このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

犯人の検挙と事件の解決

更新日:2017年2月15日


臨場

都内の主な事件の発生と検挙状況(平成27年中)

平成27年中、都内では、14万8,182件の刑法犯事件(交通事故事件を除く。)が発生しました。これは、全国で発生した刑法犯事件(109万8,969件)の13.5パーセントに当たります。
また、主な犯罪の検挙率は、殺人事件110.8パーセント、強盗事件91.5パーセント、侵入窃盗事件(空き巣、事務所荒し等)96.6パーセントなどとなっています。

都民の期待と信頼に応えるために

都内では、「強盗」、「性犯罪」、「特殊詐欺」、「侵入窃盗」、「ひったくり」等、私たちの日常を脅かす事件が数多く発生しています。
警視庁では、これらの犯罪実態を的確に把握・分析するとともに、事件発生時には現場に素早く臨場し、最新の技術を駆使するなど、事件の早期解決に向け、迅速かつ的確な捜査を強力に推進しています。

都内における主な刑法犯の認知・検挙件数(平成27年中)のグラフ

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る