震災対策
 
小平市の概要 大地震に備えて 避難場所
震災時の交通規制 備蓄しておくと良い物 非常持ち出し品チェック表
 自主防災組織    
 
titlesigaiyou
 
面積及び地形
 
 小平市は東西に長く、ほぼ平坦(へいたん)で起伏の変化がほとんどありません。大きな河川はなく、わずかに武蔵野台地(鈴木町1丁目)付近を源流部とする石神井川が花小金井南町地域を流れています。
 
小平市地図
東  西 9.21km
南  北 4.17km
周  囲 48km
面  積 20.46km2
標  高 70〜80m
 
地質
 
 小平市は、関東山地の東麓(とうろく)から東京の山の手へかけて広がる武蔵野台地のほぼ中央に位置しており、地表から約10mは赤土の層(関東ローム層)であり、その下には厚さ8〜18mの砂礫(されき)層になっています。
 
大地震に備えて
 
非常持ち出し品の準備
 
大地震に備えて、非常用持ち出し品や脱出用の道具などの備えが大切です。下の表を参考にして、自宅にある物をそろえておきましょう。
 
 ☆ 食料と飲料水は最低3日分、飲料水は1人1日3リットルが目安です。
 
 
備蓄しておくとよい物
品目 チェック 品目 チェック
紙製下着   水のいらないシャンプー  
紙おむつ等   家庭用組立式簡易トイレ  
生理用品   テントと寝袋  
毛布   使い捨てカイロ  
ポリタンク又はバケツ   消火器  
台所用ラップ   卓上コンロ  
使い捨て紙食器      
 
 
非常持ち出し品
品目 チェック 品目 チェック 品目 チェック
飲料(ミルク等)   靴、厚手の靴下   マッチ又はライター  
飲料水   身分証明書、印鑑   ローソク  
携帯ラジオ   現金   多機能ナイフ  
懐中電灯と予備電池   公衆電話用10円硬貨   アルミ製保温シート  
ヘルメット   マスク   厚手のビニールシート  
革製手袋又は軍手   タオル、ちり紙   家族写真  
衣類   ウエットティッシュ   筆記用具  
雨具     ロープ  
 
家族と避難先や連絡方法
 
 一時避難場所、避難場所を確認し歩いてみましょう。
 家族みんなで避難先や連絡方法などを相談しておきましょう。
 NTTの「災害用伝言ダイヤル」を覚えて活用しましょう。
録音〜171+1+市外局番+自宅の電話番号
再生〜171+2+市外局番+自宅の電話番号
 隣近所と相談したり地域の防災活動に進んで参加したりしましょう。
 勤め先では、帰宅時に困難が予想されます。
 
帰宅困難者心得10か条
1 あわてず騒がず、状況確認 6 事前に家族で話し合い 家族
2 携帯ラジオをポケットに 7 安否の確認
3 帰宅地図を作っておこう 8 歩いて帰る訓練を
4 ロッカーには運動靴を 9 季節に応じた準備
5 机の中に簡易食料を 10 声を掛け合い、助け合おう
 
