このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

交番

更新日:2016年3月31日

我が国の治安の良さは定評のあるところですが、その理由のひとつに、日本が長い歴史の中で育んできた「交番」があったからだと言われています。
交番で勤務する警察官は、事件事故発生時の初動捜査のほか、地理案内、落し物の取扱い、困り事相談、パトロール、巡回連絡など、皆さんの暮らしの安全と平穏を守る様々な活動を行っています。
日本で発祥したこの「交番」は、地域に根付いたシステムとして諸外国でも高い評価を受けています。

交番の由来

明治7年1月警視庁創立当時、「交番所」が初めて設けられました。
この交番所は、施設を伴うものではなく、警察官が屯所(現在の警察署)から徒歩でパトロールを行いながら、四辻又は三叉路等で交替で立番する場所として指定された地点を言いました。
その後、交番所に建物が建てられ、名称も「交番所」「派出所」と変遷して、現在は「交番」と呼ばれています。

昭和初期の交番の写真
【昭和初期の交番】

昭和中期の交番の写真
【昭和中期の交番】

平成の交番の写真
【平成の交番】

情報発信元

警視庁 地域総務課 地域対策係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る