沿革 交番・駐在所 犯罪情勢 交通安全 パートナーシップ アクセス お知らせ 町警だより

町田警察署犯罪情勢
内容

1 町田警察署全刑法犯認知件数と犯罪情勢
2 「母さん助けて詐欺」(特殊詐欺)の現状と対策
3 性犯罪に注意!
4 侵入等について
5 ひったくりに気を付けて!
6 オートバイ盗・自転車盗・車上ねらいの防止
7 「メールけいしちょう」の登録を!

1 町田警察署全刑法犯認知件数の推移と犯罪情勢
刑法犯認知件数
 上のグラフは、平成21年から27年までの町田警察署管内における刑法犯認知件数の推移です。
 刑法犯の認知件数は年々減少をたどっており、平成21年と比較しても、平成27年の認知件数は約3分の2となっています。
 この結果は、皆さんの防犯意識の向上の現れでありますが、犯罪の種類によっては必ずしも減少しているものばかりではありませんし、継続して対策にあたらなければならないものもあります。


2 「母さん助けて詐欺」(特殊詐欺)の現状と対策
(1)発生推移
特殊詐欺認知件数  左のグラフは、町田署管内の平成24年から平成27年の「母さん助けて詐欺」等の特殊詐欺認知件数を表したものです。
 年々増加していましたが、平成27年は20件ほど減少しています。
 これは皆様が特殊詐欺の手口を知り冷静に対応したことや、留守番電話対策などの防犯対策によって減少したと思われます。
 しかしながら、平成24年の倍近く発生している状況、さらに平成27年の被害金額は、約1億4,000万円となっており、予断を許さない状況は続いています。
(2)昨年のアポ電入電状況と未然防止状況(アポ電…詐欺の前兆となる電話)
 右の図は、平成27年の特殊詐欺の被害発生状況を富士山の絵に模して表したものです。
 被害発生件数の多さとともに注目していただきたいのは、これを上回る「金融機関や一般の方による未然防止件数」です。
 金融機関においては窓口の職員の方々が、数いる顧客の中から、詐欺の被害に遭いつつある方を「プロの目」で見抜き、積極的に声を掛け、その被害を未然に防止していただいた結果です。
被害発生状況
         クリックして拡大
電話 特殊詐欺の手口を知っていた一般の方が気付いてくださり、被害を未然に防止したという事案もありました。
 また、「富士山」の下の方に視線を移していただくと、110番等による通報や通報に至らない場合を含めると、表面上の数字を遙かに超える多さの「アポ電」が皆さんの居住する地域にかかってきていることが分かります。
 このように見ていくと、「母さん助けて詐欺」(特殊詐欺)は決して対岸の火事ではなく、いつ皆さんの平穏な生活を脅かすか分からない犯罪であるということが感じていただけると思います。
(3)現在、多く見られる手口について
(町田署管内発生の主なもの)
ア オレオレ詐欺
詳しい手口はこちら→ 息子さんなどを装い、前もって「家にいるか」「連絡がある」などと申し向け、被害者を家にとどめておく電話をしてきたりもします。

「気づき」のためのキーワード

「カゼのせいで、のどの調子が変(声が変わった)」
「携帯電話の番号が変わった」
「かばんを○○でなくした」
「代わりの者が取りに行く」
「現金と言わず書類と言って渡して」
イ 還付金詐欺
 主に「市役所(社会保険事務所等)の○○です。医療費(保険料・税金)の還付金があります。」と言った内容の電話があります。
詳しい手口はこちら→
注意喚起
「気づき」のためのキーワード

「以前送った通知は見ましたか」
「期限がせまってきています」
携帯電話キャッシュカードを持ってATMコーナーへ」
「こちらの言うとおりATMを操作してください」

※還付金がATMで返還されることはありません。
ウ 名義貸し詐欺
 はじめに「□□さんには特別な権利があります。□□さんの名義だけ貸していただけませんか」と続ける。
詳しい手口はこちら→

「気づき」のためのキーワード
「○○が購入できます」「○○の権利があります」
名義だけ貸してください
「名義貸しは犯罪ですよ」
「取引の実績を作れば大丈夫」
「大変なことになる前に郵送で入金をしてください」

※ 「悪いことをしてしまった」という意識が働き、通報が遅れてしまい、多額の被害が出ることも。
※ 現金を郵送させる手口もありますが、現金を郵送することは法律に違反します。


◎いずれの場合であっても、このような電話がかかってきた場合は警察署(町田警察署 042-722-0110)にご連絡ください。
(4) 対処法
 「母さん助けて詐欺」をはじめとする「特殊詐欺」はいろいろな手口があり、すべての事例を紹介することは難しい状況です。
 また、こうしている間にも新しい手口が生まれているかもしれません。

