小金井警察署

交通安全

交通事故発生状況

管内の交通人身事故発生状況
 
1 小金井警察署管内の交通事故発生状況年次別推移
  ※ 死亡事故が 2件 発生し、重傷者数が前年より増加した。発生件数及び軽症者数は減少した。
   
発生件数
平成24年 679
平成25年 568
平成26年 444
平成27年 436
平成28年 398
死 者 数 重傷者数 軽傷者数
平成24年 3 5 751
平成25年 1 3 627
平成26年 2 2 482
平成27年 2 2 476
平成28年 2 10 455
(平成28年)
(注記)署の管轄区域及び市境における事故発生状況により、市別の合計数との誤差が生じています
2 小金井市・国分寺市の交通事故発生状況
(1) 総数
  ※ 前年比 件数 -38件、重傷者+8人、軽症者-16人  
発生件数 死 者 数 重傷者数 軽傷者数
平成27年 小金井市 218 2 0 242
国分寺市 217 0 2 233
合 計 435 2 2 475
平成28年 小金井市 191 1 6 222
国分寺市 206 1 4 237
合 計 397 2 10 459
前 年 比 -38 0 8 -16
(平成28年)

 (2) 当事者別 【人数】
  ※ 自転車・四輪事故が多い
四輪 自二 原付 自転車 歩行者 その他 合計
小金井市 死 者 0 0 0 1 0 0 1
重傷者 0 2 0 4 0 0 6
軽傷者 84 12 14 81 30 1 222
国分寺市 死 者 0 0 0 1 0 0 1
重傷者 0 1 0 3 0 0 4
軽傷者 89 16 7 82 41 2 237
合 計 死 者 0 0 0 2 0 0 2
重傷者 0 3 0 7 0 0 10
軽傷者 173 28 21 163 71 3 459
(平成28年)

(3) 年齢層別 【人数】
  ※ 20代、30代、40代の事故が多い 
子供 中卒〜19 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60〜64歳 高齢者 合計
小金井市 死 者 0 0 0 0 0 0 1 0 1
重傷者 1 1 1 0 2 0 0 1 6
軽傷者 16 11 44 32 49 31 10 29 222
国分寺市 死 者 1 0 0 0 0 0 0 0 0
重傷者 0 0 0 0 2 0 0 2 4
軽傷者 18 12 44 40 44 34 10 35 237
合 計 死 者 1 0 0 0 0 0 1 0 2
重傷者 1 1 1 0 4 0 0 3 10
軽傷者 34 23 88 72 93 65 20 64 459
(平成28年)

(4) 子供の事故 【人数】
  ※ 小学生の自転車事故と歩行中の事故が多い
(平成28年)

(5) 自転車の事故 【人数】
 
(平成28年)

(6)二輪車の事故  【人数】

(平成28年)

小金井市 国分寺市 合  計
原付(含同乗者)の負傷者 14 7 21
自二(含同乗者)の負傷者 12 16 28
小     計 26 23 49
全 負 傷 者 222 237 459
構 成 率 11.7% 9.7% 10.7%
(平成28年)

(7) 月別 【件数】
  ※ 10月、12月が多い

(平成28年)

(8) 時間帯別 【件数】
  ※ 午前8時〜10時と午後2時〜4時が多い
 
(平成28年)

このページのトップへ戻る
(9) 小金井市町名別 【件数】
(平成28年)

(10)国分寺市町名別 【件数】
(平成28年)
 
イラスト
高齢者の交通事故防止(リフレクター着用推進キャンペーン)
写真 写真
反射材(リフレクター)の普及浸透キャンペーン
 高齢者交通安全モデル地区(小金井市本町5丁目)を設定し、高齢者の交通事故防止を呼びかけています。
 平成28年中、高齢者の交通事故は64件あり、反射材(リフレクター)着用促進キャンペーン等を通じて交通事故にあわないように呼びかけています。夜間の外出は、目立つ服装や反射材をつけて車やバイクから目立つようにしましょう。

自転車の交通事故「0」(ゼロ)をめざして

写真 写真
スタントマンを活用した自転車実技教室 安全運動フェスティバルでの自転車安全教室
 平成28年中、小金井警察者管内での自転車利用者の負傷者は163人で、全体の26.2%を占めています。
 このため、自転車運転者のマナー向上と事故防止について、キャンペーンや講習会、小・中・高・大学での交通安全教室を実施しています。
このページのトップへ戻る

二輪車の交通事故「0」(ゼロ)をめざして

写真 写真
原付・二輪車交通安全教室
 平成28年中の小金井警察署管内での原付、二輪車利用者の負傷者数は49人で、10.6%を占め、若干ですが減少しています。
 二輪車の交通事故を防止するため、東八道路の南中西交差点を「二輪車交通安全モデル交差点」に指定し、「二輪車ストップ作戦」等を実施しています。
 二輪車の交通事故を1件でも減らすことを目的として、交通安全教室を開催するほか指導・取締りを強化しています。

 ※ 「二輪車ストップ作戦」とは、二輪車の運転者に対しヘルメットやプロテクターの結着状況等を指導  し、二輪車の交通事故防止を図るための活動をいいます。

違法駐車「0」(ゼロ)をめざして
 下記の路線、地域を重点に取締り活動を推進しています。
 ただし、違法駐車の状況、駐車の苦情、交通事故の発生状況等を踏まえ、その他の場所においても必要に応じて違法駐車の取締りを行っています。
【重点路線】
重点路線

【重点地域】
重点地域
※ 重点路線、重点地域は四輪・二輪を問わず
このページのトップへ戻る

交通安全教育・講習会
写真 写真
シートベルトコンビンサーを活用した体験教室 中学校における安全教育
 管内での交通事故を1件でも減少させるため、要請場所へ出向いての出前型の交通安全教室や講習会を事業所・小学校等で随時開催し、皆さん一人ひとりに交通事故防止を呼びかけています。

交通少年団員の募集
写真 写真
国分寺まつりにおける活動状況 ボーリング大会
写真 写真
第八方面交通少年団イベント参加 自転車マナーアップキャンペーン
 各種キャンペーン活動及び市民祭り、大運動会、餅つき、芋掘り、座禅(朝がゆ会付き)、クリスマス会等の楽しいイベントを通じて、やさしさと思いやりを持った子供に育てます。

 原則として小学生が対象ですが、詳細については、下記にお問い合せください
【安全教育・講習会の要請や交通少年団の問合せについて】
小金井警察署 交通課
042-381-0110 (小金井警察署代表)

イラスト
スピードは控えめに、車間距離は十分にとり、
ゆとりのある運転を心掛け、交通事故防止に努めましょう。
交通事故夕暮れ時、夜間の交通事故防止へイラスト
このページのトップへ戻る
交通事故
トップページへ