このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

ストーカー事案の概況

更新日:2018年3月27日

集計はストーカー対策室集計によるもの

ストーカー行為等相談受理状況

ストーカー行為等に係る相談件数は、2,426件で、前年に比べて160件(6.2パーセント)減少しました。

ストーカー行為等相談受理状況のグラフ

ストーカー規制法の検挙

平成29年中におけるストーカー規制法による警告は491件で、前年に比べ36件(7.9パーセント)、禁止命令は28件で、前年に比べ14件(2倍)とそれぞれ増加しましたが、禁止命令違反は2件と前年同数でした。
ストーカー行為の検挙は133件で、前年に比べ16件(10.7パーセント)減少しました。ストーカー起因の脅迫罪等による検挙は200件です。

ストーカー規制法検挙状況のグラフ

ストーカー事案の分析

相談者の性別

相談者の性別は、女性が2,047人(84.4パーセント)、男性は379人(15.6パーセント)であり、過去4年間も同様の傾向です。


平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年
女性 1,276 1,879 1,668 2,172 2,047
男性 190 325 289 414 379
総計 1,466 2,204 1,957 2,586 2,426

ストーカー相談者の性別のグラフ

相談者の年齢

相談者の年齢は、20歳、30歳代が1,651人で全体の約68パーセントを占め、過去4年間も同様の傾向が続いています。


平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年
19歳まで 114 186

170

222

205
20歳から29歳まで 618 913 855 1,135 1,021
30歳から39歳まで 406 647 549 708 630
40歳から49歳まで 232 316 250 353 382
50歳から59歳まで 70 104 99 123 132
60歳から69歳まで 16 29 24 30 40
70歳から 4 8 8 15 13
不明 6 1 2 0 3
1,466 2,204 1,957

2,586

2,426

相談者の年齢のグラフ

行為者の年齢

行為者の2,426人の内、年齢不明の275人を除いた2,151人の年代別は、30歳代が632人(29.4パーセント)と最も多く、次いで20歳代が542人(25.2パーセント)で、過去4年間も同様の傾向です。


平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年
19歳まで 34 91 63

74

67
20歳から29歳まで 338 480 475 588 542
30歳から39歳まで 420 594 504 650 632
40歳から49歳まで 314 447 374

474

455
50歳から59歳まで 97 199 145 250 300
60歳から69歳まで 44 84 76 82 105
70歳から79歳まで 16 34 19 39 50
不明 203 275 301 429 275
1,466 2,204 1,957

2,586

2,426

行為者の年齢のグラフ

行為者と相談者の関係

行為者と相談者の関係は、元交際相手が1,128件(46.5パーセント)、知人関係等381件(15.7パーセント)、職場関係328件(13.5パーセント)、の順に多くなっており、全体の約79パーセントが面識のある者による行為です。


平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年
元交際相手 823 1,320 1,050

1,254

1,128
知人関係等 159 238 230 329 381
職場関係 105 194 218 273 328
面識なし 107 137 100 214 227
配偶者(元を含む) 76 108 76 100 86
その他 173 163 245 313 216
不明 23 44 38

103

60

相談者と行為者の関係のグラフ

行為形態

行為形態(法第2条第1項)は、つきまとい等(1号違反)が1,419件(39.0パーセント)と最も多く、次いで面会・交際等の要求(3号違反)が1,019件(28.0パーセント)、無言・連続電話等(5号違反)が836件(23.0パーセント)の順になっています。


平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年
つきまとい等(1号) 659 1,015 1,059

1,635

1,419
監視行為(2号) 135 157 110 171 47
面会・交際等の要求(3号) 722 1,060 938 1,728 1,019
粗野乱暴な言動(4号) 226 365 443 713 182
無言・連続電話等(5号) 501 825 672 791 836
汚物送付等(6号) 13 19 12 22 7
名誉の侵害(7号) 77 88 104 162 51
性的羞恥心の侵害(8号) 83 135 119

171

78

行為形態のグラフ

情報発信元

生活安全総務課 ストーカー対策室
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る