このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

調布パートナーシップ

更新日:2017年1月19日

テロを許さない街づくり

ロゴイメージ

平成28年中は、地域単位で官民が一体となってテロ及び災害対策に取り組む目的で結成している、「調布パートナーシップ」の研修会を様々な場をお借りして実施しております。

研修会では、これまで警察が行ってきた警備活動やテロ及び災害の現状と対策をテーマとする研修を行いました。参加者は、調布・狛江市各市役所、消防署、公共交通機関、民間事業者の方々などが参加し、引き続き、「テロを許さない、災害に強い街づくり」の確立と、今後の活動と対策について相互に確認をいたしました。

なお、2020年に東京でオリンピックとパラリンピックが開催されることが決定しましたが、管内に所在する「味の素スタジアム」及び同周辺では、オリンピックの競技が行われる予定で、競技開催時は、会場及びその周辺におけるボストンマラソンでの爆弾テロのような重大事件の発生が懸念されます。

 一方では、昨今の異常気象に伴う広島県や長野県で発生した予想もできない災害や首都直下型地震の発生が危惧されていますが、今後もさらに官民一体となった「安全で安心して暮らせる街・調布・狛江」の実現に向けて、各種対策を推進してまいりますので、皆様方の一層のご理解とご協力をお願いします。

調布パートナーシップ

情報発信元

調布警察署
電話:042-488-0110(署代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る