三鷹警察署
ピーポくん MPS
 
トップページ
警察署の紹介
交通安全
交番紹介
災害対策
お知らせ
 
警視庁HPへ
・ 警察署一覧
 
 三鷹市の犯罪発生状況(平成27・28年)
 
空き巣被害状況 ひったくり被害状況
車上ねらい被害状況 特殊詐欺被害状況
 
窃盗犯罪認知状況
 
【空き巣被害状況】
 
1.空き巣被害地域別被害状況
グラフ
(平成27・28年 当署集計)
2.空き巣被害の特徴 
犯人は、
泥棒に入る家を事前に下見し、家人がいない時間帯をねらって侵入します。  写真
手口は、無締りのドアや窓から侵入するほか、ベランダや居間の掃き出し窓のガラスをドライバーなどでこじ破って侵入するという手口が多く発生しています。
   
3.空き巣被害対策
センサーライト・防犯カメラ(録画機能付)を設置しましょう。 
ワンドア・ツーロック!ドアや窓には補助錠を取り付けましょう。 写真
合わせガラスや防犯フィルムを窓に貼りましょう。
トイレ・風呂等の小窓についても必ず鍵をかけましょう。
短時間の外出であ っても、必ず鍵を掛けましょう。
家を長期間留守にする際は、隣近所の方に一声掛けましょう。
自宅の玄関、中庭等、夜間暗くなるところには照明を設置し早めの点灯に心掛けましょう。
不審者を見かけたら、ためらわずに110番をしましょう。
空き巣の防犯対策へ

 
【ひったくり被害状況】
 
1.ひったくり被害地域別被害状況
グラフ
(平成27・28年 当署集計)
2.ひったくり被害の特徴 
犯人の多くは、バイクを使用しています。
 
手口は、背後から近づき、隙をついてサッとバッグなどをひったくります。
また、昼夜を問わず犯行に及んでいます。
 
無理やりひったくられ、転倒して怪我をした人もいます。
高齢の女性の被害が多数を占めていますが、最近若い女性の方の被害も増加しています。
 
3.ひったくり被害防止3つの用心
後方からバイクのエンジン音がしたら、確認しましょう。
歩くときは、バッグを建物側に持ちましょう。
自転車の前カゴには、防犯ネットを着けましょう。
※平成28年中、三鷹市内でひったくり被害はありませんでした。
ひったくり被害にあわないために
 このページのTOPへ

  
【車上ねらい被害状況】
 
1.「車上ねらい」とは
自動車の積荷や車内の金品、又は自転車のカゴ等から荷物を盗む手口をいいます。
2.車上ねらい犯罪地域別被害状況
グラフ
(平成27・28年 当署集計)
3.車上ねらい被害の特徴
被害場所の多くは、駐車場内です。
盗まれた物には、現金のほかにバッグ、カーナビ、ゴルフバッグなどもあります。
買い物中、自転車カゴに置いたままの荷物が盗まれるケースもあります。
 
4.車上ねらい被害対策
外部から見えるところに荷物を置かないようにしましょう。(わずかな時間でも油断してはいけません。)
短時間の駐車でも必ず鍵をかけましょう。 
少しの間でも荷物は持ち歩きましょう。
自動車盗、車上ねらいの被害にあわないために
 このページのTOPへ

 
【特殊詐欺被害状況】
 
1.「特殊詐欺」とは 
特殊詐欺とは、オレオレ詐欺、還付金詐欺、架空請求詐欺などの振り込め詐欺と振り込め類似詐欺(未公開株の取引、ギャンブル必勝情報、異性情報の斡旋などの方法により現金等をだましとる詐欺)をいいます。
「特殊詐欺」(警視庁HP)はこちら
 
2.特殊詐欺被害地域別被害状況
 グラフ
(平成27・28年 当署集計)
3.特殊詐欺被害発生(認知)状況 
三鷹市内(三鷹署管内) 平成28年 30件(前年比+6件)
  (1)上半期(1月〜6月)
グラフ
(平成27・28年 当署手集計)
(2)下半期(7月〜12月)
(平成27・28年 当署手集計)
平成28年中の被害額
三鷹市内(三鷹署管内)
1億1,552万4,190円 計30件 (前年同期比 -1,053万1,288円)
グラフ
平成28年は平成27年に比べ、被害総額は減少しているものの被害件数は増加しており、また、連日アポイント電話がかかってきているなど予断を許さない状況です。
被害の態様にあっては、息子等親族を騙って現金を騙し取るオレオレ詐欺が最も多く、全体の7割を占めています。また、警視庁全体を見ると「名義貸し」、「個人情報漏洩」、「インターネット料金未納」等の名目でお金を騙し取る架空請求詐欺の被害が増加しています。
グラフ
グラフ
※架空請求の手交と郵送は1件の被害によるもの
平成28年中の特殊詐欺における被害の7割が現金の手交(手渡し)です。

4.特殊詐欺被害の特徴 

オレオレ詐欺
息子や孫を装って「風邪をひいて声が変わった」、「携帯電話をなくした」、「携帯電話の番号が変わった」という電話の後に・・・
「会社のお金が入ったカバンを電車に置き忘れた。」
「風邪をひいて病院に行き、カバンを盗まれた。」
「会社のお金を横領して株をやっていた。監査が入って会社をクビになる。」
などと言ってお金を騙し取ろうとします。
還付金詐欺
市役所や社会保険事務所の職員を装って、
「医療費や年金の還付がある。」
等と言い、近くの無人ATM、コンビニエンスストア設置のATMに誘い出し、携帯電話で指示しながら、指定した口座に振込ませます。
決してATMを操作しても還付金は戻りません。
架空請求詐欺
架空請求詐欺の手口は多種多様で、一概には言えませんが、多いものとして「老人ホームに入居する権利が当たったので名義を貸してください。」と甘い言葉にのせられて名義を貸すと…
「名義貸しは違法だ。裁判にかけられたくなければ示談金が必要だ。」と脅され、更に「家族にも迷惑がかかる。誰にも話しちゃダメ。」と追い討ちをかけられて金を払うことに…
個人情報漏洩
「あなたの個人情報が漏れています。削除のための手続き費用が必要です。」
インターネット料金未納
「有料サイトの料金が未納です。利用料金を支払わなければ民事訴訟を起こします。」
などと電話またはメールをしてきます。
 
5.特殊詐欺被害対策
まずは詐欺の電話には出ないことが一番です。電話機に相手の番号が表示されるナンバーディスプレイサービスに加入し、在宅中でも留守番電話に設定しましょう。
(いつでも家族に連絡を取れるよう家族の携帯電話番号や勤め先の電話番号を電話機の近くに貼っておくと安心です。)
少しでもおかしいと思ったら、ひとりで悩まず、必ず、家族や警察に相談しましょう。

 平成28年中、詐欺の電話に騙された方が市内の金融機関の窓口やATMなどで現金を用意する際、金融機関の職員からの通報により被害を未然に防ぐことができた件数は30件あり、その被害防止総額は、約7,500万円でした。
 三鷹警察署では、市内の各金融機関と連携し、高額の現金を払い戻すお客様に使途理由などを確認させていただくことがあります。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。


 振り込まない、手渡さないで110番
振り込め詐欺の被害にあわないために
 このページのTOPへ