八王子警察署 TOP所在地図概要交番案内窓口案内犯罪抑止交通安全管轄区域忘れられない 事件です震災対策


                                                        
           ~はじめに~


   東日本大震災では、東京都内においても震度5強の強い揺れにより、死者
  負傷者、建物損壊等の被害発生に加え、帰宅困難者など大都市ならではの
  混乱が発生しました。しかし、時の経過とともに震災に対する
意識の希薄化
  が懸念されています。
   政府の地震調査研究推進本部では、南関東で直下型大規模地震が発生
  する確立を
「30年以内に70%」と公表しており、いつ・どこで大地震が発生し
  てもおかしくありません。大地震が発生した時、身を守るため、そして、一人
  でも多くの命を救うためには、防災の三助
「自助」 「共助」 「公助」が不可欠
  です。
   ふだんから地震に対する意識を持ち、いざという時に備えておきましょう。

 















 

☆ 我が家の防災チェック

○ 屋内
・ タンス、家具等は倒れないように固定しましょう。
・ 出入口付近や廊下等に物を置かないようにしましょう。  など
○ 屋外
・ 壁にひびが入っていないか。  など


☆ 非常食などを準備しておきましょう

○ 生活用品など
・ 食料、飲料水(1人1日3ℓが目安)は最低3日分用意しましょう。
・ 衣類、タオル、ウェットティッシュ、トイレットペーパー、軍手、マスク
  懐中電灯、医薬品  など
○ 貴重品
・ 現金、身分証明書、印鑑  など
○ 情報収集用品
・ 携帯ラジオ、携帯電話と充電器、筆記用具  など


☆ 家族で避難先や連絡方法を確認しておきましょう
○ 家族で一度、避難先を目と足で確認しておきましょう。
○ NTTの
「災害用伝言ダイヤル」を活用しましょう。




  


☆ 防災訓練などに参加しましょう
○ 八王子市では、消防団、消防署、警察、自衛隊や町会、自主防災組織及び企業団体と一体で、発災対応型の総合防災訓練を実施しています。








一時避難場所
避難場所へ避難する前に、避難者が一時的に集合して様子を見る場所
【市立の全小・中学校、市内の全都立高校等(120カ所)】 

避難所
家の倒壊・焼失などにより、自宅で生活できなくなった人たちがしばらく生活する場所
【市立の全小・中学校、市内の全都立高校、市民センター等(137カ所)】
広域避難場所
火災等の危険から、避難者の生命を保護するための場所
【大規模公園や大学のキャンパス等(12カ所)】






   
◇詳しくは、警視庁ホームページ(地震のときはこうしよう)
       八王子市役所ホームページ(もしものときのために・防災情報)
八王子警察署 TOP所在地図概要交番案内窓口案内犯罪抑止交通安全管轄区域忘れられない 事件です震災対策