 ひとつの方法として、ご自宅の電話機の「留守番電話機能」を使用する方法をご紹介しましょう。

 「留守番電話」は、主に家を留守にするときに使用するものですが、この機能を在宅中もずっとつけておくだけで詐欺の予防になります。
 理由としては、悪い考えを持っている人(詐欺犯人など)は、自分の声が録音されるのを嫌うためです。
留守番電話
 もちろん、本当に用事のある方は録音で記録を残しますから、その声を聞いて、知っている人であることを確認してから出ていただいても、十分間に合います。

 仮に、留守録に変な内容の電話が入っていても、一度よく考える時間ができるので、落ち着いて対処(警察に通報など)ができます。

 ぜひとも、この「留守番電話作戦」で、詐欺の被害防止に努めて頂きたいと思います。
<おしらせ>
 「特殊詐欺被害撲滅アクションプログラム・東京」参加企業の募集について
◎ 「職場で学んで、親子で訓練」
 警視庁では東京都、経済団体、労働団体、暴追・防犯団体、高齢者団体と相互に連携し、「特殊詐欺根絶アクションプログラム・東京」というプログラムを実施しています。同プログラムではオレオレ詐欺の仕組み親心スイッチをオフにするために息子・孫と親・祖父母で実施する電話訓練の教材などをeラーニングで提供しています。(インターネットに接続できるPC、スマホがあれば「いつでも」「どこでも」「簡単に」利用可能)
 参加は、企業・団体単位で受け付けております。企業・団体の経営者・代表の皆さん、従業員とその家族を守るため、ご参加ください。お勤めの方はお勤め先の社長、代表の方や総務、福利厚生部門の方に会社での参加を働きかけて頂きますようお願いいたします。詳しくは、警視庁ホームページに掲載しています

【参加募集案内】はこちらから

動画ライブラリー【警視庁詐欺対策必勝3分講座】も是非ご覧ください。

犯罪抑止対策本部開設のYouTubeでもご覧いただけます。

3 性犯罪に注意!
(1)発生推移
性犯罪発生推移左のグラフは、町田署管内で起こった「性犯罪」の認知件数の推移を表したものです。
 平成26年に比べると平成27年は10件ほど減少していますが、依然として多く発生していますので注意が必要です。
(2)対策
性犯罪許さない街灯がない・少ない暗い夜道はなるべく避ける
○夜道では、時々振り返る等して、不審者がついてこないか確認する。
○深夜コンビニ等で買い物するときには
・ジャージやスウェットなどの服装
・一人分の食料しか買わない

などの様子を、不審者がよく見ていて「近所の一人暮らしの女性である」ことを察するかもしれないので注意する。
「ながら歩き」はしない。
(ヘッドフォンで音楽を聴きながら、又はスマートフォンや携帯電話を操作しながら夜道を歩かない)
○一人暮らしの女性は、特に夜間、自分の部屋に入る前に周囲の確認を行いましょう。
○部屋を出るときも、ドアスコープ等で周囲に不審者がいないか確認することも必要です。

不審者等を発見したら、ためらわず「110番通報」をお願いします。
4 侵入盗について
(1)発生推移
侵入盗発生推移 

 左のグラフは、空き巣などの「侵入盗」の被害件数の推移を表したものです。
 年々減少の傾向にありましたが、平成27年は90件近くの減少となりました。
 しかし、平成28年に入り、前年を大きく上回るペースで被害が出ています。日頃からの防犯対策をお願いします。
(2)発生の分布
侵入盗発生分布

 右の図は、平成27年の町田警察署管内の「侵入盗」の発生状況を密度毎に色分けして表したものです。
 これを見ると、被害は原町田地区等に集中している一方、居住区にも満遍なく被害が発生している状況が見て取れます。
 傾向としては原町田地区では、事務所や店をねらったものが多く、その他の地域では、いわゆる「空き巣」等の住居を狙ったものが目立っています。
 (3)手口などの検証
侵入窃盗の手口

 左のグラフは、侵入窃盗の手口別に集計したものです。
 やはり外出中を狙った「空き巣」が多くなっています。
侵入方法

 右のグラフは侵入方法について集計したものです。
 これについてみると「ガラスこじ破り」に続いて、「無締まり」が多くなっています。
(4)対策

ア まずなんといっても「施錠の確認」をすること。
イ 次に、「ガラス破り」の手口が多いことから、補助錠防犯ガラス等を設置する。
ウ その他に
  ・防犯カメラ
  ・センサーライト

 等の防犯グッズも活用し、泥棒を撃退しましょう。
補助錠

 左の図は、補助錠のイメージ図です。
 補助錠は、比較的安価で設置することができ、大変効果的です。是非ご検討ください。
強化ガラス


右の図は、防犯ガラスの断面図です。
非常に頑丈になっており、容易にはこじ破ることができません。

 犯人は、侵入に手こずると、あきらめることが多いとの報告もあります。
5 ひったくりに気をつけて! 
(1)発生推移 
ひったくり発生状況
 主に高齢の女性を狙った卑劣な犯罪の代表である「ひったくり」
 当初管内の発生件数については左のグラフにあるように、大幅に減少しています。
 しかし、いつ被害が発生するかもしれませんので、十分な注意が必要です。
(2)被害に遭わないために
ひったくり
「3つの用心」

