話使用等運転 5万円以下の罰金
 
自転車および歩行者専用
 左は「自転車及び歩行者専用標識」です。補助標識で「歩行者優先」となっている所が多くなっています。
 
交通事故を起こしたら
 
民事上の責任  交通事故によって他人を死亡させたり、ケガをさせたりした場合「損害賠償という形で金銭上の責任が問われます。
 
刑事上の責任  交通事故に対する刑事罰には懲役、禁固、罰金、科料の4種類があります。
 
 
自転車ストップ作戦の写真   自転車ストップ作戦の写真
自転車ストップ作戦
自転車の交通ルールを守ろう
 
警視庁HPリンク 交通安全(事故防止) (警視庁HP)
 Tokyo Safety Rides 〜10ロードプラン〜
 自転車の交通事故防止
◎    危険予測トレーニング

このページのTOPへ

二輪車を運転する方へ
 
 平成26年中の都内における二輪車の事故は、交通死亡事故全体の約26%(警視庁交通部交通総務課統計)と依然として高い割合になっています。二輪車を運転する方へ、交通事故死亡者の損傷部位で頭部に次いで胸部の損傷が大きな割合を占めています。二輪車を乗車するときは、安全のため目立つ服装とプロテクターの着用をお勧めします。
 
二輪車服装 プロテクタ前 プロテクタ後
目立つ服装 プロテクターの着装時
 
このページのTOPへ
 
小平署交通課から
 
 飲酒運転の撲滅を
ハンドルキーパーイメージ
・ お酒を飲んだら絶対に運転はしない。
・ お酒を飲んだ人には車を貸さない。
・ 運転する人にはお酒を出さない。勧めない。
・ お酒を飲んだ人には運転させない。同乗しない。
飲酒運転させないTOKYOキャンペーン(警視庁HP)

飲酒運転の危険性
 身体に取り込まれたアルコールは判断力や注意力、運動能力を低下させます。また、アルコールが運転に及ぼす影響は見た目だけでは分からないものです。飲酒運転は自分の意志、飲酒運転することに「つい」「うっかり」はありません。
  飲酒運転に対し、甘い考えでいると重大交通事故に・・・・・・・・
  【飲酒運転の代償が大きいことを体験してからでは遅いのです】
イメージ
飲酒運転の罰則等について(警視庁HP)
 駐車違反取締り
 小平警察署では、駐車違反の取締り重点路線、取締り重点地区【PDF】を指定して取締りを強化しています。
 
取締り方法
 車両の所有者も違反金を支払う制度があります。
 短時間の放置駐車も取り締まります。
 放置違反金を納付しないと車検が受けられません。
 民間の駐車監視員が放置駐車違反の確認を行います。
 
問合せ先
交通課交通執行係
 
詳しくは警視庁HP「取締り活動ガイドライン」
 
 交通安全教室
 
 小平警察署の交通課では、幼児・生徒、高齢者に対する交通安全教育や事業所を対象に安全運転教育を実施しております。
 
交通安全教育の写真 交通安全教育の写真
事業所での交通安全教育 小学生を対象とした交通安全教育
 
問合せ先
交通課交通総務係

 高齢者の交通事故について

 高齢者の交通死亡事故は平成25年に比べ、減少しています(平成26年中は65人(前年比-7人))が、死亡事故の約38%と依然高い割合を占めています。(警視庁交通部交通総務課統計)

 高齢者の方は、加齢に伴う身体機能の低下から視野が狭くなる傾向があり、これが交通事故にあう原因の1つにもなっています。

 下記の交通安全意識診断を実施してください。
交通安全意識診断
1  私は交通事故にあわない。 はい・いいえ
2  夕方や夜間に出掛けることが多い。 はい・いいえ
3  横断歩道以外の場所を渡ることがある。 はい・いいえ
4  歩行者用信号が青の点滅でも急げば大丈夫。 はい・いいえ
5  横断禁止の標識を知らない。 はい・いいえ
6  反射材はあまり意味がない。 はい・いいえ
イラスト
診断結果
「はい」が 3つ以上 ・・  大変危険です。交通ルールを守ってください。
2つ ・・・・・・  危険です。正しいルールを身につけましょう。
1つ ・・・・・・  気をつけて。思わぬところに落とし穴があります。
なし ・・・・・・  これからも交通ルールを守りましょう。

高齢者の交通安全情報 ピーポくんファミリー
防ごう!高齢者の交通事故!(警視庁HP)
 

 二輪車安全運転教室
 
サンデーバイクスクール(保険料として100円・初心者歓迎)

日  時 毎月第3日曜日午前9時から(約3時間)

※ 毎年2月11月はお休みです
場 所 小平市小川町1-2364
新東京自動車教習所
参加人員 人数制限はありません。
内   容
白バイ隊員と二輪車安全普及協会の指導員による指導
 ・1本橋走行
 ・スラローム走行 他
サンデーバイク
写真 写真
写真 写真
実施状況
備 考 雨天時は中止です(当日8時30分までに決定)
都合により中止する場合がありますので事前に確認してください。
問合せ先
交通課交通総務係
 
このページのTOPへ

トップページへ