このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

第七機動隊

更新日:2018年3月14日

隊章

若獅子の七機

昭和62年1月に作られたものです。シンボルマスコットである若獅子(ライオン)の「L」と七機の「7」の組み合わせを基調に、稲妻を連想させる鋭角と優美な曲線からなっており、疾風迅雷の警備、人の痛みがわかる警備を象徴しています。

レンジャー部隊

昭和44年にレンジャー部隊が発足し、平成13年「銃器レンジャー」と「山岳レンジャー」に再編され、現在に至ります。
レンジャー部隊は、警視庁機動隊の中で、第七機動隊にのみ編成されています。「銃器レンジャー」は、銃器等を使用した立てこもり事件発生時における人質の救出や犯人の逮捕等を、「山岳レンジャー」は山岳遭難者の捜索・救助等を任務としています。
写真は、山間部における遭難者の捜索・救助を想定した山岳レンジャー部隊の訓練状況です。

デモ警備

デモ行進等が行われる場合、デモ参加者と付近を通行する人たちの安全を守り、また円滑な交通を確保するため、機動隊が警備を実施することがあります。
写真は、デモ行進を行う車両に対して申請されたコースを進行するよう、警察官が指示・誘導している状況です。

警視庁バスケットボール部

機動隊員として必要な気力・体力を養うとともに隊員相互の団結を図るため、昭和48年、第七機動隊にバスケットボール部が発足しました。
現在、関東実業団2部リーグ及び東京官公庁1部リーグに所属し、実業団チームや他官公庁チームと切磋琢磨し、気力・体力の向上に努めています。
選手達は関東実業団1部リーグへ昇格し、強豪実業団チームと肩を並べることを目標に、仕事の合間を縫って練習に励んでいます。
なお、平成29年東京官公庁秋季バスケットボール選手権大会では幾多の熱戦を制して優勝しました。

情報発信元

警視庁 警備第一課 管理第一係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る