@ バイクの音がしたら振り向いて確認する。

A バッグは建物側に持って歩く。

B 自転車のカゴには防犯ネットを装着する。
(3)お知らせ 「かごごとすっぽりくるみちゃん」の装着のススメ
 警視庁が考案した「くるみちゃん」を装着することで、自転車前カゴからのひったくり被害を効果的に防止できます。
くるみちゃん
 左の写真は町田警察署と町田市役所が協力して作成した町田市独自の「くるみちゃん」です。
 色はカワセミをイメージした鮮やかな青色、柄にはサルビアをあしらっております。
 ご希望の方は、装着希望の自転車とともに町田警察署か交番にご来署ください。
6 自転車盗・オートバイ盗・車上ねらいの防止
(1)発生推移
自転車盗、オートバイ盗
 上の2つのグラフは、「自転車盗」「オートバイ盗」の発生推移を表しています。
 自転車盗は減少傾向にあるのに、オートバイ盗の被害は平成26年は平成25年より増えてしまいました。
 オートバイの盗難車両は「ひったくり」やその他の犯罪の逃走手段に使用されるおそれもあり、その地域の安全・安心に大きく関わるものですのでしっかり予防していく必要があります。
車上ねらい
 左のグラフは、自動車盗の車両内から金品を窃取する「車上ねらい」の発生推移を表したものです。
 減少傾向が見られますが、多くの場合車両の破損を伴い、その修理代を考えると損害は大きくなることから、そもそも狙われないような工夫が必要となります。
自転車盗 オートバイ盗 車上ねらい
自転車盗 オートバイ盗 車上ねらい
※ 自転車盗は、原町田地区に被害が集中していますが、ほぼ管内全域で発生が見られます。
※ オートバイ盗は、自転車盗に比べ団地などの駐輪場に集中する傾向が見られます。
※ 車上ねらいは、やはり、駐車場に駐車中の車両が多く狙われています。
(2)対策

ア 自転車を利用する方へ

 自転車を駐輪するときは、必ず
 ○短時間でも鍵をかけましょう(2個つけると効果的)
 ○長時間(数日間)放置しないように
 ○駐輪場を利用しましょう


※ 路上の放置自転車は、町田市によって撤去されます。
イ オートバイを利用している方へ

 オートバイを駐輪するときは必ず
 ○短時間でも鍵をかける(2個つけると効果的)
 ○長時間(数日間)放置しない
 ○駐輪場を利用する
 ○盗難防止装置(イモビアラーム)を活用しましょう
 ○グッドライダー登録をしましょう


ウ 自動車を利用している方へ

 ○車から離れるときは、短時間でも確実に「ドアロック」をしましょう。
 ○車内に、現金や財布、ゴルフバッグ等の貴重品を放置しないようにしましょう。
 ○警報装置や盗難防止装置(イモビライザー)を活用しましょう。
 ○駐車する際は駐車場を利用し、かつ明るく人目につきやすい場所を選びましょう。
エ 駐車場を管理している方へ
 犯罪者が犯罪を行いにくい状況を作り出すことで、被害を防止することができます。
下記を参考にして、駐車場の整備に努めてください。
防犯カメラ
「光」

○防犯灯の設置により、夜間でも明るさを確保する
○人が近づくとライトが点灯するセンサーライトを設置する


「環境」

○出入口にゲートやチェーンを設置する
○見通しの良いフェンス等により、周囲と区別する
○周囲からの見通しをよくして、場内の死角をなくす
○防犯カメラを設置したり、巡回を行う


「威嚇」

○出入口に関係者以外の侵入を禁じる看板を設置する
○被害防止のポスターやステッカーを貼る
7 「メールけいしちょう」の登録を!
ピーポくん


みなさんは、「メールけいしちょう」をご存じですか?
メールけいしちょう
警視庁では、身近で発生した
「犯罪の発生情報」
や犯罪を防止するために必要な
「防犯情報」
等をパソコンや携帯電話のメールでお知らせしています。

特に、通り魔、ひったくり、子どもに対する犯罪(声かけなど)、公然わいせつ、強盗などの発生については速やかに発信します。
 他には、「母さん助けて詐欺(特殊詐欺)の架電情報」についても、随時発信しています。
「メールけいしちょう」の特徴

1 事件などの情報をタイムリーに提供します。
2 事件などの発生場所付近を地図情報でも配信します。
3 配信した事件や不審者情報に対して、登録手続きが可能です。
4 個人の携帯電話やパソコンから簡単に登録手続きが可能です。
5 登録者は、配信情報を自由に選択できます。
<登録方法>

1 touroku@info.keishicho.metro.tokyo.jp へ空メールを送信
2 自動返信されるメールに記載されている登録用URLにアクセス
3 画面案内に従って、受信種別(情報の種類)、受信時間、受信地域(警察署)などの必要事項を登録
町田警察署トップページへ 警視庁ホームページへ