このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

警視庁警察犬のあゆみ

更新日:2016年3月31日

大正元年12月

イギリスから2頭の警察犬を購入した。
(日本における警察犬制度のはじまり)

昭和15年4月

刑事部防犯課主管の下に、警察犬6頭を防犯活動に活用した。

昭和20年頃

戦争激化のため、警察犬制度を廃止。

昭和27年3月

嘱託犬制度を採用し、民間警察犬12頭・民間指導士10人を指定し、捜査活動に当たった。

昭和31年3月

直轄犬制度を採用し、千代田区代官町で、鑑識課が警察犬6頭、警察官4名で飼育訓練を始めた。

平成16年1月現在

シェパード27頭、ラブラドール・レトリバー5頭の計32頭が警察犬として活躍中。

情報発信元

警視庁 鑑識課 警察犬係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

警視庁警察犬物語 それいけハナの捜査官

このページを見ている人はこんなページも見ています

運転免許に関する情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る