このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

組織図・体制

更新日:2017年2月15日


SPによる警護訓練(迎賓館)

組織

組織 東京都知事 東京都公安委員会 警視総監 副総監 総務部 交通部 警備部 地域部 公安部 刑事部 生活安全部 組織犯罪対策部 警察学校 犯罪抑止対策本部 人身安全関連事案総合対策本部 オリンピック・パラリンピック競技大会総合対策本部 方面本部 警察署 警務課 交通課 警備課 地域課 交番 駐在所 刑事課 生活安全課 組織犯罪対策課

体制

警察官 43,505人
一般職員 2,961人
一般職非常勤職員 3,120人
警察署 102署
交番 826か所
駐在所 258か所
地域安全センター 82か所
パトカー 1,292台
白バイ 960台
警備艇 22隻
ヘリコプター 14機
警察犬 37頭
馬 16頭
平成28年4月1日現在

「世界一安全な都市、東京」実現のための警視庁ビジョン

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を見据えた治安対策

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を見据え、犯罪を更に減少させ、首都東京の治安に対する信頼感を醸成するため、2014年、『「世界一安全な都市、東京」実現のための警視庁ビジョン』を策定しました。

第1 確かな備えで安心な未来を

あらゆる脅威に対処できる世界最高水準の危機管理

第2 見えない敵との戦い

高度な対処能力を駆使したサイバー空間の安全確保

第3 犯罪組織との戦い

魅力ある国際都市を実現するための戦略的組織犯罪対策

第4 安全・安心な街をあなたと

世界一の安全・安心を実感できる街づくり

第5 みんなの笑顔を守るために

「世界一安全な都市、東京」実現のための治安インフラの充実強化

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る