シンボルマーク

トップページ
 
署の概要
 
犯罪抑止対策
 
交通安全
 
山岳救助隊
 
交番・駐在所案内
 
お知らせ
 

・警視庁ホームページ
 
・警察署一覧
 
ピーポくん
警備・山岳救助隊


山岳事故をなくすために

  五日市署山岳救助隊は、昭和37年4月1日に発足し、隊長以下15名で編成されています。

  山岳救助隊の活動(任務)は、山岳地帯における遭難者の救出救助、行方不明者の捜索や登山者に対する広報(事故防止)などを中心に、土砂災害、水難事故等にも及んでいます。
写真
  訓練は、毎月の基本訓練のほか、隣接の青梅・高尾署山岳救助隊、第七機動隊山岳救助レンジャーなどと合同で、日々研鑽(けんさん)に努めています。

  また、JR武蔵五日市駅前などで、登山者に対する遭難防止のための留意点指導、事故防止パンフレットの配布などの広報活動や、山岳パトロールに際しては、案内看板の設置・修繕、登山道をふさぐ倒木の撤去等、危険箇所の点検を実施しています。


山岳遭難事故発生件数

 


 No 山岳名 目的 原因 負傷 年齢 人員 出動回数
 1 1月 払沢の滝  散策  足滑らせ  重傷  40代  1名  1回
 2  大岳山  登山  ハーケン抜け  重傷  60代  1名  1回
 3 2月  大岳山  登山  アイスバーン  重傷  60代  1名  1回
 4 4月  三頭山  登山  道迷い  無傷  50代  1名  1回
 5 7月  日の出山  その他  滑落  軽傷  40代  1名  1回
 6  高岩山  登山  道迷い  無傷  50代  2名  1回
 7 9月  大岳山  登山  道迷い  無傷  10代  8名  1回
 8  金比羅山  登山  道迷い  無傷  30代  2名  1回
 9 11月  日の出山  登山  疲労  無傷  60代  1名  1回
 10  馬頭刈山  登山  道迷い  無傷  20代  2名  1回
 11 12月   臼杵山  登山  道迷い  無傷  70代  1名  1回
 12  大岳山  登山  その他  無傷  70代  1名  1回
 13  大岳山  登山  滑落  重傷  70代  1名  1回

                 (平成27年当署手集計)


山岳救助隊からのお願い

安全な登山のために
1 エスケープルート(万が一の逃げ道)は考えていますか?
2 気象情報に注意をしていますか?(ラジオなど)
3 緊急事態のための医療装備はお持ちですか?
4 緊急時の連絡手段は用意しましたか?(携帯電話、無線機など)
5 服装や履き物の再点検、それから食料を多めに用意しましたか?
6 家族や知人に行き先を知らせていますか?
7 体調は十分ですか?
8 山を知っている人はいますか?

登山者カードを提出しましょう
 登山者カードの提出により、万が一の遭難事故などの場合、登山ルートと同行者がわかり、救助活動をスムーズに行うことが出来ます。
 これまでに登山者カードの提出により、無事に救出されたという事例が数多くあります。
 登山者カードの提出は、あなたの命を守ります。必ず提出してから登山しましょう。

登山者カードの備え付け場所
五日市警察署
五日市駅前交番と五日市署管内の各駐在所
都民の森(投函)
JR武蔵五日市駅構内(投函)

簡易登山者カード(PDF)都内のみ こちらから PDF


 テロを許さない街づくり


国際テロの脅威

 ISIL(いわゆるイスラム国)等のイスラム過激派組織によるテロやホームグローン・テロリスト、ローン・ウルフによるテロが世界各地で発生しています。テロの標的として、人が多く集まり比較的警備が手薄なソフトターゲットが狙われている傾向があり、多くの犠牲者が出ています。
 また、ISILやアル・カーイダはテロの標的としてわが国を名指ししており、日本国内におけるテロの脅威が高まっています。

平成27年に発生した主な国際テロ事件等
日時  発生国 事件概要 
 1月7〜9日 フランス  首都パリ及びその近郊において、雑誌社等を狙った連続テロ事件が発生し、17人が死亡。
 2月1日 シリア  ISILの戦闘員により邦人が殺害される映像がインターネット上で配信される。
 3月18日 チュニジア  首都チュニスにある博物館で、武装した犯人の襲撃により、邦人3人を含む外国人観光客等22人が死亡。
 8月17日 タイ  首都バンコク中心街のエワラン廟で、爆弾が爆発し、20人が死亡。邦人1人を含む約130人が負傷。
 10月10日 トルコ  首都アンカラにおいて、2件の連続爆弾テロが発生し、少なくとも102人が死亡、約204人が負傷。
 11月13日 フランス   首都パリ及びその近郊において、競技場や劇場等を狙った同時多発テロが発生し、130人以上が死亡。

 国内においても、11月23日、新嘗祭が行われていた靖國神社の公衆トイレ内に仕掛けられた爆発物が爆発するという事件が発生しました。 


テロの未然防止に向けた警察の取組

 警察ではテロを未然に防止するために、関連情報の収集、不審物情報の分析、官民一体となった各種訓練、重要施設の警戒警備等の対策を実施しています。
 五日市署でもテロに備えた訓練を実施しました。今後も東京オリンピック・パラリンピックの開催等を見据えた対策を実施していきます。

テロ対策訓練の様子

写真

 犯人制圧逮捕訓練

写真

 NBCテロ対策部隊による不審物件の除去訓練

 NBCテロとは、N(Nuclear・核)B(Biological・生物)C(Chemical・化学)物質を使用したテロをいいます。


お願い

 警視庁では、4年後に開催を迫った東京オリンピック・パラリンピックに向けて、テロ等の犯罪を未然に防ぐため、住民のみなさまにご協力をお願いしています。

近所の家から異臭(薬品の臭い等)がする(爆弾?)
多くの薬品等のビン類をごみとして出している(爆弾?)
生活感がなく、近所付き合いがほとんどない(テロリスト等のアジト?)
不審な外国人や見知らぬ人が頻繁に出入りしている(アジト?)
等、少しでも不審に思ったことについては、ためらわず110番通報をお願いします。
テロ対策東京パートナーシップ
 国際テロの脅威         

もどる