このページのTOPへ
 
 
避難場所
 
区分 名称 所在地
一時避難場所   中島町公園 中島町20
創価学園第一グラウンド 上水新町2-20
上宿小学校 小川町1-327
小平第十二小学校 小川町1-464
都立小平西高グラウンド 小川町1-502
小平第五中学校 小川町1-798
白梅学園グラウンド 小川町1-830
小平第一小学校 小川町1-1082
小平第十五小学校 小川町2-1136
小平第十三小学校 小川西町1-22-1
明治学院グラウンド 東村山市富士見町1-12-3
東村山市立東村山第一中学校 東村山市富士見町1-5-2
東京障害者職業能力開発校
グラウンド
小川西町2-34
職業能力開発総合大東京校
グラウンド
小川西町2-32
小川西町防災広場
(小川西グラウンド)
小川西町5-8-1
小平第二中学校 小川東町1-17-11
小平第六小学校 小川東町3-1-2
ブリヂストン南グラウンド 小川東町3-3
小平元気村おがわ東 小川東町4-2-1
萩山公園グラウンド 小川東町4-4-1
小平第四小学校 学園西町1-34-1
一橋大学グラウンド 学園西町1-29-1
小平第四中学校 学園西町1-3-1
小平第十小学校 上水本町4-4-1
都立小平南高校グラウンド 上水本町6-12-1
小平第十四小学校 仲町33
都立小平高校グラウンド 仲町112
小平第一中学校 仲町506
小平第二小学校 仲町310
学園東小学校 学園東町2-15-1
国土交通大学グラウンド 喜平町2-2-1
警察学校グラウンド 喜平町2-5-1
上水中学校 上水南町1-7-1
情報通信研究機構グラウンド 上水南町4-2
小平第三小学校 回田町118
小平第九小学校 鈴木町1-82
小平第三中学校 鈴木町1-311
鈴木小学校 鈴木町1-450
小平第八小学校 鈴木町1-355
小平第七小学校 大沼町1-22
小平第六中学校 大沼町6-4
東京ガス武蔵野苑 大沼町4-31
丸井総合グラウンド 花小金井8
小平第十一小学校 花小金井4-16-1
小平第五小学校 花小金井6-24-1
花小金井南中学校 花小金井南町1-9-1
花小金井小学校 花小金井1-35-1
天神グラウンド 天神町1-175
区分 名称 所在地
広域避難場所   都営小平霊園 東村山市萩山町1-16-1
小金井カントリークラブ 御幸町331
都立小金井公園 花小金井南町2・3丁目
市立中央公園 津田町1-1-1
独立行政法人情報通信研究機構
東京サレジオ学園
東京学芸大学        一帯
上水本町4付近一帯
けやき公園
都立小平南高校 
上水本町6付近一帯 
 
 
自主防災組織 
〜「自助」・「共助」〜 
 
○ 自主防災組織を結成しましょう。

   地震発生時は、一人一人が取り組む「自助」、町会などの自治体や企業、団体で力を合わ
 せる「共助」が不可欠であり、みんなで助け合って救助に当たることが必要です。
 
   過去をみても、生き埋めにされたり建物等に閉じ込められたりした方の多くが、自力また
 は家族や隣人によって救出されています。
 
   
   大震災が発生した直後は、防災機関による対応が困難なこともあり、地域住民がお互い
 助け合い、人命救助や消火に当たることが被害をより少なくすることにつながります。
 
   自治会、町内会などの地域性を活(い)かして、自主防災組織を結成し、地域防災力を高
 めましょう。 
 
※ 小平市には、おおむね100世帯以上で構成され、毎年1回以上の防災訓練を実施する組
 織を対象とした自主防災組織補助金交付制度があります。
 
 
○ 自主防災組織の機能を強化しましょう。

   災害が発生した場合、自主防災組織は情報を収集して地域住民に迅速に伝え、初期消火
 活動、
被災者の救出や避難誘導、避難所の運営などの役割を担います。 
 
自主防災組織があわてず効果的な防災活動を行うために役割分担を決めましょう
 
 1 避難する際、各地区をまとめる避難リーダー
 2 防災機関との連絡、避難者名簿の作成、避難者への情報周知や伝言板の設置運営を行
  う情報広報班
 3 避難所の安全点検、避難所のレイアウトやトイレの確保などを行う施設管理班
 4 救護所の開設、応急手当の実施、被災者の救出を行う救出救護班
 5 水や食糧の配付、生活物資などの配布や炊き出しの実施などを行う給食給水班
 
 自主防災組織の活動を円滑に行うためには、組織の位置づけや体系、役割分担を明確にしておくことが重要です。
このページのTOPへ
 
 
 
警視庁HPリンク 地震に備える(警視庁HP)
 地震のときはこうしよう
 大震災(震度6弱以上)発生時の交通規制
 
警視庁HPリンク 小平市役所ホームページ
 
このページのTOPへ


 
 
トップページへ