交通安全運動
交通事故発生状況
交通事故を起こさない、あわないために
○   自動車・オートバイ・自転車は夕暮れ時、早めにライト・オン(ライトオンキャンペーン)、歩行者は交差点を通行する際には、歩行者とドライバーが目と目を合わせて(交差点アイコンタクト運動)、安全を確認してから通行しましょう!
 
○   高齢者ドライバーの皆さんへ

 運転免許証の自主返納をお考えください!
 運転免許証の有効期限内に自主的に免許を返納した方は、身分証明書として使用できる「運転経歴証明書」を申請、取得することができます。(本人の申請に限ります。)
 
 高尾警察署員一同、管内から交通事故が1件でも少なくなるよう、要請場所へ出向いての出前型安全教育・講習会を随時行うと共に交通事故に結びつく悪質違反等の指導取締りに努力しています。

 今後ともいっそうのご協力をお願いします。
 
お問合せ・ご希望者
高尾警察署交通総務係
042−665−0110
企業に出向いての交通安全講習会 白バイ乗務員による二輪実技指導 小学校での自転車実技指導
企業に出向いての交通安全講習会 白バイ乗務員による二輪実技指導 小学校での自転車実技指導
 
 子どもに対する交通安全指導
  園児や小学生に対して交通安全指導を実施しています。交通のルールなんて知っていると思っていても、ふとした油断で危険は近くに迫ってきてしまいます。交通のルールを守ろうという意識を改めて感じてもらうことで事故防止になり、皆さんと周りの方の大切な命を守ることができます。みんなの笑顔のためにもきちんと交通ルールを守りましょう!
   
 
 高齢者に対する交通安全指導
  反射材の貼り付け等の街頭活動や高齢者世帯への個別訪問を実施しています。反射材を身につけることで自分がここにいるということを車に乗っている運転手さんに示すことができ、事故防止になります。高齢者の方が被害にあわないためのアドバイス等をしています。
 者hしん イラスト  
 
 その他の交通安全運動
   「スケアードストレイト」という交通安全教育を行い、実際にあった交通事故を再現し、事故の怖さを再認識することで事故防止を心掛けるきっかけになります。
  春の交通安全イベントでは、交通安全についてのトークショーを行いました。ピーポくんたちもイベントに参加し、にぎやかな舞台となりました。
 写真 写真 
 
 
高尾交通少年団が団員を募集しています
 交通少年団は、交通安全教室などいろいろな活動を通じて子供たちが交通ルールやマナーを身につけ、やさしさと思いやりを持った交通社会人として育つことを願って結成されています。
1 募集期間  随時
2 募集学年  小学3年生〜小学6年生
3 会費  無料
4 制服  貸与(退団時に返却)
5 活動場所  高尾警察署他
6 活動日  学校が休みの日
7 活動内容  交通安全教室、交通安全のボランティア活動、スポーツ大会、一泊研修会、レクリエーションなど幅広い活動を行っています。
写真 写真
交通安全キャンペーン 交通少年団活動
お問合せ先
高尾警察署交通総務係
042−665−0110
 
「赤白大口径しゃ断かん」の設置について
 
 踏切における衝突事故を防止するため、踏切の通行方向入口側に「赤白しゃ断棒」が設置されました。今までの黄色と黒のしゃ断棒に比べ全面反射シートを使用し赤と白といった見易い色になっているので夜間でも光って目立つだけでなく、従来より約3倍太くなったため丈夫で折れにくくなっています。
 踏切では「一旦停止と安全確認」を行い、安全に通行しましょう。
 
設置箇所
JR中央線  新地第二踏切(東浅川町50-1)
 初沢踏切(高尾町1568)
※ その他の地域は、今後検討をしていきます。
   



管内案内 交通安全 運転免許

交番案内 犯罪抑止 山岳救助隊
高尾署見学
高尾署見学
トップページへ戻る 警視庁ホームページへ 警察署一覧へ