このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

東京都個人情報の保護に関する条例に基づく開示請求等

更新日:2017年7月1日

申請様式一覧

電子メール、FAX等による受付は行っていません(警視庁情報公開センター又は警察署に来所(署)の上、提出してください)

開示請求の窓口

警視庁情報公開センター及び島部警察署

東京都公安委員会及び警視総監が保有する自己を本人とする保有個人情報に係る開示請求、訂正請求及び利用停止請求の受付

各警察署

警視総監が保有する自己を本人とする保有個人情報のうち、その警察署が保有する自己を本人とする保有個人情報に係る開示請求、訂正請求及び利用停止請求の受付

  • 保有個人情報の開示請求等をしようとする方は、上記窓口に保有個人情報開示請求書等をご持参ください。
  • 開示請求等の際には、本人確認のために以下の書類のうちいずれかをご持参ください。

1

個人番号カード、運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る。)、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード又は特別永住者証明書

2

上記1に掲げるもののほか、官公署から発行され、又は発給された書類その他これに類する書類であって、氏名及び生年月日又は住所(以下「個人識別事項」という。)が記載され、かつ、写真の表示その他の当該書類に施された措置によって、当該書類の提示を行う者が当該個人識別事項により識別される特定の個人と同一の者であることを確認することができるものとして、東京都公安委員会又は警視総監が適当と認めるもの

3

上記1及び2に掲げる書類を提示することができない場合には、次に掲げる書類のうち二つ以上の書類

(1)

国民健康保険、健康保険、船員保険、後期高齢者医療若しくは介護保険の被保険者証、健康保険日雇特例被保険者手帳、国家公務員共済組合若しくは地方公務員共済組合の組合員証、私立学校教職員共済制度の加入者証、国民年金手帳、児童扶養手当証書又は特別児童扶養手当証書

(2)

上記(1)に掲げるもののほか、官公署から発行され、又は発給された書類その他これに類する書類であって東京都公安委員会又は警視総監が適当と認めるもの(個人識別事項の記載があるものに限る。)

  • 法定代理人による請求の場合は、上記1から3のいずれかの書類に加えて、法定代理人であることを確認できる書類が必要となります。
  • 訂正請求の際には、訂正を求める内容が事実に合致することを証明する書類等を併せてご持参ください。

受付時間

平日(月曜日から金曜日まで)午前8時30分から午後5時15分まで
土日・祝日及び年末・年始はお休みです。

開示までの期間

開示請求があった日の翌日から14日以内に「開示」、「非開示」等の決定をし、その後、決定通知書を郵送します。
「開示」や「一部開示」の場合は、開示をする日時及び場所をあわせてお知らせします。ただし、やむを得ない理由により、決定までの期間を延長することがあります。

開示手数料

開示又は一部開示決定を受けた保有個人情報が記録された公文書の写しの交付を希望される場合は手数料がかかります。

処分の決定に不服があるとき

処分の決定に不服があるときは、審査請求や取消訴訟を提起することができます。

情報発信元

警視庁 情報公開センター
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

開示請求等の手続き

このページを見ている人はこんなページも見ています

運転免許に関する情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る